大仁田厚が船木誠勝との爆破マッチ後FMW&UWFタッグを結成!相手はTARU&田中将斗のVM!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 “邪道”大仁田厚が怨敵・船木誠勝にリベンジを果たし、爆破王を奪還し一連の抗争に終止符を打った。
 超花火の2月26日、東京・エスフォルタアリーナ八王子大会で、大仁田は船木が保持する爆破王選手権に挑戦(試合形式は電流爆破バットデスマッチ)。両者の遺恨は、昨年4月、超戦闘プロレスFMWマットで勃発し、その後超花火マットに飛び火。同7月24日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で、大仁田は当時保持していた爆破王のベルトを懸け、船木と初の一騎打ちを行った。その一戦で、大仁田は右腕を骨折した上、船木に敗れて王座陥落する屈辱を味わった。
 その後、大仁田は1・22大阪での電流爆破ロイヤルランブルで勝利し、次期挑戦権を獲得。あれから、7カ月の月日を経て、ようやくリターンマッチの機会が巡ってきた。

 開始早々大仁田は毒霧を噴射し、船木の視界をさえぎると得意の場外戦へ持ち込んだ。しかし、反撃に転じた船木は禁断のイス攻撃から爆破バットで一撃。なんとかカウント2でクリアした大仁田だが、船木の関節技、キック連打を食ってサンドバック状態に・・・。だが、船木のミドルキックをかわした大仁田は、バックドロップで投げ捨て2度目の毒霧を噴射。そして、爆破バットで船木の背中を痛打。初の被爆となった船木に返す力は残っておらず3カウントを聞いた。

 晴れて7カ月ぶりに爆破王のベルトを手にし、第6代王座に輝いた大仁田だったが、脱兎のごとくVM(ブードゥー・マーダーズ)のTARUと同軍に加入した田中将斗が乱入し大仁田をボコボコに・・・。窮地の大仁田を救ったのは、なんと船木だった。
船木はキックでVMを蹴散らすと、闘いを通して認め合ったのか、大仁田とガッチリ握手を交わし抱擁。これまでの遺恨を水に流した。TARUは「オレと田中で挑戦させろ!」とアピールした。

 試合後、大仁田は「ベルトが戻ってきてうれしい。プロレスを40年以上やってきたけど、思うところあって、船木選手と話を詰めてみたいと思う。人生いろいろ。パンクラスの頃の船木選手とはまた違うような気がした。水と油で批判があったのも知ってるけど、いろんな人生がある。泥水をすするようなもんだけど、オレにはオレの人生がある。船木選手とは、これで決着が付いたんじゃないかな」と話し、明言こそ避けたが、船木との異色タッグ結成の可能性をほのめかした。

一夜明けて記者会見を行った大仁田は「UとFの長い闘いの中で水と油が交わることはなかった。俺の長いプロレス人生の中で、(船木選手と)タッグを組んでみたいと思った。もし組んでもらえたら最強、最狂のタッグになると思う」と船木に友好的に話しかけると、船木も「この1年間大仁田さんとの闘いの中で、、怒りや本当に色んな感情を引き出してもらった。いい状態で試合に臨めた。本当かどうかわからないけど、大仁田さんが今年で引退すると言う。43年と言うと、本当に長い。僕はタイガーマスクのファンだったんだけど、その頃大仁田さんはインターナショナルのチャンピオンだった。それに怪我ですぐ引退したのは、なんでそんな若い時にって思った。その頃俺は5歳くらい。それくらい長い。すごいことだと思う。その歴史の中で大仁田さんは、色んな変化をしながらプロレスを続けてきた。自分も時代に流されないように、取り残されないようにしながらできるだけリングに立ち続けたい。そう言う意味でもタッグを組んでみたいと思った」と呼応。

 3月5日の名古屋大会で大仁田&船木のタッグが始動することに決定し、対戦相手はTARU&田中将斗組へ。
 会見の最後に、水と油というがどちらが水でどちらが油か?と記者から問われると大仁田は「そりゃやっぱり俺の方が濃そうだからなぁ、俺が油なんじゃないの?」と笑いを誘った。

UとFのタッグは、目の離せないタッグとなることは確実だ。

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る