【会見】次期挑戦者のMAZADAの印象を「インテリ●●ザ」と称した児玉裕輔がクルーザー級の高みを目指す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月9日(金)後楽園ホール大会にてMAZADAを挑戦者としてWRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップの防衛戦を戦うことが決定した児玉裕輔が記者会見を行った。現在の王者の心境とはどのようなものなのだろうか。

児玉裕輔
「児玉です。先日の後楽園ホール大会でカズ・ハヤシから防衛しまして、次回12月9日、後楽園ホール大会でMAZADAとクルーザーディビジョンのタイトルマッチを行うことになりました。正直、MAZADAが出てくるっていうのは意外だったんですけど、カズ・ハヤシから防衛して自分の中でもかなり大きな自信になったので、僕がこのままクルーザーチャンピオンとしてドンドン突っ走っていきたいと思います」

――本日会見には来られていないですが、MAZADA選手についてはどのような印象をお持ちですか?
児玉「そうですね、印象としては…たぶんスゴイ怖さを持っている人だなって思っています。挑戦表明した時もなんか腰低い感じで来てるんですけど、ああいう人間じゃないと思ってるんで。僕はあんまりこういう言い方はだめかもしれないですけど、インテリ○○ザみたいな。まぁそこは僕は気を張っているので大丈夫だと思うんですけど、タイトルマッチでどんな感じで来るかっていうのが全然読めない人ですね。どんな感じで来ても倒すだけなんですけど。僕はあんなに恐ろしい人間を知らないですね」

――今までシングルで戦った経験はありましたか?
児玉「シングルはやったことないですね。タッグもほとんど…そうですね、数えるぐらいしかないですね」

――やはりそれは先ほどおっしゃっていた怖さという点にも影響しているのでしょうか?
児玉「試合はずっと見てきている人なので、いろいろな切り口で戦ってくるレスラーだとは思っているんですけど、このタイトルマッチの舞台でどういうことを仕掛けてくるかは全くわからないですね、MAZADAに関しては」

――次回のタイトルマッチに向けて何か見せたいテーマみたいなものはありますか?
児玉「そうですね、まぁ前回のカズ・ハヤシ戦が自分の中で結構デカくて。鼓太郎戦もそうなんですけど、上の世代に一つ結果を残したっていうのは自分の中で大きな自信になりましたし、さらにチャンピオンとしてもっともっと高見を目指していこうって気持ちも入りました。そういう所を次回のMAZADA戦では見せていきたいと思います」

 難敵に次ぐ難敵。もちろん世代間の争いをしている以上、自分よりキャリアも実績も上の人間が挑戦者として現れるのは、王者である以上当然の事。しかしながら絶対王者となりつつあった鈴木鼓太郎を倒し、吉岡世起、ジェイ・フレッディーと同年代の挑戦者を退け、提唱者のカズ・ハヤシまで倒した児玉は、ある種の安定感すら感じさせるようになってきた。ただ迎える挑戦者・MAZADAは一筋縄ではいかない。気持ちのみで勝てる相手ではないことは確かである。若き王者・児玉はこの試練を乗り越え、クルーザーの新世界を見せつけることができるだろうか。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 SHINING WINTER』
日程:2016年12月9日(金)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】黒潮“イケメン”二郎
※第10代王者、初の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】MAZADA
※第5代王者、4度目の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎
vs
【挑戦者組】土肥孝司/熊ゴロー
※第7代王者組、2度目の防衛戦

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】稲葉大樹/アンディ・ウー/吉岡世起
vs
【挑戦者組】近藤修司/葛西純(FREEDOMS)/NOSAWA論外
※第51代王者組、4度目の防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×