【試合結果】12・29 レジェンド女子プロレスさいたまスーパーアリーナ大会 長与千種&豊田真奈美&井上貴子vsダンプ松本&ZAP T&アイガー

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『レジェンド女子プロレス~ファイティングガールズ~』
日時:12月29日(木)
開始:11:30~14:30
会場:さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ
※入場無料

▼第1試合 WAVE提供試合
[メタモルフォーゼ]桜花由美(WAVE)/○朱崇花(WAVE)
13分22秒 ムーンサルト→片エビ固め
●夏すみれ(WAVE)/山下りな(OSAKA女子)

▼第2試合 アクトレスガールズ Beginning提供試合
万喜なつみ(Beginning)/●中野たむ(Beginning)
10分56秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
[MArZ]○安納サオリ(Beginning)/まなせゆうな(フリー)

▼第3試合 センダイガールズ&マーベラス提供試合
DASH・チサコ(仙女)/●桃野美桜(マーベラス)
13分40秒 ランニングスリー→エビ固め
○彩羽匠(マーベラス)/門倉凛(マーベラス)

▼歌のコーナー
長与千種(マーベラス)

▼第4試合 アイスリボン提供試合
藤本つかさ(アイスリボン)/●テキーラ沙弥(アイスリボン)
11分39秒 ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め
[アジュール・レボリューション]○世羅りさ(アイスリボン)/雪妃真矢(アイスリボン)

▼第5試合 マーベラス提供試合
○KAORU(マーベラス)
9分50秒 ヴァルキリースプラッシュ→体固め
●雫有希(マーベラス)

▼第6試合 JWP提供試合
コマンド・ボリショイ(JWP)/●KAZUKI(JWP)
13分30秒 鎮魂歌ドライバー→片エビ固め
Leon(JWP)/○中森華子(JWP)

▼メインイベント
○長与千種(マーベラス)/豊田真奈美(フリー)/井上貴子(LLPW-X)
6分59秒 スクールボーイ
[極悪同盟]ダンプ松本(フリー)/●ZAP T(フリー)/アイガー(LLPW-X)

年末格闘技のさいたまスーパーアリーナに女子プロレス団体が集結!長与千種が榊原社長に「来年は女子プロレスの日をください!」と土下座で直訴!

オープニング

20161229legendlady_op まずは選手入場式。参加全団体が一つのリング上に集まった。
 代表して、31日にギャビ・ガルシアと闘う予定だったが欠場となったLLPW-Xの神取忍より「ほんとだったらですね、私31日に大会に出場して、みんなに背中を押してもらうつもりだったんですけど、残念ながらアバラを骨折してしまい欠場となりました。今日はですね、この女子プロレスが一つになりました。これから若手の選手が時代を作っていく新たな闘いが始まっていくと思います。これからもっともっと女子プロレスの魅力をもっともっと皆さんに楽しんでいただきたいと思っております。最後に、堀田選手が31日に闘います。是非皆さん戦う姿を応援してあげてください。そして女子プロレスのパワーで応援していきたいと思います。最後の最後まで女子プロレスの魅力を楽しんでいただきたいと思います。来年、更に大きな大会にしていきたいと思いますのでよろしくお願いします」と挨拶があり『レジェンド女子プロレス~ファイティングガールズ~』がスタート。

第1試合

20161229legendlady_1st 先発は朱崇花と山下。ロックアップから山下がヘッドロック。朱崇花がボディブローも山下がショルダータックル。朱崇花は受け切るが、山下は首投げ。朱崇花はこれを着地し顔面にドロップキックを叩き込む。
 朱崇花がロープに振るが山下がショルダータックルで倒し、これで転がった朱崇花が桜花にタッチ。山下も夏にタッチ。

 桜花がプレッシャーをかけて追い込んでいくと、手4つをするかと思わせてローキックからロープを使って倒しフロントキック。再度ロープの反動使って倒しフロントキックからフォールも2。

 桜花は髪をねじってヘアーホイップ。再度髪をねじっていきヘアーホイップから、ロープにくくりつけて鼻フック。これを四方のお客さんに見せて盛り上げるとボディスラムからフォール。夏は半泣きで返す。桜花は朱崇花にタッチ。

 朱崇花はフロントキックから首投げで倒し顔面にドロップキック。コーナーに叩きつけて串刺し側転エルボー。倒れた夏の顔面に低空ドロップキックからフォールも2。朱崇花は桜花にタッチ。

 桜花は串刺しビッグブーツから顔面を踏みつけていく。桜花はコーナーでぶら下がり首4の字からストンピングで顔面を踏みつけていく。
 桜花はロープに飛んで走り込むが、夏が飛びつきネックブリーカーで倒し山下にタッチ。

 山下はランニングエルボーで倒しエルボー合戦へ。山下がエルボー連打からダブルチョップ。桜花のエルボーを避けてバックドロップで叩きつけるが、桜花もすぐに立ち上がりバックドロップ。山下は雄叫びを上げてバックドロップで叩きつけフォールも2。
 山下のラリアットをビッグブーツで叩き落とした桜花に山下が追走ラリアット。だが桜花も追走ビッグブーツからランニングフロントキックで倒しフォールも2。フロントキックから再度フォールも2。桜花は朱崇花にタッチ。

 朱崇花はミサイルキックを叩き込んでスペースローリングエルボー。これを避けた山下が強烈なエルボーから逆コーナーに振るが、朱崇花はコーナーに駆け上がりムーンサルトで山下を避けるとドロップキックから顔面にドロップキックを叩き込んでフォールも2。
 桜花と朱崇花がダブル攻撃を狙うが、山下が二人を同士討ちさせまとめてブレーンバスター。更にダブルラリアットでなぎ倒し朱崇花にトラースキック。フォールも2。

 夏がフロントキックから再度フロントキックも避けた朱崇花がエルボー。走り込んだ朱崇花にカウンターのビッグブーツを叩き込んだ夏がフォールも2。
 夏はコーナーに叩きつけて串刺しブロンコバスター。夏はコーナーに上るとダイビングクロスボディアタックからフォールも2。
 夏は投げようとするも耐えた朱崇花が膝蹴り。エルボー合戦から夏がエルボー連打。朱崇花がエルボーを避けてセカンドロープからの振り返り式クロスボディからフォールも2。
 朱崇花はクロスヒールホールドも山下がカット。再度朱崇花がクロスヒールホールドも夏はロープへ。
 朱崇花は顔面を蹴りつけロープに飛ぶが、夏が追走し飛びつきネックブリーカー。朱崇花のラリアットを避けた夏が羽交い締めにし山下がエルボー。夏がノーザンライトスプレックスホールドも桜花がカット。
 朱崇花が夏と山下を二人まとめてライオンサルト。さらに夏に俵投げ。フォールも夏は返す。

 朱崇花は走り込むが夏が首固め。これは2。夏が走り込むが朱崇花がカウンターのトラースキックからチョークスラム。フォールも山下がカット。
 桜花がネックハンギングボムで叩きつけて朱崇花がムーンサルトを投下。これで3カウント。

第2試合

20161229legendlady_2nd 先発はゆうなとたむ。たむが手4つを要求。ゆうなが押しつぶしマウントエルボー。たむが体勢を変えてマウントエルボーも、お互いマウントエルボーの応酬。これをなつみがカット。なつみとたむでおてんばダッシュ。なぜかそれにサオリも混ざり3人でゆうなを踏み潰しポーズを決める。

 ゆうなはたむを首投げからキャメルクラッチ。これを離すとサーフボードストレッチ。これを返したたむがアルゼンチンバックブリーカー。これを投げ捨てたむはなつみにタッチ。

 なつみがゆうなの顔面に低空ドロップキック。ロープに押し込んでエルボー連打から走り込むが、ゆうながビンタで迎撃し、ヘアーホイップ連発。ゆうなは首投げからコーナーに顔面を叩き込んでいく。顔面を踏みつけていくゆうなは、サオリを呼び込みなつみをロープにくくりつけて二人で変顔をさせていく。
 サオリが首投げからゆうなが起こし再度首投げで叩きつけて背中にサッカーボールキック。フォールも2。ゆうなはサオリにタッチ。

 サオリはランニングエルボー。エルボー合戦からサオリがエルボー連打。なつみもエルボー連打からサオリのエルボーを避けて側転からドロップキック。なつみはボディスラムを狙うが、耐えたサオリにボディブロー連発からボディスラム。なつみはコーナーに上るとダイビングボディプレス。これを足を伸ばして迎撃したサオリだったが、なつみは立ち上がると低空ドロップキックからドロップキックを叩き込んでたむにタッチ。

 たむはセントーンを投下しフォールも2。たむはアルゼンチンバックブリーカーからバックフリップ。走り込んでセントーンも、避けたサオリがブリッジ式足4の字。これはなつみがカット。
 サオリがフィッシャーマンを狙うが、たむは蹴りつけカット。サオリが走り込むがたむは顔面にカウンターのビッグブーツを叩き込んでフォールも2。
 たむはコーナーに上るも、ゆうなが足を掴んで動きを読め、サオリが正面からビンタを決めぶっこ抜きブーレーンバスター。フォールもなつみがカット。
 たむはスクールボーイも2。MARZで連携攻撃を狙うが、たむが避けてなつみがそこへ二人まとめてダイビングクロスボディ。たむがサオリにボディスラムからダイビングセントーン。サオリが避けてノーザンライトスプレックスホールド。だが2。
 サオリはフィッシャーマンスープレックスホールドで叩きつけて3カウント。

第3試合

20161229legendlady_3rd 先発は桃野と彩羽。彩羽がヘッドロックからショルダータックルで倒し更に走り込むが桃野がアームホイップ。フォールに行こうとするが彩羽が切り返しお互い睨み合う。両者タッチ。

 チサコは門倉のドロップキックを交わしてフェイスバスター。フォールも2。チサコはキャメルクラッチ。これを離すとストンピングから逆片エビ固め。門倉はロープへ。
 チサコはドロップキックで門倉を叩き出し場外乱闘へ。セコンドの岩田とともにチサコが門倉の顔面を踏みつけると、リングに投げ入れドロップキックからフォールも2。チサコは桃野にタッチ。

 桃野はストンピング連打からエルボー連打。左右のエルボーからロープに振ってドロップキック。だが門倉もドロップキックを放ち相打ち。再度相打ちから桃野が顔面を張ってドロップキック。門倉は避けてドロップキックで返すが、桃野は背中にダブルチョップ。門倉がこれを受けてボディスラムからドロップキック。桃野の背中にチサコがタッチし走りこむも、門倉はドロップキックを連発しフォールも2。
 門倉は走り込むが、チサコは担ぎ上げ正面に落とすとフロントキック。逆コーナーに振り串刺しバックエルボーからコーナー上からの振り子式ドロップキック。フォールも2。
 チサコは走り込むが、エプロンから彩羽が蹴りつけ、門倉が首固めも2。彩羽が羽交い締めにして、門倉がミサイルキック。フォールも2。
 門倉は飛びついてのDDTからフォールも2。門倉は彩羽にタッチ。

 彩羽はミドルキック連発。チサコはコーナー振って走り込むが、彩羽が避けて門倉が串刺しドロップキック。
、彩羽が串刺しミドルキックからフロントスープレックス。フォールも2。彩羽はボディスラムでセットしコーナーに登るが桃野が正面に駆け上がりエルボー。だが彩羽が顔面を叩き落とすが、桃野は再度正面に登りエルボー連打からデッドリードライブ。そこへチサコがドロップキックを叩き込んでふっ飛ばし、桃野が串刺しドロップキックで座らせチサコが串刺し低空ドロップキックを顔面に叩き込みフォールも2。
 彩羽のラリアットを避けてチサコがスクールボーイも2。チサコは首固めも2。彩羽のラリアットを避けたチサコがウラカンラナも2。
 チサコはボディスラムからダイビングフットスタンプを投下しフォールも2。チサコは桃野にタッチ。

 桃野はランニングクロスボディ連発からフォールも2。桃野はコーナーに登るが彩羽はブラジリアンキックで迎撃し、コーナーで崩れ落ちる桃野の顔面にビッグブーツを叩き込んで場外に落下させる。エプロンに上がらせた彩羽がリング内からぶっこ抜きブレーンバスター。フォールも2。

 彩羽がボディスラムからコーナーに登るも、チサコが正面に登り雪崩式フランケン。そこへ桃野がダイビングクロスボディを投下しフォールも2。
 桃野はヨシタニックを狙うが、リバースした彩羽が走り込むもチサコがRKOから桃野がヨシタニック。これは門倉がカット。
 走り込んだ桃野に門倉が彩羽を踏み台にしてのドロップキック。彩羽がジャーマンを狙うが桃野はカサドーラで丸め込む。桃野が走り込むも彩羽がカウンターのトラースキックから、ぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールド。返した桃野にスワントーンボムを投下しフォールもチサコが顔面に低空ドロップキックを叩き込み桃野がそのままフォールも2。返した彩羽がランニングスリーを叩き込んで3カウント。
 

長与千種が熱唱!

20161229legendlady_4th長与千種
「皆さんこんにちわ女子プロレスを楽しんでいただけてますでしょうか?みんな頑張ってますね。これからこの後も若い選手が出るんですけど、若い選手はいつか、いつか大きな舞台に立てるように必死に頑張ってます。自分は導けるように努力したいと思います。今日はですね、何か知らないんですけどこんなかっこしてるんですよね。大仁田さん今日いないんですよ。いつもだったら大仁田さん隣りにいるんですけど、大仁田さんのマイクも長いんですけど長与のマイクも長いんですいません。RIZINで、神取忍選手が肋骨の方を折ってしまって、ピンチヒッター堀田祐美子になりましたけども、後輩ですよ大事な。全女魂ですよ。みんな一生懸命応援、自分たちもしますのでどうか応援よろしくお願いします。一言、ギャビ・ガルシアに言いたいのはですね。お前がプロレスラーになれです。あの体はプロレスラー向きです。ね、ほんとに。こんなでかい体ですからね。今日は皆さんの前で恥ずかしくも、歌をうたうことになりました。この後にもう一人若い子(雪妃真矢)が歌うんですけど、そっちのほうがビジュアル的にはいいんですが、目標を一つ。目標は一つ。今日はここでですね、みなさんの前で女子プロレスを披露できることをほんとに感謝しますありがとうございます。さっきこっそり中を見てきました。こっそり中を見てきたんですね。来年はあそこに行きたいです。女子プロレスあそこに行きたいです。それが叶うように選手一同一生懸命頑張っておりますので皆さん来年は、2017年の29日30日31日のどこかを女子プロレスの日で盛り上げられるよう皆さん応援よろしくお願いします。33年前の歌を歌います。恥ずかしいな。懐かしいですね」
(クラッシュギャルズの『炎の聖書』を熱唱)
「みなさんこのあとも女子プロレスが続きます。楽しんでいってください」

第4試合

20161229legendlady_5th アジュレボが急襲しダブルの串刺しニーから雪妃が藤本にサッカーボールキック。藤本も首投げからサッカーボールキックで返し、雪妃はガットショットから首投げで倒しサッカーボールキック。藤本も同様にやり返す。
 藤本は雪妃を投げようとするが、雪妃が逆にボディスラムで叩きつけてドロップキック。藤本は転がり沙弥にタッチ。
 沙弥が走り込むも雪妃がカウンターの風車式バックブリーカーから顔面にニードロップ。そのまま踏み潰していく。
 
 雪妃は背中に強烈なチョップを叩き込んでフォールも2。雪妃は世羅にタッチ。
 世羅はエルボーからジャイアントスイング。世羅は雪妃にタッチ。雪妃はヘアーホイップから顔面を踏み潰し、逆コーナーに振ると串刺しジャンピングニーから逆コーナーに振るが、沙弥は振り返り式クロスボディアタック。沙弥は藤本にタッチ。

 藤本はドロップキックから走り込むも、世羅が出てきてダブル攻撃を狙うが藤本は二人まとめてドロップキック。藤本はサッカーボールキック連発からPK。これをキャッチした雪妃が膝にエルボー。エルボー合戦となり、藤本がダブルチョップからコーナーに叩きつけダブルチョップ。藤本は逆コーナに振り走りこむが、雪妃はカウンターのトラースキックから、再度走り込んできた藤本に風車式バックブリーカー。雪妃はブレーンバスターで叩きつけてフォールも2。雪妃は世羅にタッチ。

 世羅はカンパーナから背中にダブルニードロップ。フォールも2。世羅は投げようとするが、着地した藤本とエルボー合戦。
 世羅はエルボー連打から走り込むが、藤本が追走カサドーラからサッカーボールキック。藤本はPKを狙うが、雪妃がエプロンから蹴りつけ世羅がダブルニーアタック。雪妃がロープに振ってのビッグブーツから世羅がセラリズムバスター。フォールも沙弥がカット。
 世羅は担ぐが着地した藤本が世羅をコーナーに振って串刺しドロップキック。さらに顔面に串刺しドロップキックからコーナーに登りミサイルキック。フォールも2。藤本は沙弥にタッチ。

 沙弥が走り込んでクロスボディアタック連発。沙弥はボディスラムからフォールも2。
 沙弥が走り込むがカニばさみで世羅が倒し逆エビ固め。これは藤本がカット。
 世羅はリバーススプラッシュ式ダブルニードロップからフォールも2。
 世羅は串刺し攻撃を狙うも藤本がドロップキックでカット。沙弥がダイビングクロスボディアタックからフォールも2。
 沙弥が走り込むが世羅が担ぐも沙弥が丸め込むが世羅が切り返す。そこへ藤本がサッカーボールキックを叩き込んで切り返しフォールも2。沙弥がグランマエストロも雪妃がカット。
 沙弥がコーナに登るが、雪妃が足をつかんで世羅が担ぐ。だが沙弥は着地。世羅がコーナーに振ると串刺しエルボーから串刺ダブルニー。フォールも2。
 世羅はエアーズロックを叩き込んでフォールも藤本がカット。

 アジュレボでダブルのチョークスラムから雪妃がスノウトーンボム。世羅がダイビングダブルニードロップを投下し3カウント。
20161229legendlady_yukihi
世羅「私達女子プロレス団体アイスリボンです。よろしくお願いします。12月31日アイスリボンの後楽園ホール大会があります。是非皆様のご来場お待ちしております。そしてですね、先程私達、アジュール・レボリューションというタッグの入場時に、歌が流れていたと思うんですけど、こちらの雪妃真矢が歌っているものでして、こちらで『Azure sky』を披露させていただこうと思います。皆さん是非盛り上がっていってください」
雪妃「はい、すいません僭越ながら、入場曲、先日12月にCDを発売させていただきましたのでそちらの曲を披露させていただきたいと思います。それでは聞いてください『Azure sky』(雪妃が『Azure sky』を熱唱)」

第5試合

20161229legendlady_6th ロックアップから雫がロープに押し込むがクリーンブレイク。
 手4つはKAORUが腕を噛み逃れると、KAORUが腕を捻りさらに両手にフットスタンプ。KAORUはヘアーホイップからコーナーで踏み潰す。雫をロープにくくりつけたKAORUはチサコとともに顔面を踏みつけ、さらにロープに振るも雫はショルダータックルでふっとばす。
 雫はボディスラムからエルボードロップ。さらにボディプレスを投下も2。
 雫は首投げからサーフボードストレッチ。返したKAORUが両手刈りで倒しフォールも2。KAORUは雫の後頭部をリングに叩きつけ、場外に投げ捨てると場外乱闘。

 リングに戻ると、雫がコーナーに振って走り込むがKAORUがビッグブーツで迎撃し再度ビッグブーツ。フォールも2。
 KAORUは机の破片で叩きつけると、ブレーンバスターで叩きつけてフォールもこれは凶器攻撃があったためカウントが叩かれない。
 KAORUはコーナー上に登りつけ机の破片を投下。雫は転がって逃げる。
 雫はボディスプラッシュからコーナーぎわでショートレンジラリアット連発。さらに串刺しラリアットからフォールも2。雫はノーザンライトスープレックスホールドも2。
 雫はアルゼンチンもKAORUは着地し、ラリアットを避けて飛ぶが、雫は追走ラリアット。だがKAORUもビッグブーツで迎撃しフォールも2。
 KAORUはムーンサルトを狙うが、雫は後ろからエルボーを叩き込んでアルゼンチンから正面に投げ捨てチョークスラム。更にネックハンギングボムからフォールも2。
 雫はアルゼンチンもKAORUが丸め込むが2。KAORUが走り込んだところを雫はカウンターのラリアットフォールも2。KAORUは机の破片で殴りつけてエクスカリバー。さらにヴァルキリースプラッシュを投下し3カウント。

第6試合

20161229legendlady_7th 先発はボリショイとLeon。グラウンドの攻防から華子が出てきてダブルのビッグブーツで倒しLeonは華子にタッチ。
 華子はビッグブーツで倒すがボリショイはすぐに立ち上がり、再度華子がビッグブーツからコーナーに振り串刺しビッグブーツ。逆コーナに振り串刺し攻撃も、ボリショイが腕を取りロープ渡り。ボリショイはアームホイップからKAZUKIにタッチ。

 KAZUKIはヘアーホイップからフェイスバスター。キャメルクラッチにとらえると、ボリショイがロープワークからの顔面ドロップキック。KAUZKIがバックドロップからフォールも2。
 華子のローキックとKAZUKIのエルボーの打ち合い。華子がロー連打もKAZUKがニー連打。KAZUKIが追走ニーから「ひ・ざ・こ・ぞ・う!」の声が小さいと再度追走ニー。
 Leonが出てきてKAZUKIをコーナーに振るが、KAZUKIが二人を次々ラリアットでなぎ倒し、

 KAUZKIはダブルニードロップを連発。華子は首投げからサッカーボールキック。華子はLeonにタッチ。
 Leonはコーナーに振ってダイビングフットスタンプも、避けたLeonがスピアー。Leonはミドルキックからフォールも2。
 Leonはボディスラムから華子も出てきてダブル攻撃を狙うが、これをカウンターのコードブレイカーからボリショイがコーナーに振りKAUZKIがアルゼンチンから叩きつけてフォールも2。

 ボリショイがフットスタンプからバックを取るが、Leonがバックエルボーで逃れボリショイがスピンキック、ボリショイは走りこんできたLeonに脇固め。

 Leonはそのまま担ぎ上げるが、ボリショイは卍固め。そのまま後転しフォールも2。ボリ性は走り込むもLeonは風車式バックブリーカー。そのままキーバでとらえるがKAZUKIがカット。
 Leonのミサイルキックを避けたボリショイがボリショイ式脇固め。これは華子がカット。

 ボリショイが掌底からロープに飛ぶがLeonは追走スピアー。コーナーに飛ぶがボリショイが追走掌底アッパー^。ボリショイがロープに飛ぶもLeonはアイド追走スピアー。ボリショイも再度追走掌底アッパーから走り込むと、Leonは巻き上げてキャプチュードバスター。フォールも2。Leonは華子にタッチ。

 華子はセントーンを投下。さらにノーザンライトスープレックス。
 華子は飛び込むがKAZUKIが避けてボリショイが掌底。KAZUKIが串刺しラリアットからK-クラッシャー。KAZUKIはダイビングダブルニードロップからフォールもLeonがカット。

 華子が雪崩式ブレーンバスターからフォールも2。華子は投げようとするが、ボリショイが投げ捨てジャーマンからLeonがスピアー。そのLeonにKAZUKIがコードブレイカーも華子がKAZUKIにシャイニングウィザード。
 華子は走り込むが、KAZUKIが避けて羽交い締め。ボリショイが走りこんで掌底もこれは誤爆。華子がハイキックから、Leonがマッドスプラッシュを投下。さらに華子が鎮魂歌ドライバーを叩き込んで3カウント。

第7試合

20161229legendlady_8th 先発は長与とダンプ。だがすぐにアイガーとZAPも出てきてリンチ。ダンプのラリアットを避けて長与がラリアット。フォールも2。
 長与は足4の字。これはZAPがカット。長与がZAPにチョップからロープに振ってニールキック。長与は豊田にタッチ。

 豊田はミサイルキックでZAPを吹っ飛ばすが、その背中にアイガーがタッチ。
 アイガーはヘアーホイップも、豊田もヘアーホイップ。アイガーがスライディングで飛び込むも、豊田は避けてダイヤル固め。豊田は井上にタッチ。

 井上はビッグブーツ連発からフォールも2。井上は走り込むもアイガーはラリアットで迎撃。アイガーはZAPにタッチ。
 ZAPは走り込むが、足を伸ばしてカットした井上が後頭部にエルボーからビッグブーツ。井上はロープに振るが、ZAPはラリアットで迎撃しフォールも2。
 ZAPは鉄の棒で井上を殴りつけるとロープにくくりつけて極悪同盟で集中砲火。ダンプが竹刀で殴りつけて、ZAPがロープに振るも、井上はガットショットからDDTで叩きつけて豊田にタッチ。
 豊田は走り込むもダンプが竹刀攻撃からZAPがストンピング。ZAPはアイガーにタッチ。

 アイガーはコーナーに登るが、豊田がロープを蹴りつけ落下させる。アイガーはコーナーから降りるとラリアット。フォールも2。
 アイガーは走り込むが豊田はビッグブーツ。さらにかかと落としからムーンサルトを投下。アイガーは長与にタッチ。

 長与にトレイン攻撃からアイガーが長与のラリアットを避けてDDT。アイガーはチョークスラムからフォールも井上がカット。
 長与のラリアットを避けてアイガーが羽交い締めにし、ダンプが毒霧を噴射も長代が避けて誤爆。ZAPが羽交い締めにしてダンプが一斗缶攻撃もこれも誤爆。
 長与が一斗缶を奪いダンプに一斗缶攻撃。長与はZAPにスクールボーイで3カウント。

エンディング

20161229legendlady_ed長与「クレーン・ユウ、影かほる懐かしいじゃねーかコノ野郎。ダンプ!膝攻めないでおいたぞ。決着は後にしよう。あとで話がある。今日はあの、ありがとうございます。神取選手のはからいで、全団体とはいかなかったですけど、色んな団体が集まってくれて女子プロレスを開催することになりました。ほんとに協力してくれた神取選手に感謝と、参加してくれた団体、選手に感謝したいと思います。来年は、来年は!来年は!来年は!!!来年は!!!!大仁田になってるな。来年は!来年は!来年は!絶対に、29日、30日、31日、どっかを女子プロレスにください!榊原社長!よろしくお願いします!井上貴子選手、ありがとうございました!全女はみんな元気です。来年あれだよね、なんかね、全女の赤いベルト賭けての、トーナメントとか出来るといい思う。神取さんさ、見てる?(近くで)見に来てよって。かんちゃん、神取、ここ(リング上)に居てよ。かんちゃん、アバラ折っちゃってるんですけど、見てくれてましたありがとうございます。さり気なくいる所がカッコいいんだよね。男前。来年はほんとに全女の(榊原社長を見つけて)榊原社長!みんな女子プロレス見たいか!(榊原社長を呼び込む)女子プロレス見たいか!全女を見たいか!(榊原社長がリングへ)榊原社長、来年、29,30,31日、どっか女子プロレスに一大会、ください!(榊原社長に向かって土下座)」
榊原社長「あの、女子プロのファンの皆さんこんにちわ。今回こういう機会で長与さんに出ていただいて、女子プロレス界でみんなで力を合わせようという熱い思いを聞いてこういう出会いになりました。ここからスタートで、日本の女子プロレス、昔はゴールデンタイムで楽しんでいて、僕もクラッシュギャルズは大好きでした。日本の女子プロレスが根付く文化を陰ながら一生懸命応援しますので、力をあわせて女子プロレス日本から世界に向けて、明後日、堀田選手、日本の女子プロレスラーの誇りを胸に、ギャビ・ガルシアと闘いますので、長与さんが言った心意気に胸が打たれて、僕も精一杯やりますのでよろしくお願いします」
長与「神取さんが冒頭で言ったように、女子プロレスが一つになる年だと思いますんで、自分たちは次世代をきちんと育てて、上に上げていく使命もありますので、よろしくお願いします」
榊原社長「ボクらの時代のスーパースターを超える若い選手達に次、次の世代に。それはファンの皆さんの力が必要だと思うんで応援よろしくお願いします」
長与「女子プロレスもっと盛り上げていきましょう!ありがとうございました!」
 

長与千種コメント

20161229legendlady_nagayo
長与千種
――こういう形でさいたまスーパーアリーナで女子プロレスの大会が開かれることになりました。実際に終えてみていかがでしたか?
「まだね、女子プロレス自体が未知数の可能性がいっぱいあるから、今回集まってもらったのはほんとに急なことだったので、全団体じゃなかったんですけど、かえって全団体じゃなくて良かった気がする。ほんとに集まるときって、来年になったらいいなと自分は思ってますので、来年に自分は集まればいいんじゃないかなと思ってます。もっと面白いことが出来るんじゃないかな。歴史があるので、古きを重んじて、今の選手たちがグッと台頭しないと。女子プロレス界を牽引する人達になっていかないと困るので、そのための、そのためにはなんでもしますけどね私もね」

――今回他団体を見て、注目すべき団体などありましたか?
「みんないい選手出してきたんだよね。みんな、ほんとに、いい選手を一本目から出してきたので、言うことないんですよね(笑)感謝感激。ありがたいなとホント思いますね。今日見た人たちって、きっと今まで興味なかった人たちも見てみてちょっと面白いと絶対思ったはず。絶対思ったはず。まずは興味を持たせていかないと、プロレスってダメなので、興味をもたせることから。この場所でやれたってこともありがたいですし、自分も本戦場の会場見た時に、昔これぐらいのことはやってたんだよって。何回もやってたよって思いで入場ゲート、選手の入場ゲート見た時にそこに女子プロレスラーを並べたいなっていう、皆がこうやってどこの団体も全部の団体が並んだらこんなカッコいいことないんじゃないかなってほんと思う。誇れる。だから、どの団体の選手も、誇りに思う。だから、並べたい。絶対並べたい」

――極悪同盟とも久しぶりでしたが、決着をつけないとという思いは
「あの、なぜダンプ松本がそこに出てきたかって、多分、昔プロレスを見てた人たちが、ちょっと入場フリーだったら見に行こうかなと思って来てくれるんじゃないかと。その時に今のプロレスを見て、面白いじゃんって思ってくれる起爆剤になれたかなって気がする。だからほんとに、まだまだ、今ちょっと膝の調子良くなさそうだけど、まだまだ、まだまだいけるんじゃないあの人。まだまだでしょ。伝説って基本なくならないからね」

――リング上で榊原社長と対面もありました
「ほんとに、今日今回このような機会をいただけて本当に感謝してます。神取さんに感謝してるし、全ての団体に敬意を評したいと思います」

――マーベラス代表としては若手の試合どうでしたか?
「どうでした?」

――1番声援が飛んでいたと思いました
「ほんとですか?たとえ、どんな試合でも、一瞬でも手を抜いたらプロとして失格なんですよ。やっぱり、長与は個人的にマーベラスの選手は自分のプライドなので、自分のプライドだと思ってるので、精一杯やって何よりだと思っております」

――リング上では赤いベルト復活という言葉もありました
「ほんとに、全女全女って(声援を)言ってる人いっぱいいたんだから、もうそろそろね、来年あたり出てきてもいいよね。お金返していけばいいんだから。お金返すよ。返す返す。返していく。ローンで。長与が、赤いベルトはローンで必ず返していきます。松永高司会長の、勝手ながら名代で自分がお金返していきますから、あのベルトをいただこうと思います。一生かけて払えば払えるでしょう」

――31日には堀田選手が本戦に出場しますがメッセージを
「今日もあの、堀田とちょっと会って、素人ながら、自分がもしやったんだったらこういう狙いしかないというのは言ったんですけど、頭のなかに入れておいてほしいんだけど、あれだけの、こんな(身長の)ハンデがあるんだから、そこに出るという勇気だけでもう彼女は勝ったんですよ。自分に打ち勝つことが一番すごいことだから。だから、あとは、怪我がないように、なるべく怪我が少なく、そして、ほんの一ミリでも隙があったら
行けです。行けです。で、勝手にギャビの事は言ってますけど、ギャビ・ガルシアは女子プロレスラーになるべき。ほんとに。言っといて誰かギャビに。英語で。だってさ!ある程度さ、やりつくしてさ、勝ち尽くしても面白くないんだから、あとは女子プロ来て、力を遺憾なく発揮すればいいんだもん。だからほんとに、明日明後日堀田は、良い顔でリングに上がりますよ。いい笑顔で。そして、どんな状況になってもあの子はキャリアを積んで、リングを降ります。それだけでも(拍手)偉い。偉い」

――今日集まった女子プロレスファンに最後にメッセージを
「女子プロ捨てたもんじゃないですよ。ほんとに。80年代の前に、70年代にもブームがありましたし、80年代にもブームがありました。でも90年代から今少し眠ってたものが少しずつふつふつと起き上がってきてる最中なので、必ずですね、また、復活すると思いますフジテレビで。復活させましょう。じゃなきゃ、女子プロじゃない。じゃなきゃ全女全女ってコールなんか起きないんだから!うん。ほんとそう思う。そうなれたらやっと!やっと胡座かきます(笑)胡座かいて、ウロウロして、焼きそば焼いてます」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別

ページ上部へ戻る