【試合結果】2・22 学生プロレスサミット後楽園ホール大会 【SWS認定世界Jr.ヘビー級】パットイッテ・フェラvsチンポール・ロンドン クスリ松村&ニョー・ドーリングvsフェラナンテ・ドーデス&ダイノベンヲ・モラスペイジ

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『学生プロレスサミット2017』
日程:2017年2月22日(水)
会場:後楽園ホール
開始:18:30
観衆:835人

▼タッグマッチ 10分1本勝負
○中田ビデ(UWF1年)/おジャマッチョどれみ(SWS1年)
4分50秒 逆エビ固め
でんぢゃらすにーちゃん(UWF1年)/●北尾光司きみまろ(NUWA1年)

▼8人タッグマッチ 15分1本勝負
ボジョレー・女房(UWF4年)/ランジェリーナ・ジョリー(SWS4年)/●ONAKIN(SWS2年)/レオナルド・デカディルド(SWS2年)
9分49秒 現行犯逮捕→リングアウト
シコリェ(HWWA3年)/シュイン・シスギ(NUWA2年)/○ミラ・ショジョビッチ(HWWA2年)/ガッツ人妻(UWF1年)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
ホテルニューハーフオータニ(UWF4年)/○ディック・ズレーター(NUWA2年)
13分33秒 垂直落下式正田落とし
●ダスティ・ソーローデス(SWS4年)/亀田勃起(NUWA3年)

▼前半メインイベント シングルマッチ 45分1本勝負
○三村マザファッカズ(UWF3年)
13分56秒 ドラゴンスプラッシュ→片エビ固め
●馬並勃巳(NUWA4年)

▼セミファイナル 45分1本勝負
とにかくヤりたい秋山(UWF2年)/●カンニングばれ山(UWF2年)
15分24秒 パッケージ・ジャーマンスープレックスホールド
達八郎(KWF3年)/○MASA-TAKA∞(KWF3年)
※もう一組は徳川yeah!ass!(SWS4年)&お尻TAJIRI蟲(SWS4年)

▼ダブルメインイベント・1~SWS認定世界Jr.ヘビー級選手権試合~ 60分1本勝負
【王者】●パットイッテ・フェラ(UWF3年)
15分34秒 ムーンサルトスラム→片エビ固め
【挑戦者】○チンポール・ロンドン(SWS3年)
※王者が防衛に失敗。ロンドンが新王者へ

▼ダブルメインイベント 60分1本勝負
○クスリ松村(UWF2年)/ニョー・ドーリング(NUWA2年)
37分20秒 メテオラ→エビ固め
フェラナンテ・ドーデス(UWF4年)/●ダイノベンヲ・モラスペイジ(NUWA4年)

復活から10回目を迎えた学生プロレスサミットは後楽園ホールを満員に!ロンドンが流出していたベルトを奪還!痴漢の現行犯でONAKINが逮捕!?

第1試合

 先発は中田ときみまろ。ロックアップからリストの取り合い。きみまろがリストを取ったまま下がりにーちゃんにタッチ。
 にーちゃんはチョップからリストを取る。中田がバックエルボーで逃れ足を刈るとどれみにタッチ。

 どれみはヒールホールドからストンピング連打。リングに足を叩きつけて捻り上げていくも、にーちゃんは下から蹴り上げ逆に足を絞るとエルボードロップ。そのまま引きずりきみまろにタッチ。

 きみまろとにーちゃんは股裂きからストンピング。ヘッドロックで捕らえるとショルダータックルも、どれみが受け切り逆にショルダータックルで倒す。どれみは中田にタッチ。

 中田とどれみはトレイン攻撃から首投げで倒しフォールも2。中田はどれみにタッチ。
 どれみはストンピングからエルボー連打。ロープに飛ぶとハンマーで倒しセントーンを投下。フォールも2。どれみは中田にタッチ。中田はロープに飛ぶがきみまろはビッグブーツで迎撃しにーちゃんにタッチ。

 にーちゃんは強烈なチョップを連打。逆コーナーに振り串刺しランニングチョプ。首投げからスライディングクロスチョップ。フォールも2。にーちゃんはきみまろにタッチ。

 きみまろと中田はチョップ合戦。きみまろがチョップ連打でロープに押し込み走り込むが、どれみがスピアーで迎撃。どれみはカットに来たにーちゃんにラリアットも、にーちゃんは避けてフラップジャック。にーちゃんに中田がスリングブレイド、中田にきみまろがブレーンバスター。きみまろが走り込むも中田はジャンピングダブルニーで迎撃。中田はボディスラムから逆エビ固め。これできみまろはギブアップ。

第2試合

 先発はミラとONAKIN。握手からミラに抱きつくが、ミラが速攻スクールボーイ。ミラはロープに飛んで走り込むが、ONAKINはボディスラムで叩きつける。
 ONAKINはロープにくくりつけるが、ミラはそのすきにガッツにタッチ。

 ガッツはボディアタックでふっ飛ばし、ONAKINはレオナルドにタッチ。
 レオナルドとガッツは強烈なショルダータックルのぶつかりあい。レオナルドのビッグブーツにガッツはハンマーブロー。額をこすりつけて睨み合うと、両者しこを踏んでぶつかり合う。これはレオナルドが突き飛ばすとガッツはセンエンに直撃しセンエンが失神。

 シスギが出てくると全員でリンチ。脱がされてふんどし姿になったシスギがジャンプし、全員が小さく跳ねる。シスギが歌を歌おうとすると、ガッツが担ぎ上げるがシスギは暴れて周りの選手を蹴飛ばしリング上で回転。そのままガッツとともに場外へ。

 リングではミラのチョップとジョリーの強烈なエルボーの打ち合い。ONAKINが仲裁に入るも、ONAKINにシコリェが強烈なドロップキックを叩き込む。
 シコリェに女房がダイビング空手チョップから旋回式ブルドッキングヘッドロック。これをシコリェが着地してゼロ戦キック。さらにコーナーに振ろうとするが、女房が逆に振るもこれを避けたシコリェが後頭部に延髄斬り。倒れた女房にシコリェがスワンダイブギロチンドロップからフォールもレフェリーが失神しているためカウントなし。
 シコリェが女房をロープに振るも、ONAKINがドロップキックでシコリェを迎撃。

 ONAKINにシスギがカットに入りコーナーでチョップを叩き込むが、ここをジョリーがミドルキック連打で迎撃も、シスギはバックブリーカーからサイドバスターで叩きつけ、ブレーンバスターを予告。上がらないと見るや、全員出てきて数珠つなぎブレーンバスター。ガッツが最後に入ろうとするがロープに引っかかりこけてしまい、その隙にジョリー軍が投げとばす。

 ガッツが名誉挽回とばかりに次々なぎ倒すが、レオナルドがビッグブーツ。だがガッツがハンマーで叩き伏せる。ダブルダウンとなりガッツがミラにタッチ。レオナルドもONAKINにタッチ。

 ONAKINはジャーマンに見せかけて抱きつく。ONAKINは胸を揉もうとするが、ミラは後ろ蹴り式の急所攻撃。ミラは走り込むもONAKINはチョップを胸に叩き込んでミラをロープに振ると肩車していくが、コルバタで投げ捨てたミラがバイブル。耐えたONAKINにシスギがベノムアームで補助して叩きつけるもレオナルドがカット。レオナルドにガッツが稲妻落とし。ONAKINと女房がガッツにダブルのスーパーマンパンチから代わる代わる選手が倒し合う。
ONAKINがレオナルドにユーチューバスター。ONAKINがミラの胸にチョップからエルボースマッシュ。改めてミラの胸を触ろうとするが、ミラはビンタからトーキック。走り込んでラリアットを躱すとメサイア。

 ミラは「助けて!」と叫ぶと、リングに警察が現れONAKINに手錠がかけられる。ONAKINが暴れるがシスギがSTO。これでONAKINは場外に連行され、シスギがセンエンに千円を渡し買収し場外カウントをはやめて20カウント。

 これによりONAKIN逮捕で試合が終了となった。

第3試合

 亀田とダスティが急襲し試合開始。そのまま場外乱闘へ。

 リングに戻るとSWS軍がショーンキャプチャーXをディックに叩き込み、ディックがシーソーホイップでロープを使ったチョーク攻撃。ダスティはストンピング連打から亀田にタッチ。

 亀田は首投げからスリーパー。亀田はテーピングでスリーパーから注意されるとPK。フォールも2。
 亀田はイスを持ち出しダスティの顔面を叩き込むとイスごとミドルキック。亀田はイスを踏み台にセントーンを投下しフォールも2。

 ディックがチョップ連打も亀田は髪を掴んで動きを止めヘッドバッド。倒れたディックにストンピングからダスティにタッチ。
 ダスティはイスで殴ろうとするも、ディックはキャッチ。だがダスティはイスで手を挟んでディックにチョーク攻撃からイスTF。ディックは一人でロープへ這う。
 エルボー合戦からダスティがビッグブーツ。ディックはチョップを打ち込んでいくがダスティはエルボー。ディックはバックを取るとアームドラッグで投げ飛ばす。ディックはオータニにタッチ。

 オータニが次々ショルダータックルでふっ飛ばし。ダスティをロープに振ってエルボーで叩き伏せる。オータニはランサルセからフォール2。
 オータニはブレーンバスターを狙うが、耐えたダスティにラリアット。避けたダスティとバックの取り合い。ダスティはレフェリーを掴んで耐えるも、レフェリーはビンタ。オータニはラリアットも、避けたダスティが亀田にタッチ。

 亀田は前蹴りからチョップ連打。コーナーに振って串刺しチョップからコーナーでナックル連打。亀田はバックドロップで叩きつけてフォールも2。亀田はチョップから担ぐも、オータニは着地し逆にブレーンバスター。オータニはディックにタッチ。

 ディックはコーナーに振って串刺しラリアット。ディックは足掛けDDTからロープに飛ぶが亀田は追走エルボー。だがディックも追走エルボーからラリアットも亀田はスクールボーイで丸め込む。返されるとトルネードクラッチも2。亀田はケンカキックからダスティにタッチ。

 ダスティはバイオニックエルボーもディックは避けて走り込むがダスティは低空ドロップキックで倒しシャイニングウィザード。更にトラースキックもディックはキャッチ。だがダスティは鼻を掴んでから投げようとするが、耐えたディックにコンビネーションエルボー。だがディックもローリングエルボーで返しノーザンライトスープレックスホールド。これも2。

 チョップ合戦からディックがエルボー連打。ロープに飛ぶもエプロンから亀田がイス攻撃。ダスティがイスを持ち出すと、四つん這いのディックに亀だと餅つきイス攻撃。サンドイッチエルボーからサンドイッチニーアタックを叩き込みフォールもオータニがカット。
 亀田とディックは合体フェイスバスターをオータニに叩き込み、ディックをコーナーに座らせるとダスティが雪崩式ブレーンバスター。さらにパイルドライバーで突き刺しフォールも2。
 ダスティは再度パイルドライバーを狙うがディックは抜ける。ダスティが走り込むもオータニがエルボーからディックがニー。さらにオータニがラリアットからディックがシャイニングィザードを叩き込んでフォールも2。

 ディックは投げようとするがダスティはレフェリーを掴み耐える。ディックにレフェリーを突き飛ばすとレフェリーがラリアットでディックを叩き伏せ、ダスティはイスを持ち出すと頭頂部にイス攻撃。ダスティはラリアットも、避けたディックがエルボースマッシュで叩き伏せ正田落とし。フォールも亀田がカット。

 亀田がイスを持ち出すが椅子ごとオータニがラリアット。オータニはラリアットもダスティはガード。だがオータニはラリアットで叩き伏せ、ディックが垂直落下式正田落とし。これで3カウント。

第4試合

 馬並は前蹴りで牽制。三村がかいくぐりリストの取り合い。三村は足を取って倒し膝にエルボードロップ。グラウンドの攻防から両者距離を取り睨み合う。

 三村が片足タックルも馬並は切り替えしてアンクルホールド。じっくりとした攻防から一度距離を取る。
 馬並は首投げから背中にサッカーボールキック。三村も同様にやり返す。馬並をロープに押し込むとトーキック。だが馬並がロープに振り、ショルダースルーで場外に落下させるとトペ・スイシーダ。
 馬並はリングに投げ入れるとロープに振りコブラツイストからグラウンドコブラ。返されると片逆エビ固め。これはロープへ三村が這う。

 馬並がローキック連打からタックルも、三村がカットしチョップ連打。馬並は膝蹴りからエルボーで倒しボディスラム。再度ボディスラムを狙うが、三村は耐えてハンマーブローからロープへ飛ぶ。だが前蹴りで返した馬並に三村はトラースキックからロープに振ってスパインバスター。
 三村はロープに振るとハンマーブローからエルボードロップ。チョップ連打でコーナーに押し込み逆コーナーに振ると往復式串刺しラリアット。これを避けた馬並がミドルキック連打から逆コーナーに振るが、三村はエプロンに飛び降りスワンダイブ式ミサイルキック。フォールも2。

 三村は不知火を狙うが、耐えた馬並にレッグラリアート。だがこれを馬並はキャッチしドラゴンスクリュー。馬並はそのままアキレス腱固め。これを前転し足を取り返した三村だったが、馬並は下からボディに強烈なキック。三村はたまらず距離を取る。

 三村はローキックからボディに膝を入れハイキック。馬並はこれを避けミドルキックから追走ニーを叩き込みスロイダー2連発。フォールも2。
 三村はヘッドロックも抜けた馬並がミドルキック。馬並はエルボーから走り込むが、三村はカウンターのエメラルドフロウジョン。
 三村は走り込むと馬並とレッグラリアートの相撃ち。馬並が追撃のレッグラリアートも三村も同様に叩き込み両者ダウン。

 三村は不知火を狙うが、馬並は力づくでそのままコーナーに座らせると、雪崩式のバックドロップを狙うが三村は不知火で返す。フォールも2。
 三村はエメラルドフロウジョンを狙うが、着地した馬並が顔面にブラジリアンキックからドラゴンスープレックスホールド。しかし2.9。

 馬並は胴締めスリーパーからドラゴンスリーパー。だが三村は切り替えして担ぐが、馬並のハイキックを避けトーキック。さらにロープに振るとラリアットで叩き伏せる。
 三村はエメラルドフロウジョンからE.V.O.P.。フォールも2.9。三村はコーナーに登るとマッドスプラッシュ。フォールも2。再度三村はマッドスプラッシュ。これで3カウントを奪った。

三村「息ができない…皆さん、おまたせいたしました。UWFタッグチャンピオンの三村マザファッカズです!きつい、やばいっす。ヤバいけど、前三冠ヘビー級チャンピオンに勝てたこの勝利、絶対無駄にはしません。必ず僕もシングルのベルトを巻きたいと思います。馬並さん今日はありがとうございました!」
馬並「最後の後楽園、こういった三村くんという素晴らしい選手と試合できてとても嬉しいです。僕は4年間最強目指して学生プロレスやってきました。僕に勝った三村選手は最強目指して僕より進んで欲しいと思います。これから三村選手の応援よろしくお願いします」
三村「この、この最強の馬並勃巳に勝ったんだ。もちろんUWFのシングルのベルト、しっかりと狙っていきます。これからも応援よろしくお願いします!」
 最後に馬並は三村を肩車し健闘をたたえた。

第5試合

 先発は徳川とMASA-TAKAとばれ山。MASA-TAKAがトーキックからばれ山を突き飛ばして徳川にぶつけ、徳川にエルボー連打。徳川のエルボー連打も、ばれ山がMASA-TAKAにビッグブーツから徳川のエルボーとばれ山のチョップの打ち合い。ばれ山がチョップ連打からバックの取り合い。MASA-TAKAがトーキックでカットしばれ山を投げようとするが、耐えたばれ山にハンマーブロー、お互いラリアットとハンマーを避けあい全員タッチ。

 TAJIRI蟲が八郎に殴り掛かるが、秋山がチョップもTAJIRI蟲は避けて八郎を丸め込む。秋山がカットしヘッドロック。八郎も秋山をヘッドロック。TAJIRI蟲が秋山をキャメルクラッチも八郎がTAJIRI蟲にビンタ。
 八郎は秋山をロープに振ろうとするも、秋山はショルダータックルで倒し、走り込んできた選手を次々パワースラム。さらにハンマーブローから秋山はロープに飛ぶとMASA-TAKAが場外から足を引っ張り倒す。

 八郎はネックブリーカードロップを秋山に叩き込み八郎がセントーン、さらに八郎がレッグラリアートからフォールも徳川がカット。
 徳川とTAJIRI蟲がMASA-TAKAにダブルチョップからダブルブレーンバスター。さらにダブルのエルボーから背中にエルボー。さらにシーソー式エルボーからTAJIRI蟲の膝に背中を叩きつけフォールも秋山がカット。秋山がMASA-TAKAをフォールもTAJIRI蟲がカット。
 秋山とばれ山がSWSコンビに串刺し攻撃から、ばれ山が徳川にボディスラム。そこへ秋山がTAJIRI蟲をフェイスバスターで叩きつけ二人まとめてフォールも八郎がカット。

 八郎はハンマーをばれ山に叩き込むが、ばれ山はKWF軍に交互にチョップ。だが八郎がトーキックからMASA-TAKAが強烈なチョップ連打からエルボーで倒し、その場飛びムーンサルトでフォールも2。MASA-TAKAは八郎にタッチ。
 八郎は後頭部にドロップキックから足を極めて踏みつけフェイスバスター。そのままクロスフェイスもばれ山はロープへ。
 八郎はストンピングからコーナーに振るが、ばれ山はエプロンに落とし、MASA-TAKAの串刺し攻撃も八郎に誤爆させMASA-TAKAにビッグブーツ。バックを取ると、ハンマーから後頭部にビッグブーツ。さらにレインメーカー式のネックブリーカーからロープに飛ぶが、MASA-TAKAは走り込んでスリングブレイド。

 TAJIRI蟲と八郎がチョップ合戦。TAJIRI蟲がローリングチョップ連打から担ぐが、着地した八郎がロープに振るもハンドスプリングエルボーで迎撃。 TAJIRI蟲はDOI555からバカタレスライディングキックを狙うが八郎は低空ドロップキックで迎撃。八郎はボディスラム式の牛殺しからRKO。フォールも2。
 八郎はデスティーノを狙うが、TAJIRI蟲がセラリズムバスターで迎撃。両者ダウン。

 リング上では徳川と秋山。秋山がラリアットでなぎ倒してから横浜優勝を狙うも、徳川は耐えてショートレンジエルボーからアルゼンチン・バックブリーカー式のフェイスバスター。さらにスライディングラリアットで叩き伏せてフォールも2。徳川はジャーマンを狙うが、耐えた秋山にハンマーを落とし走り込むが、秋山はたわしロケットで迎撃。秋山はバックフリップからフォールも2。秋山は横浜優勝を狙うが、着地した徳川がバックを取って投げ捨てジャーマン。徳川は革命を狙うが、MASA-TAKAとばれ山が正面に登る。その股にTAJIRI蟲と八郎がくぐり合体雪崩式ブレーンバスターを秋山に叩き込む。

 膝立ちでMASA-TAKAと秋山とばれ山がトライアングルでチョップとエルボーの打ち合い。
 ばれ山がチョップでMASA-TAKAを倒し、徳川にも連続チョップからロープに飛ぶが徳川がカウンターのラリアット。徳川がMASA-TAKAにエルボーからボディにエルボー。さらにトルネードボムからコーナーに登ると革命を投下。フォールも八郎がカット。

 徳川は八郎にジャーマンを狙うが、ばれ山が眉山を狙う。だがMASA-TAKAが抜けてバックを取り眉山。
 TAJIRI蟲がリングに上がりマスキュラーボムを狙うが、耐えたばれ山がラリアット。TAJIRI蟲が避けるが秋山がスピアーを叩き込んでばれ山がチョークスラム。フォールも2。秋山とばれ山はバレッタボムからフォールも八郎がカット。八郎はばれ山のラリアットも避けてスーパーキック。八郎は勇脚・斬からデスティーノ。さらにMASA-TAKAがパッケージジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪った。

第6試合

 ロックアップからパットがヘッドロック。リストの取り合いからロンドンが脇固めで引き込みグラウンドの攻防へ。パットが丸め込むも2。
 エルボーの打ち合いからロンドンがエルボー連打。パットのラリアットを避けてヘッドシザースホイップからドロップキックで倒す。
 ロンドンは首投げから丸め込むも2。ソバットから走り込むもパットはドロップキックで迎撃。
 パットはコーナーに押し込むとチョップとエルボーを交互に叩き込む。そして後頭部にエルボーで倒し、引き起こすとチョップ連打からロープに振ってバックエルボーで倒しその場飛びフロッグスプラッシュ。フォールも2。

 パットはストンピングからロープに振ろうとするが、耐えたロンドンにチョップ連打からジャンピングエルボー。これをロンドンが逆さ押さえ込みからスタナー。さらにエルボーを避けてRKO。ロンドンはソバットからエルボースマッシュ。さらにかち上げアッパーカットから大阪御堂筋スタナー。フォールも2。

 ロンドンはあげようとするも突き飛ばしたパットがジャンピングエルボー。パットはロープに振って串刺し追走エルボーニ連発からライトニングスパイラル。フォールも2。パットはダイビングバックエルボーからフォールも2。

 エルボー合戦からロンドンがエルボー連打。ローリングエルボーをガードしたパットがソバットから飛びつきDDT。パットは走り込むもロンドンが影縫からライオンサルトも避けたパットが丸め込むが返したロンドンが顔面へのドロップキック。さらにライオンサルトを投下しセカンドロープからのヴァルキリースプラッシュ。フォールも2。

 ロンドンは担ぐが着地したパットが逆上がり式のファイナルカットからブサイクへの膝蹴り。フォールも2。
 パットはソバットからブレーンバスターを狙うが、耐えたロンドンがエルボー。パットもエルボーを放つがロンドンは巻き込みタイガードライバー。フォールも2。
 ロンドンは走り込むがパットはカウンターのブサイクへの膝蹴り。

 膝立ちでエルボーの打ち合いからお互い追走エルボー。ロンドンが担ぐがパットが崩れながら背後に着地。ロンドンはソバットからハイキックで膝立ちにさせるとランニングミドルで倒しフォールも2。

 パットが左右のビンタもロンドンがノーザンライトスープレックスからブレーンバスターで叩きつけ、さらにBTボム。フォールも2。
 ロンドンはロンドン・コーリングも避けたパットが後頭部にブサイクへの膝蹴り。さらにブサイクへの膝蹴りからファルコンアローを狙うが着地したロンドンがエルボー連打。だがパットはゼロ距離ブサイクへの膝蹴りからファコンアロー。フォールも2。
 パットはコーナーに登るが、ロンドンが正面に登りコーナーでエルボーの打ち合い。パットがエプロンに落下するも顔面に延髄斬り。改めてコーナーに登りヘッドバッドから断崖式フットスタンプ。さらにスワントーンボムもロンドンは剣山で迎撃。

 お互い膝立ちでエルボーの打ち合い。パットがエルボー連打から走り込むがロンドンがカウンターのムーンサルトスラムで叩きつけて3カウント。

 ロンドンが流出していたSWSの至宝を取り戻した。

第7試合

 先発はDMPと松村。リストの取り合いから松村がヘッドロック。DMPがヘッドシザースもお互い抜けあい距離を取る。両者タッチ。

 ドーデスはグラウンドで潰していくがドーリングは足を刈って倒しアキレス腱固め。ドーデスはボディシザースから背中を叩いていくと、這って抜けたドーリングがリストを取ってから松村にタッチ。

 松村はチョップをフェイントにナックルからチョップ連打。さらにナックルもドーデスがキャッチしヘッドロック。一度離して松村は走り込むがドーデスはヘッドロック。ショルダータックルから走り込むとアームホイップを狙うが松村はヘッドシザースホイップで場外に出すと走り込もうとするがDMPはエプロンから蹴りつけラリアット。これを避けた松村が場外のドーデスへトペを発射。そこへDMPもノータッチトペ・コンヒーロ。ドーデスがエプロンに上がり走り込んでの場外へのディープインパクト。そのまま場外乱闘へ。

 リングに戻ると、リバースインディアンデスロックから後頭部にストンピング連打。さらに弓矢固めからフォールも2。ドーデスはDMPにタッチ。
 ドーデスはロープに松村の足をかけると、その腹部へDMPがスワンダイブエルボードロップ。フォールも2。
 DMPはコーナーに振ると串刺しバックエルボーから河津落とし。更にフィストドロップから低空ドロップキックを叩き込んでフォールも2。DMPはドーデスにタッチ。

 ドーデスはフロントネックロックで捕らえ首投げから首4の字。そのままリングに顔面を叩きつけてフォールも2。ドーデスはDMPにタッチ。
 DMPはストンピングからボディスラム。DMPはドーデスにタッチ。ドーデスはボディスラムからフォールも2。ドーデスはDMPにタッチ。
 松村は膝立ちでエルボーもDMPは蹴り上げボディスラム。DMPはドーデスにタッチ。ドーデスはフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。ドーデスはキャメルクラッチで捕らえる。松村は必死に這ってロープへ。

 ドーデスはストンピング連打からボディスラムを狙うが、松村は着地しドロップキック一線。タッチしようとするがDMPがカットしロープに振るが、耐えた松村がDMPを蹴りつけエプロンに降りると、走り込んで来たDMPに延髄斬りからドーデスにスワンダイブミサイルキック。松村はドーリングにタッチ。

 ドーリングはドーデスを担ぐがDMPがカット。DMPが走り込むがドーリングはキャッチし、ドーデスに前蹴りからDMPをドーデスに叩きつける。
 ドーリングは串刺しラリアットをドーデスに2連続で叩き込んで、ランニングエルボーも避けたドーデスにローリングエルボー。フォールも2。

 ドーリングは投げようとするが、ドーデスは丸め込むが2。返したドーリングを下から蹴り上げダブルチョップ。ドーデスはDMPにタッチ。
 DMPはエルボースマッシュから串刺しバックエルボー。ソバットから蹴り上げ、改めてソバットからスライディングエルボースマッシュ。DMPは投げようとするが、耐えたドーリングがバックエルボーからロープに振って担ぐもDMPは丸め込むが2。DMPはソバットからコーナーに振ろうとするが、耐えたドーリングが逆に振るもDMPはエプロンにおりてショルダーブロックからリングに戻り飛びつき河津落とし。DMPはボディブローからエルボースマッシュも、ドーリングはスパインバスターで叩きつけ松村にタッチ。

 松村は串刺しドロップキックを顔面に叩き込み、ミサイルキックからフォールも2。松村はフィッシャーマンを狙うが、耐えたDMPが突き飛ばし、ラリアットを避けるも松村は丸め込むが返されると腹へのフットスタンプ。松村はコーナーに振ろうとするが、DMPが逆に振ってドーデスが串刺しアックスボンバー。さらにカニバサミで倒し、DMPをドーデスが跳ね飛ばしての串刺しドロップキック。DMPはドーデスにタッチ。

 ドーデスはチョップ連打から松村のラリアットを巻き込んでのブレーンバスターからバタフライロック。松村はロープへ。
 ドーデスはディープインパクトを発射するが松村は避ける。ドーデスはチョップからロープに飛ぶが、ドーリングが担ぎ上げ松村がドーデスの顔面にドロップキック。ドーリングはそのままサイドバスターで叩きつける。松村はドーリングにタッチ。

 ドーデスはスピアーを膝で迎撃。再度スピアーも丸め込むが、ドーリングはチョークスラム式のバックブリーカーから変形フェイスバスターも2。ドーリングはシャープシューターで捕らえるがドーデスはロープへ。
 ドーリングは担ぐもドーデスは着地しロープに走るとニールキック。ドーデスはディープインパクトを叩き込んでフォールも2。

 ドーデスのチョップとドーリングのエルボーの打ち合い。ドーデスのミドルキックをキャッチしたドーリングがバックフリップからフォールも、返されるとシャープシューター。これはDMPがカット。
 ドーリングが担ごうとするが、耐えたドーデスがロープに飛ぶもドーリングが追走ラリアット。だがドーデスも追走ラリアットからバックの取り合いになりドーリングが逆さ押さえ込み。ドーリングが走り込むもドーデスはアクシズ。これを着地したドーリングがラリアットで叩き伏せフォールも2。
 
 ドーリングは担ぐがドーデスは着地しスリーパー。さらに担ごうとするが、ドーリングがリバースしコーナーに逆さ吊りにすると串刺しスピアー。ふらつくドーデスにラリアットを叩き込んでフォールも2。ドーデスはホルヘクラッチも2。ドーデスはニールキックからディープインパクト。さらにブルーディスティニー。フォールも2。
 ドーデスはコーナーに座らせると横に登るが、ドーリングは着地しヘッドバッド。そのまま雪崩式アバランシュスラムで叩きつけてオリンピック予選スラム。両者ダウンしタッチ。

 エルボーの打ち合いからDMPがエルボースマッシュ。ロープに飛ぶとラリアットも松村は巻き込んでフィッシャーマンを狙うがDMPも切り返すとラリアットも松村は厳鬼。フォールも2。
 松村は投げようとするがDMPが丸め込むが2。松村はバイシクルキックもキャッチしたDMPがバックエルボーから担ごうとするが、着地した松村へDMPが飛びつき前方回転エビ固め。返した松村にエルボースマッシュから投げようとするが、耐えた松村が走り込むもDMPはカウンターのブルーサンダー。フォールも2。
 お互い切り返しあうと松村がバックエルボー。DMPがロープに振るが、松村はセカンドロープに飛び乗りミサイルキック。松村はアナザースペースで叩きつけてフォールも2。
 松村はフィッシャーマンを狙うが耐えたDMPに強烈なエルボー。松村は駆け上がり式DDTも耐えたDMPがショルダーバックブリーカー。フォールも2。

 エルボーの打ち合いから松村がローリングエルボー。更にランニングエルボー。DMPも立ち上がりローリングエルボー。松村のエルボーを避けたDMPがセカンドロープからのダイビングエルボー。
 DMPはエルボーも巻き込んだ松村が駆け上がり式DDTからフィッシャーマンスープレックスホールド。これも2。
 松村はメテオラを狙うが、ドーデスがエプロンから足を持ち動きを止める。DMPが延髄斬りでカットし、振り返り式のボディプレスを狙うが松村はコードブレイカ。だがドーデスがニーアッパー。ダブルのアクシズからドーデスのニールキックとDMPのトラースキックのサンドイッチ。DMPはアサイDDTを狙うが、耐えた松村がフィッシャーマンを狙うも、DMPがエルボーを叩き込むと松村は膝をつく。そこへDMPはアサイDDTを叩き込んでフォールも2。
 DMPはリバースタイガードライバーを狙うが、耐えた松村にエルボースマッシュ。松村は延髄斬りからフィッシャーマンバスター。フォールもドーデスがカット。

 ドーリングにドーデスがナックルから走り込むが、ドーリングはカウンターのスピアーから松村がスワンダイブ式メテオラ。
 そしてDMPにメテオラも、DMPは避けてトラースキック。DMPはリバースタイガードライバーを狙うが松村はV9クラッチも2。松村はリストクラッチ式フィッシャーマンも2。松村はコーナーに登るとメテオラ。これで3カウント。

エンディング

松村「勝ったぞ!UWF二年とNUWA二年のタッグが、サミットのメインで勝ちましたよ!相手はおそらく今現役で一番強い二人。それに、この一番大きな舞台サミットのメインでやれたこと最後、勝てたことすごく嬉しいです」
ドーリング「全部クスリが言いたいこと言ってくれたんで僕は一言だけ。今日はとにかくプロレス、試合やってくれてありがとうございました」
松村「DMPさんドーデスさんは最後の学生プロレスサミット、それを僕らとやってくれて、最後僕らの勝ちで終わったけど、なんて言やいいのかな、まあ、とりあえず、今現役最強の4年生倒した僕らが、これからの学生プロレス引っ張ってくんでこれからの学生プロレスをもっともっともっともっと面白くしてくんで、今日見に来てくれたお客さん、初めて見に来てくれたお客さん居ると思います。ちょっとでも学生プロレスを面白いと思ったら興行やってるんでそちらにも足を運んでください。ほんとにありがとうございました!最後僕がサミットのしめやっちゃっていいですか?じゃあ、出場選手全員リング上がってきてください!僕が行くぞーって言ったらオーで、1.2.3学生プロレスダーでしめたいと思います。ご起立お願いします。行くぞー!(オー!)1.2.3.学生プロレス、ダー!」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る