神田明神での奉納プロレスで18歳の現役女子高生レスラー相手に声優レスラーがストリップアクション!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、秋葉原・神田明神にて奉納プロレスが行われた。毎年靖国神社では奉納プロレスが行われているが、神田明神にて奉納プロレスが行われるのは初めてのこととなる。
 その奉納プロレスを行ったのは女子プロレス団体『アイスリボン』。専業レスラーから小中学生、高校生にOLや主婦、グラビアタレントや俳優なども参加する女子プロレス団体であり、2006年に旗揚げしたアイスリボンは今年10年目を迎え年間100大会以上を開催。被災地の小学校や全国のイオンなどでもプロレスを行い、子供から大人まで『プロレスでハッピー!』にすることをモットーとしている。
 2016年には業界初のサンリオピューロランドでのプロレスを成功させ、世界的キャラクターであるキティちゃんとのコラボレーションも果たした今注目の団体だ。

 その第1試合にて、2011年に秋葉原を舞台にしたゲームとして発売された『AKIBA’S TRIP』シリーズとのコラボレーションを行うことに。リアルな秋葉原の町並みもさることながら、独特な戦闘システム“ストリップアクション”により注目を浴びた本作は、続編の展開やコミカライズなどを経てついに1月よりTVアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』の放映が決定。12月15日にはPS4ソフト『AKIBA’S BEAT(アキバズビート)』、今冬にはブラウザ&アプリ・ゲーム『AKIBA’S TRIP Festa!(アキバズトリップ フェスタ!)』、2月にはPS4ソフト『AKIBA’S TRIP2+A』と怒涛の『AKIBA’S TRIP』シリーズラッシュが開始。
 そんな『AKIBA’S TRIP』が神田明神にて成功祈願を行う事となったが、同時期に奉納プロレスが偶然開催される事を知り「リアル・アキバズトリップをしよう!」と今回のコラボレーションが実現したという。

 第1試合で行われた『AKIBA’S TRIP』シリーズ成功祈願奉納プロレスには、18歳の現役女子高生レスラーの弓李と、広島県世羅町長の娘であり声優学校卒業後三木プロダクションに所属している世羅りさが出場。
 まずは『アキバズトリップフェスタ』の空閃真白(くがましろ)のコスプレをした弓李が入場し、続いて宮乃杜朱羽(みやのもりあけは)のコスプレをした世羅りさが入場。

 試合が始まると早速世羅がロックアップからスカートを脱がそうとするが、耐えた弓李がエルボー連打でダメージを与え世羅の服を破壊。上半身があらわになった世羅が弓李をロープにくくりつけてリング上から客席にいる池畠博史監督に「クオリティはいかがですか?」と質問し、池畠監督が「素晴らしいと思います」と答えるとこれに満足し弓李を蹴りつけキャメルクラッチ。女子高生をいじめる世羅に会場からブーイングが飛ぶも「テメーらだって見てーだろ!」と弓李の上半身を見事ストリップ!
 「どうだ人前で脱がされる気分は?」と言葉攻めをした世羅に弓李は反抗しエルボーを連打!しかしスカートが脱げてしまうと床に座り込み、そこを世羅が必殺のエアーズロック(=アティテュード・アジャストメント)を叩き込んで3カウントを奪った。

 試合が終わると、リング上に『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』の池畠博史監督、『AKIBA’S TRIP』シリーズを発売している株式会社アクワイアの宮田雅章プロデューサー、『AKIBA’S TRIP Festa!』の富永竜也プロデューサーが登場。
 それぞれ各作品の紹介を行うと、最後に池畠監督が「今日に負けないぐらい面白いアニメを作るんで皆さんよろしくお願いします!」と超満員札止めのプロレスファンへ向けてメッセージを送った。

 試合終了後、選手とともに囲み取材を終えた監督とプロデューサーは12月16日~1月9日までヨドバシAkiba1Fの飲食店にて配布されているアキバズトリップ絵馬シールに成功を祈願したメッセージを書き奉納。
 アイスリボンの藤本つかさ選手代表は「今年のアイスリボンは色んな他業界と沢山コラボレーションしてきました。やっぱり新しい業界、異業種と組むっていうことはそれだけ新しい人にプロレスを知ってもらうチャンスだと思うので、どんどん積極的にやっていきたいなと思います」と手応えを感じた様子で、大晦日に行われるアイスリボン後楽園ホール大会の成功を祈願した。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×