【試合結果】2・11 我闘雲舞王子大会 【IWA三冠】真琴vs「ことり」 希月あおい&帯広さやかvsアントーニオ本多&トランザム★ヒロシ

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『2017年は王子大会から』
日程:2月11日(土・祝)
開始:13:00
会場:王子ベースメントモンスター
観衆:150人・超満員札止め

▼シングルマッチ 10分1本勝負
○里歩
6分37秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
●紺乃美鶴

▼『さくらえみWデビュー戦』シングルマッチ 10分1本勝負
●さくらえみW
8分35秒 カンガルークラッチ
○趙雲子龍(新北京)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
●アーサ米夏
9分32秒 ダイビング千豚♪→片エビ固め
○米山香織(YMZ)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
[ハッピーメーカーズ2]希月あおい(フリー)/●帯広さやか
10分52秒 エルボードロップ→片エビ固め
[ハッピーモーテル]○アントーニオ本多(フリー)/トランザム★ヒロシ(BASARA)

▼IWA三冠統一選手権 20分1本勝負
【王者】○真琴(REINA)
13分9秒 デスバレーボム→体固め
【挑戦者】●「ことり」
※第10代王者が初防衛に成功

五冠王者・真琴が初防衛に成功し里歩&「ことり」が持つタッグベルトに挑戦!さくらえみWがデビュー!

オープニング

 まずはアイドルユニット『ガトームーブ』が登場し『What’s your name?』→『おしえてシュークリーム』→『MAKE@IKUSA』を熱唱。
 メインでタイトルマッチに挑む「ことり」が「本日はご来場ありがとうございます。超満員のお客さんに囲まれて歌えて嬉しいです。今日に向けて完璧に私は仕上がってきたので、絶対三冠を取りたいと思います」と意気込み『リャオサーイ!(メシャーイ)リャオクァー(メシャーイ)トンパーイ(シャーイ)レッツゴー!ガトームーブ!』の掛け声でスタート。

第1試合

 ロックアップからリストの取り合い。美鶴がスクールボーイも2。
 エルボー合戦から美鶴がロープに押し込むも、里歩がエルボーからヘアーホイップ。里歩は顔面にストンピングからフェイスバスターで叩きつけてニコニコ印をしようとするが、逆にキャメルクラッチで捉えた美鶴を交わして里歩が高速ニコニコ印。里歩は首投げからダイヤル固めを狙うが、耐えた美鶴が体を反ってフォールも1。再度フォールも2。再々度フォールも2。
 お互いアキレス腱固めから美鶴がブリッジして返すと鎌固め。これを離した美鶴は弓矢固め。美鶴は里歩を起こすとハンマースルーから串刺し攻撃を狙うが、避けた里歩が串刺しジャンピングニーからフットスタンプで潰しSTFからさくらえび固め2。
 里歩は「終わりだー!」と逆エビ固めも美鶴はロープへ。バックを取った里歩に美鶴はバックエルボーからコーナーに下がり潰すと、里歩がコーナーに振って走り込むが足を伸ばしてカットした美鶴が前方回転エビ固め。美鶴は変形サーフボードストレッチから変形三角絞め。美鶴は投げようとするが里歩が首固めで返すが2。里歩は走り込むが、ビッグブーツで迎撃した美鶴が、再度走り込んできた里歩にカウンターのブレーンバスター。フォールも2。美鶴がドロップキックも里歩が横入り式エビ固めも2。里歩はドロップキックを叩き込んでフォールも2。
 里歩は逆エビ固めからさくらえび固めで捕らえるも美鶴はロープへ。里歩はダイビングフットスタンプ2連発で3カウントを奪った。

第2試合

 本日デビューするさくらえみWはぺっぴんな雰囲気がする出で立ちで登場。
 
 さくらWはナックルからヘアーホイップ。さらに耳を掴んでホイップすると、場外に出た趙雲が「どいつもこいつも」とさくらWに声援を送る観客を挑発。
 さくらWは趙雲の手にフットスタンプから「さくらえみトレイン」と叫んで趙雲の周りを回って前転の連続。ヘッドバッドも避けた趙雲がストンピングから「チャイニーズトレイン」と叫んでさくらWを踏みつけての高速ロープワークからエルボードロップでフォールも2。

 趙雲は対角線コーナーに連続して顔面を叩きつけると、コーナーに座り込んださくらWの肩に乗り潰していく。
 趙雲は「お前ら普段(さくらを)応援してないからやり辛いだろ」と観客を煽りナックル連打。趙雲はドロップキックを叩き込んでフォールも2。
 さくらWは左右のビンタからローキックを叩き込んでロープに走ろうとするが、髪を掴んで倒した趙雲をコーナーに振ったさくらWがさくらえみ70kgからリバーススプラッシュを狙うも趙雲は足を伸ばして迎撃し丸め込むが、さくらWは切り返す。趙雲は低空ドロップキックからラ・マヒストラルも2。
 趙雲は走り込むがさくらWはカウンターの風車式バックブリーカーを狙うが膝ではなくマットに叩きつけて失敗。再度さくらWはロープに振って風車式バックブリーカーを狙うが担ぎ上げられず失敗。「諦めた!」とフォールも2。

 さくらWはロコモーション式ロメロ・スペシャルも趙雲はロープを掴みブレイク。
 さくらWはガトムドライバーを狙うが、耐えた趙雲とチョップ合戦。さくらWギーと引っ掻いてからモンゴリアンチョップを連発しガトムドライバーを崩れながら叩き込み趙雲が大ダメージ。さくらWはコーナーに登ると冷蔵庫爆弾も趙雲は足を伸ばしてカットしチャイニーズボムズアウェイ。避けたさくらWが低空ドロップキックからラ・マヒストラルも2。
 趙雲はチャイニーズ・ゴリースペシャル。さらにカンガルークラッチでギブアップを奪った。

第3試合

 アーサが突進しドロップキック。米山がロープに振るもアーサはショルダータックル連発。米山がロープから走り込んでショルダータックルも、アーサは受け切り、ラリアットも受けきるとショルダータックル。だが米山がショルダータックルで倒す。

 米山はヘアーホイップ2連発から顔面を踏みつける。米山は首投げからスリーパー。アーサはロープへ。米山はアーサを踏み潰しフォールも2。
 米山はボディスラムを狙うが、暴れて着地したアーサはコブラツイスト。米山はロープへ。アーサは米山をロープにくくると米チョップ連発。リングに戻しフォールも2。

 米山はモンゴリアンチョップ連発も、アーサは米チョップで迎撃し串刺しラリアットから走り込むが、ビッグブーツで迎撃した米山がフロントキック。米山は走り込んでトラースキック気味のビッグブーツでフォールも2。米山は逆エビ固めから弓矢固め。これを離した米山はストンピング連打からコーナーに叩きつけて米チョップ。コーナーに振って串刺し攻撃も、避けたアーサがドロップキック。
 アーサはボディスラムを狙うが、膝蹴り連発で逃れた米山が「どうした!」と挑発しエルボー合戦へ。エルボー連打したアーサが走り込むが、ランニングエルボーで迎撃した米山がロープに振るが、アーサがお米アタック3連発からボディプレスを投下しフォールも2。
 アーサはボディプレスをフェイントにリバースボディプレスを投下しフォールも2。
 アーサはコーナーに登るが、米山は正面から肩に担ぐも暴れたアーサが丸め込むが2。
 アーサに膝蹴りを叩き込んだ米山が追走ニーリフトからフォールも2。米山はセントーンからフォールも2。
 米山はダイビング千豚♪も避けたアーサが丸め込むがお互い切り替えしあい、米山は顔面に膝蹴りから走り込むがアーサは空中胴締め落としで迎撃。アーサのラリアットをニーアッパーで迎撃した米山が後頭部にランニングニー。フォールも2。
 米山はノーザンライトスープレックスホールドも2。コーナーに登りダイビング千豚♪で3カウント。

第4試合

 玉置浩二の『やっぱ好きやねん』でしっとりとした雰囲気で登場したヒロシとアントン。
 先発は帯広とヒロシ。ロックアップをヒロシがふっ飛ばし、帯広がヘッドロックで捕らえるとヒロシがリープフロッグも帯広がストンピングを叩き込んであおいにタッチ。ヒロシもアントンにタッチ。

 あおいのエルボーとアントンのナックルの打ち合い。アントンが膝蹴り連発からロープに振るとラリアットも、避けたあおいがドロップキックで迎撃し攻めようとするが、アントンとヒロシは助けを乞う。
ヒロシ「こいつは、思ったより貧乏なんだぞ」
アントン「ちょっと待ってくれ、こいつこないだ国民保険料滞納で市役所から口座差し押さえられたんだ。こいつをひと思いにやってくれ」
ヒロシ「待ってくれ、こいつも差し押さえられてるぞ」
アントン「もう払ったから二年前に」
二人「おれをやってくれー♪」
 二人でサミングからヒロシが膝で顔面を擦り、アントンがチョップを叩き込む。
 アントンは髪をひねって匂いを嗅ぐと「ネプチュンマーン」と叫んでヘアーホイップからストンピング。
 アントンは再度髪を捻るとハンドルに見立ててドライブしてからヒロシにタッチ。

 ヒロシはナックル。トーキックでコーナーに押し込むとナックル連打からアントンにタッチ。アントンはあおいのボディにショルダータックルからヒロシにタッチ。
 ヒロシは首投げからフェイスロック。そのままキャメルクラッチ。マットに叩きつけると首投げからアントンにタッチ。
 ヒロシはアントンの足にあおいを叩きつけようとするが、あおいが逆にヒロシの顔面をアントンの膝に叩きつけて帯広にタッチしようとするが、これはアントンが迎撃。
 アントンが羽交い締めにしてヒロシがダイビングハンマーも、あおいが避けてアントンに誤爆させると二人まとめてクロスボディアタック。あおいは帯広にタッチ。

 帯広はクロスチョップ連発からアントンにもジャンピングクロスチョップ。ヒロシに地獄突きもキャッチしたヒロシが逆に地獄突きを叩き込んでアントンにタッチ。
 アントンはバックブリーカーからフォールも2。アントンはナックル連打からバイオニックエルボーを狙うが帯広が急所攻撃で迎撃。ヒロシが出てくると帯広は連続地獄突きもヒロシは全て避けて歌声で相手の動きを止める。
 帯広は歌に乗って地獄突きからアントンにも地獄突き。アントンがバックを取るが、あおいがエプロンからラリアットを叩き込み、ハッピーメーカーズ2で餅つきチョップ。さらに帯広がクロスチョップからあおいがセントーン。帯広が変速ロープワーク式ダブルチョップからダブルのブレーンバスターを狙うが、アントンが逆に二人まとめてブレーンバスター。
 アントンはコーナーに登るがあおいが足を掴んで動きをとめると、帯広が地獄突きで落下させあおいがダイビングクロスボディアタック。そこを帯広がヨーロピアンクラッチも2。帯広はブレーンバスターを狙うが、耐えたアントンにダブルの帯広マジック。これはヒロシがカット。
 帯広がバースを狙うが、背中を叩いて耐えたアントンがバックドロップで叩きつけてフォールもあおいがカット。

 アントンが帯広を、ヒロシがあおいを振ろうとするが、逆に振るも腕を組んで方向を変えたアントンとヒロシが串刺しラリアットから、アントンが帯広に、ヒロシがあおいにバイオニックエルボー。さらにアントンがエルボードロップを叩き込んでフォールし3カウント。

第5試合

 ロックアップから真琴がロープに押し込みブレイク。ロックアップから「ことり」が押し込むと胸を叩いてブレイク。
 「ことり」が片足タックルからグラウンドへ。「ことり」がバックを取るもリストの取り合いへ。「ことり」は腕を取ってコーナーに駆け上がろうとするが、真琴が耐えて肩に担ぐと正面に投げ捨てる。真琴はショルダータックルで潰し踏みつけフォールも2。
 「ことり」は強引に一本背負いから腕ひしぎ。真琴は切り返すも「ことり」は脇固め。真琴は回転し逃れようとするが「ことり」が潰してフォールも2。

 「ことり」のタックルを真琴が切ってナガタロックも「ことり」は切り返す。真琴の三角絞めを抜けてアキレス腱固めも真琴は潰していくが「ことり」はロープへ。

 真琴はストンピングからロープに掛けると尻にミドルキック連打。さらにロープを使ったサーフボードストレッチからフォールも2。
 「ことり」はエルボー連打。さらに腕をつかむとロープ駆け上がり式のアームホイップから串刺し攻撃を狙うが、避けた真琴がブレイジングチョップ。さらにタランチュラ。これを離すとフォールも2。
 真琴は走り込んでいた「ことり」を丸め込んで腕ひしぎ。そのままヘッドシザースに移行するが「ことり」はロープへ。
 真琴をコーナーに振った「ことり」が走り込むが、ショルダースルーでコーナーに横たわらせた真琴が串刺しニー。これを避けた「ことり」が真琴の腕をロープを使ったアームブリーカーから、場外に落ちた真琴にエプロンを走り込んでのダイビングクロスボディアタック。

 「ことり」はストンピングからリングに投げ入れると、ダイビングクロスボディアタックでフォールも2。
 「ことり」は串刺し攻撃を狙うが、真琴はネックハンギングボムでコーナーに叩きつけると串刺しスピアー。さらにセカンドロープに寝かせての断崖式ダブルニードロップ。
 真琴はビッグブーツからかかと落とし。フォールもブリッジして抜けた「ことり」に、真琴はダブルアームスープレックスホールド。フォールも2。
 真琴はコーナーに登るが、正面に登った「ことり」が雪崩式アームホイップからドロップキックを叩き込んでフォールも2。
 「ことり」は走り込むがボディスラムで迎撃した真琴がランニングニーからWWニー。フォールも2。
 真琴はスピアーも「ことり」はカウンターの小手返しからヨーロピアンクラッチ。返されると鳥かごを狙うが真琴が振り回して叩きつけると走り込むが「ことり」はカウンターの一本背負いからフォールも2。
 「ことり」は卍固めからグラウンド卍へ。真琴はロープへ足を伸ばす。

 「ことり」は強烈なビンタからバードリッジも2。「ことり」は走り込むと飛びついて丸め込むがロープ際だったためフォールならず。真琴が走り込んで「ことり」にスピアー。再度スピアーからフォールも2。

 真琴はブレイジングキックからフォールも2。真琴はデスバレーボムで叩きつけて3カウント。

 真琴は余裕の笑顔でリングを後に。ボロボロの「ことり」は正座し四方に礼をしてリングを後にした。

エンディング

 ヒロシが『一番好きな人の名前を叫ぼう』の説明をし、『ガトームーブ』が改めて登場。「ことり」は首を押さえてうなだれながらなんとか歌いきる。
 
里歩「今日はさくらさんがいなかったんですけどこんなに沢山の方に集まっていただけて、ほんとにあちらにいるさくらさんにもいい報告ができそうです本当にありがとうございました」
真琴「里歩様、私今日「ことり」ちゃんから勝ったのでお願いしたいことがあるんですけど、「ことり」ちゃんベルト持っているんですよね?今日「ことり」ちゃんの挑戦を受けたので、次私が「ことり」ちゃんに挑戦したいです。タッグベルト挑戦していいですか?さくらさんが居ない隙に」
里歩「(「ことり」に)いい?(「ことり」は頷く)「ことり」もいいと言ってるので、やりましょう!先に、3月4日の次の王子でやることを決めてしまいましょう。真琴さんのパートナーは?」
真琴「パートナー?ちょっと考えておきます」
里歩「でもやっぱりとはいってもさくらさんがいない中決めるのは気まずいものがあるので、でもさくらさんいる?さくらさん3月4日にタッグマッチやってもいいでしょうか?」
さくらW「OK!」
里歩「さくらさんにも決めていただいた所で、我闘雲舞のスローガンをいいたいと思います。リャオサーイ!(メシャーイ)リャオクァー(メシャーイ)トンパーイ(シャーイ)レッツゴー!ガトームーブ!」と声を合わせ、2017年最初のリング大会を超満員で成功しスタートさせた。

<試合後コメント>
真琴
――初防衛に成功しましたが、「ことり」選手とやってみて如何でしたか
「初防衛……初防衛でしたか。「ことり」ちゃんとシングルは初めてだったんですけど、同じ遺伝子が流れてるはずなのになんか試合の仕方とかが全然違いました。そこにまず驚きました」

――柔道技を遣うさくらえみ遺伝子を受け継ぐ選手との試合は初めてだと思いますが
「牧場みのりちゃんって子が柔道をやっていたので……。でも久しぶりに払い腰とか一本背負いとか食らったので、それはちょっとダメージでした」

――タッグベルトへの挑戦表明もありました
「さくらさん居ない隙に言っちゃえばなんとかなるかなって。私今ベルト5本持っているので、そのタイトルマッチに勝てば6本目のベルトになります。六冠王!」

――パートナーはどういう方を考えていますか
「悩んでるんですよね。さっき思いつきで言っただけなので。リング上見渡してみたんですけど、しっくり来る人、居たかな……。さくらえみWさん……は無しで……無しで行きましょう!(笑)」

――自分の中で我闘雲舞という団体、さくらえみ選手の団体ですが、いま所属しているREINAの選手と今までの流れを汲んだ選手とどちらと組みたいですか
「えー……3月4日ですよね、タイトルマッチ。それに向けて、REINAの選手は今みんな新人しか居なくて弱いので、勝ちたいんだったらREINAじゃないほうがいいですよね。REINAの選手も出してあげたい、選んであげたいって気持ちはあります。もちろん」

――対戦相手には里歩選手もいらっしゃいますが
「里歩ちゃん、「ことり」ちゃん……ことりほ。どうしよう。二人共テクニカルですからね。それに対抗するのはなんだろう、なんでしょうね……。大は小を兼ねるので、ちょっと大きめの人がいいですかね。相手よりはおっきめの人がいいかなと、なんとなく。ぼんやりですけど」

――次の防衛戦の相手というのは誰かイメージされていますか
「私は、個人的には帯広さんとタイトルマッチやってみたいなという思いがありますね」

――それはなぜでしょう
「帯広さんとは元々の団体でも一緒でしたし、19時女子プロレスというところでも19時のタイトルを賭けてやったこともある気がします。あまり我闘雲舞さんでは帯広さんと当たらないので、やってみたいという気持ちはほんのりあります」

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る