LiLiCoが股間投げを両国国技館で披露し新王者へ!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、両国国技館にてDDTプロレス『両国ピーターパン2017~ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン~』が開催された。

 第2試合では、この日新設される『KO-D10人タッグ王座』を巡り大鷲透&平田一喜&ジョーイ・ライアン&赤井沙希&ヨシヒコの大鷲軍と、大石真翔&LiLiCo&レディビアード&スーパー・ササダンゴ・マシン&大家健のLiLiCo軍が対戦。

 試合前にプレゼンをするパワポレスラーとして有名になり、松竹芸能にも所属するスーパー・ササダンゴ・マシンが『我々がプロレスをやめられない理由』というプレゼンを行いLiLiCoの秒殺勝利を予告。
 いざ試合が始まると呆気なくプランは破綻し、ライアンが相手に自らの股間を握らせホイップするチ●コ投げでLiLiCo軍を次々投げ捨てる。最後にライアンはLiLiCoの腕をつかむとチ●コ投げを狙うが、流石に生放送的にまずいと思ったのか敵味方関係なく全員でLiLiCoの手を離そうとする。しかしライアンは全員をチ●コ投げでホイップするも、LiLiCoだけはライアンの股間を離さず、逆にライアンの指を自分の股間に突っ込みマ●コ投げ。

 勝利を確信したLiLiCoを平田が手刀で気絶させダンスを踊り始めるが、その平田にインディペンデントジュニア王者の大家が炎のスピアーを叩き込み3カウントを奪った。

 勝利したLiLiCo軍のササダンゴは「俺達は!!5人組の!!DDT代表だ!!だから!!全団体の5人組!!全団体の余り物たちに通告する!!俺達に、挑戦してこい!俺達がDDTらしい試合をしてやるから、各団体であぶれてる奴ら、5人まとめてDDTまで挑戦してこい!どこの団体の挑戦だって受けてやるよ!新日本だってなぁ!NOAHだってなぁ!全日本だってなぁ!」とプロレス界の全団体を挑発。LiLiCoも「毎回すげぇ防衛しようぜ!」と呼応し、プロレス界にかつてない王者組が誕生した。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×