宮本裕向が5月に中国・大連の大会場でプロレス興行を開催!関本、円華、大畠、藤本、中島らも参戦

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

3月4日、千葉県浦安にある某五つ星ホテルで暗黒プロレス組織666の宮本裕向が記者会見を行い、5月28日(土)に中国・大連体育センターでプロレス興行『幸存者2016 PRO-WRESTLING〜中国巡業大連開幕戦〜』を開催することを発表した。
会場となる大連体育センターはジャスティン・ビーバーやBIGBANGがコンサートを開催したことがある最大収容人数1万人以上の大会場。なお、大連でプロレスの興行が開催されるのはこれがはじめてとなるが、試合だけでなくセクシーダンスなどの演芸を含めたトータル5時間に及ぶビッグイベントになるという。

会見には宮本のほか、今大会への出場が決定している大日本プロレスの関本大介、フリーの円華、プロレスリングWAVEの大畠美咲、アイスリボンの藤本つかさ、JWP女子プロレスの中島安里紗も出席して、それぞれ意気込みを語った。

関本「実は私、昔から中国とは縁が深くてですね。三国志が大好き! で、横山光輝先生が描いた三国志を小学校4年生のときから60巻読破しました。いま現在ではまったくその時の記憶はございません! でも三国志大好きなので嬉しいです。中国のロマンです。中国で試合をしたことはないですが、行ったことはあります」
円華「私も中国には行ったことがないし、大連というところはまったく予備知識もないのですが、人口はどれくらい?(宮本のWikipedia調べによると600万人)600万人? すごい! それ以上の予備知識は敢えて入れずに、何なら対戦カードも知らないので、当日現地い行ってのお楽しみにしたい」
大畠「このお話を頂いたときに言ってる規模が大き過ぎて、ちょっと信じられなくて(苦笑)。しかも何か(宮本が)胡散くらい格好もしているので、半信半疑だったんですけど。でもこうしてちゃんとした記者会見の場もあるということで、本当に行くんだなという実感がやっと沸いてきました。日本人の女子プロレスラーとして大畠美咲という名前を刻めるようにアピールしていきたいと思います」
藤本「私も最初は半信半疑で、今日も『10時50分時間厳守』っていうふうに言われてきたんですけど、当の本人の宮本さんがもちろん遅刻。何で遅刻なんだろうって思ったら、11時過ぎくらいにフェラーリに乗って、このスーツで、サングラスをして来たんです。それをたぶん見せたくて『10時50分時間厳守』って言ったんだなと。たぶんすごい気合いが入られているんだと思います(笑)。中国は行ったことがないんですけど、せっかく宮本さんに選んでいただいたので、女子プロレスを広めて美味しい中華料理を食べたいと思います」
中島「私は海外で試合をするのが今回ではじめてになるので、どんなふうになるんだろうってまったく想像がつかないんですけど、日本の女子プロレスという文化を中国に見せたいなと思いますし、女子プロレスの最高峰のものが見せられるメンバーだと私は思っているので、女子プロレスの熱を中国にも広げていきたいと思います! あと夜は紹興酒を飲みたいと思いますね〜」

160304_Miyamoto②さらに昨年666にレギュラー参戦していたワハハ本舗所属にして西口プロレスにも参戦しているKIDも出席。選手としてではなく日本語リングアナとして参加するというKIDは某レスラーのモノマネを披露してみせた。
会見に出席した選手に加えて、フリーの石川修司、木村響子、666の忍、SOSのヘラクレス千賀の参戦が決定。日本人選手のみが出場する大会で全8試合を予定しており、すでに決定している対戦カードもあるとのことだが、大会プロデューサーの宮本は敢えて当日までカード発表しないとのこと。

宮本はこの大会開催に向けて約1年前から動き出しており、すでに中国で興行会社を設立し、リングも新調。昨年11月に現地でマスコミ約50社を集めて記者会見を開き、大会の開催を大々的に発表。現段階で約2000枚のチケット予約が入っているという(当日はステージや花道などを設置する関係で、最大収容人数は8000人前後になる予定)。
それだけに今回1度きりの開催ではなく、今後も日本のプロレスを中国の人たちに見てもらうため、中国の各都市で継続的に大会を開催していきたいという。宮本は将来的には中国人レスラーも育てていくことも考えているとのこと。

(文・写真/佐瀬順一)

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×