大仁田がハヤブサ復帰の舞台として予定していた5・5川崎まで団体を守ると宣言!悪性脳腫瘍の闘病に入るRayが「お楽しみはこれからだ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

“FMWの象徴”だったハヤブサさんの急逝から、9日。超戦闘プロレスFMWは3月12日、埼玉・宮代町コミュニティセンター進修館で、ハヤブサさんの死後、初の大会を開催した。
会場には、ハヤブサさんの遺影を置いた献花台が設けられ、第1試合開始前には故人の冥福を祈り黙祷が捧げられた。
ハヤブサさんの急死は、FMWの選手たちにも大きな動揺を与えた。ほとんどの選手が、その死をまだ受け止められずにいた。それは、FMW大将・大仁田厚も同様だった。
試合前、重い口を開いた大仁田は「ハヤブサのお母さんと話したんだけど、『息子は来年5月5日、川崎球場で復帰することを目指していました。それを願っていました』と言ってたんだよ。その言葉が頭から離れなくて・・・。来年5・5といえば、一周忌が過ぎたあたりになるし・・・。FMW選手会としては、『ハヤブサ選手の目標は、俺たちの目標でもある。ハヤブサ選手のためにも、選手全員が一丸となって、前を向いて、来年5・5川崎までFMWを守っていこう』という結論に達しました。その思いを、オフィス側にぶつけたい。ハヤブサが亡くなったことで、団体が存続するのか、4・27後楽園で終わるのか? あとはオフィスで判断することになる」とコメントした。

この日のメーンイベントでは、FMW軍VSW★INGモンスター軍(以下、W★ING軍)による「有刺鉄線ボード・ストリートファイト賞金タッグマッチ」が予定されていたが、W★ING軍・雷神矢口の要求を、FMW軍が受諾し、急きょ8人タッグマッチ(大仁田&保坂秀樹&リッキー・フジ&HASEGAWAVS矢口&NOSAWA論外&橋本友彦&バッファロー)に変更された。
大仁田はW★ING軍の猛攻にあって、有刺鉄線ボード上に、ブレーンバスターで投げられ、2つの有刺鉄線ボードでサンドイッチにされるなど窮地に陥った。しかし、ピンチを脱した大仁田は、論外を捕獲すると、サンダーファイアーパワーボム5連発で、粘る論外から3カウントを奪った。
その直後、論外に、なにごとか話しかけた大仁田は、引き揚げようとする論外に右手を差し出すと、論外もそれに応じた。試合後、大仁田も論外もノーコメントを貫き、2人の握手の真意は謎のまま。これはいったい何を意味するのか?
そして、大仁田は悪性脳腫瘍のため、長期欠場に入ったRayをリングに招き入れ、「絶対にオマエが帰ってくるリングを守る!」と絶叫。Rayは「治療がどれくらいの期間かかるかわかりませんが、必ず脳腫瘍を克服して、FMWのリングに帰ってきます。それまで待っていてください」と話した。

2016-03-13FMW2
長期欠場のRayがハヤブサさんの曲を熱唱 Leonは継続参戦に意欲

悪性脳腫瘍のため、宮代大会を無念の欠場となったRayが、セミファイナルの前にコスチューム姿で登場し、あいさつ。Rayは恩師であるハヤブサさんの曲「頑張っているあなたへ」を熱唱し、故人を偲んだ。そして、Rayはハヤブサさんの名ゼリフである「お楽しみはこれからだ!」と叫んだ。Rayは16日に都内の病院に入院し、放射線、抗がん剤治療に入る。
Rayのあいさつの後を受けて、女子タッグマッチが行われた。「ボラドーラスL×R」のコンビ名で活躍するRayの盟友・Leon(JWP)が、ハイビスカスみぃと組み、ミス・モンゴル&花月と対戦。
昨年11・14新木場以来のFMW参戦となったLeonは立体的な攻撃で、モンゴル組を苦しめたが、“FMW女子”の意地を見せたモンゴルが、強烈な逆エビ固めで、みぃからギブアップを奪った。
Rayから「私の代わりに、FMW女子部を守ってほしい」と要請を受けているLeonは、「久しぶりのFMWマットは楽しかった。FMWのファンは温かい。Rayがファンの皆さんから愛されているということがよくわかりました。またチャンスがあれば、自分なりのファイトで頑張りたい」とコメント。

☆ハヤブサさんの訃報を聞き、旧FMW2代目リングアナの山田敏広氏が来場し、急きょ、宮代大会のコールを担当した。かつて、大仁田のマネジャーも務めていた山田氏は、大仁田から要請を受け、4・27後楽園でリングアナを担当することになった。
☆第1試合開始前に、ミュージシャンのミック入来が登場し、ミニライブを行った。

<試合結果>
『超戦闘プロレスFMW「雪解けのカルナバル」開幕戦』
日程:2016年3月12日(土)
会場:埼玉・宮代町コミュニティセンター進修館
開始:18時
観衆:300人(満員)

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●那須晃太郎
14分15秒 ラリアット→片エビ固め
○バッファロー

▼第2試合 3WAYマッチ 30分1本勝負
○戸井克成
9分24秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
●木更津ピエロ
※もう1人はパンディータ

▼第3試合 タッグマッチ 45分1本勝負
●HASEGAWA/リッキー・フジ
11分35秒 爆YAMAスペシャル→片エビ固め
○W★ING金村/橋本友彦

▼第4試合 FMW女子プロレス タッグマッチ 45分1本勝負
○ミス・モンゴル/花月
13分43秒 逆エビ固め
Leon/●ハイビスカスみぃ

▼第5試合 FMW軍対W★INGモンスター軍~有刺鉄線ボード・ストリートファイト賞金8人タッグデスマッチ 無制限1本勝負
○大仁田厚/保坂秀樹/リッキー・フジ/HASEGAWA
17分57秒 サンダーファイアーパワーボム→エビ固め
雷神矢口/●NOSAWA論外/橋本友彦/バッファロー

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×