学生プロレスサミット2016直前インタビュー[第2回]ショーモ・ナイケルズ(SWS4年)

  • 0
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット』が、今年も2月26日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスサミットも今年で8年目となり、今年はUWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、九州産業大学プロレス研究部(KWF)の4団体に加えHWWA(一橋大学世界プロレスリング同盟)が5年ぶりに正式復帰。

団体としては一年に一度のお祭りであり、選手としては卒業を目前にし学生プロレスラーとして最後の試合になる選手もいる。そんな彼らの生の声を聞くべく、各団体の選手にインタビューを行った。

二人目はSWSガクセイプロレス(帝京など東京都多摩地区の大学を中心)に所属し、4年連続サミット出場となるショーモ・ナイケルズ選手に直撃した。

<ショーモ・ナイケルズ(SWS4年)>
――まずはショーモ・ナイケルズ選手とはどのような選手なのでしょうか?
「自分で言うのも何ですけど、細くて見た目は頼りない、プロレスラーには程遠い見た目なんですけど、でもプロレスに対する気持ちだけは他の選手に負けないと思ってます。プロレスが好きだからこそ、こんな体型でも4年間やってこれたっていう自信はあるんで。そこはショーモ・ナイケルズという選手像として一番大事にしてる所ですね。プロレスが好きっていうところを」

――細身の体型で苦労したことはありますか?
「やっぱりありますね。どうしても力負けしてしまうのとか、やっぱり学園祭とかで試合するにあたって一見さんが多いと、どうしても身体が大きい方が強く見えるし技とかにも説得力がでるんで、そこら辺はどうしようかと試行錯誤してましたね1,2年生の時は」

――その試行錯誤の末、今の体型で行こうと吹っ切れた理由はなんだったのでしょう
「きっかけは2年生の秋にSWSジュニアヘビー級のベルトを当時の王者だったタイガーベッドシーン(=鈴木心/いたばしプロレス)から取った時に、それまで自分がやってたプロレスが認められたというか、一つ形にできたというので、それがきっかけでもう俺は俺のプロレスを、自分が信じたプロレスをやればいいんだと思うようになりましたね」

――先輩たちの中で一番尊敬していたり影響を受けた選手はベッシンさんと
「影響1番受けたのはタイガーベッドシーンさんですね。今鈴木心という名前でガンバレ☆プロレスなどで闘ってるベッシンさんです。あの人が唯一自分を可愛がってくれて目にかけてくれた人なんで。練習場とかでもいっぱい指導受けましたし、プライベートとかでもご飯に連れて行ってくれたりだとか、いつも自分の大切な試合があった時に、試合前と試合後に必ずLINEをくれて、『明日何々の試合だね頑張ってね』だとか、試合終わったら『何々だったねお疲れ様』だとか、(学生プロレスを)引退した時も1番にLINEくれて。マメだなと思いましたね。あの人はほんとに尊敬してますね」

――今回学プロサミットの代表であるハス向井理選手は2014年の学プロサミットのタイトルマッチで勝利もしている同期ですが、彼の印象はいかがでしょう?
「同期の目からしたらあいつはクソ野郎ですね!周りやファンの人から見たらカッコいいとか、筋肉もすごい技もすごいプロレスも上手い、強いカッコいい素敵な男性って思われてるみたいですけど、同期から見たら全然そういうことはなくて、顔も良くて筋肉もすごくてプロレスも上手いっていうのはわかるんですけど、結構頭のぶっ飛んだところが結構あって。常識がないというか、結構ぶっ飛んだ発言をするんですよ。例えば嫌なことがあったとして、自分と同期の違う奴が話しててそれを理が聞いてたらしく『そんな奴ぶっ飛ばしちまえばいいんだよ』とかポロッと素で言ってきたりとか、理に色々難しい話とかしてると『わかんねー、もういいんじゃねー』とか話の途中で遮ってぶん投げたりだとか、ほんとに考えてんのかって思うことが何度もあって、すごい面白い奴ですけどね」

――そういう所はハス向井理選手が目指している飯伏幸太に近いものがありますね
「イメージとしてはそんな感じですよね。結構ぶっ飛んだ発言があるので、たまに理怖いと思う時あります。車でドライブしてて、明らかに行ける距離じゃないんですけど『行けるよ行ける行こう行こう』って言って同期の奴3時間ぐらい車で連れまわしたりだとか。お前運転手じゃないから言えるけどとかいうのもあって」

――ハス向井選手が運転してたのではないんですね!?
「他の同期の奴が運転してて、あれこれ言ってっていうのとか結構ありますね。エピソード言ったら飯伏選手と同じような事あると思います。他の同期に聞いても同期の中で1番頭おかしいのは理じゃないって意見は結構上がってくると思いますよ」

■SWSガクセイプロレスとは

――所属されているSWSはどのような団体だと思っていますか?
「難しいですけど、良くも悪くも自由ですね!プロレスの枠にとらわれない団体だと思ってます。例えば、普通のプロレスは男同士の闘いがメインだったりとか、派手な投げ技、高い所から飛んだりとかが多いんですけど、うちはそういうのももちろんありますけど、どちらかというとコミックマッチというか面白さを重視していて、学園祭の試合とかでもだいたいお客さんを笑わせるような試合が一試合かニ試合ある団体なんで、プロレスという枠で考えるんじゃなくてお客さんを楽しませるエンターテイメントとして考えているのがSWSですね」

――SWSとしてUWFやNUWAに絶対負けない部分というのはそこだと
「面白さですね。絶対お客さん笑ってくれると思うんで。例えばUWFの選手だったら顔もいいし体格もいいし、NUWAだったら皆テクニックがすごいんで練習量もすごいんで技術者が多いんですけど、SWSは顔も良くない身体もできてない、女にモテなさそうなダメそうな人間ばっかなんですけど、そのぶん見てて面白がられるというか笑いにしてもらえるんでやってて面白いですね」

――昨今学プロのリア充化が深刻でしたがもとに戻りつつあるわけですね
「いやSWSだけ取り残されてますね!UWFさんは言わずもがな。彼女が居る奴らが多くて、NUWAも最近の傾向でいうと彼女作る奴も何人も出てきて。自分の同期の中でもUWFもNUWAも彼女できて、SWSは自分以外の同期4人いるんですけど全員素人童貞で、リアルの女性の友人すらいなく、ほんとに、SWSに女子部員が居るんですけど、その女子部員とすらまともに話すことすら未だにできないぐらいなんですけど、女性とのコミニケーション能力が乏しい団体なんですよ。自分が唯一彼女がいて長いこと付き合っててって感じなんですけどね」

――学生プロレスを体現した団体なんですね
「SWSは昔から変わらない非リア充の伝統を守っています!」

2016-02-12学プロインタビュー_ショーモ・ナイケルズ■ショーモ・ナイケルズではなく後藤護として

――現在ショーモさんはプロレス以外では何をやられているんでしょう?
「特にないんですよね。趣味はプロレス見に行くくらいで、ほとんどバイトしてますね。百貨店の洋菓子の販売員の仕事やってまして、周りおばちゃんばっかりで男の若い人は自分ぐらいで、ほんとプロレスの時とは考えられないぐらいの営業スマイルと、どっから声出してるのかわからない感じのいらっしゃいませーの笑顔を振りまいてお客さんにヘコヘコして、プロレスやってるショーモ・ナイケルズという顔と、百貨店のバイトしてる後藤護っていう、人格2つあるんじゃないかというぐらいのことは思いますね。彼女とかにも、プロレスやってる時とバイトで接客してる時は全然違うねと言われます」

――彼女もプロレスが好きだったんですか?
「いや全くですね。最初に出会ったのが百貨店のバイトで一緒で、一個上なんですけどバイトで出会って、色々頑張って頑張ってアタックした結果付き合えることになって。去年の夏の試合1回だけ来てもらって、自分の中で勝負の試合だったんで来てもらったら最初は引いてましたね。あんなに殴られてダメだろうと。元々格闘技とかも一切見ない子だったんで、プロレスラーとしての自分を好きになってもらったんではなく普段の後藤護を好きになってもらった感じです」

――素朴な疑問ですが、先ほどプロレスだけが趣味とおっしゃってましたがプロレスを見ない彼女とはどんな会話をしてるんでしょう
「すごい当たり障りない会話してますね。彼女は社会人一年目なんで仕事の愚痴を聞いて、自分はもう学校の単位が取れないだとかバイトでこんなお客さんが来ただとかの話をして。彼女の方が結構喋ってくれるタイプなんで、今度ここ行こうとか色々引っ張ってくれるんで、そこがすごいありがたいと思ってます」

■学生プロレスを終えて

――学生プロレスラーとして最後の試合になるわけですが、4年間やってきていかがでしたか?
「特にでも4年間で、こういうのを目指そうとかこういうのがいいとかあまり考えてなくて、ひたすらその試合試合ごとに、自分のやりたいことを全部やって、一試合一試合絶対自分のやりたいことを詰めて、後悔だけは、あの時この試合でこうしておけばよかったなとは思わないようにしてるのでそのぐらいですかね。ほんとに好きなことを好きなだけ試合でやるっていうのを毎回やってましたね」

――4年間やってきたことは就活に活かされましたか?
「えー・・・言ってしまえば、高校時代まではわりとリア充派な人間だったんですね僕。友達もいっぱいいて、ちゃんと遊びにも行くし恋愛もして友達と出かけてとかあったんですけど、大学入って学生プロレスに入ってから大学4年間で一人も学プロ以外の友だちができず、つい最近まで一人だったもので授業とかもついていけずに最近まで単位が残っていて、コミュニケーション能力は自分で言うのもあれですが元々あったはずなんですけど、学プロやってから就活始まるまで3年間ほとんど学生プロレスの人としか話さなかったんで大学の時。それが仇となっていざ就活初めてグループワークとかグループディスカッションとかでどうしようってなってる自分が居て、俺ってこんなにコミュニケーション能力なかったかな!?ってなって。そうだ、学プロのコミュニケーション能力の無い奴らの中で過ごしていたから俺もこうなってしまったんだ~~!っていう風に思った時に、ちょっとだけ学プロってこういう弊害もあるんだなと思いましたね(遠い目)」

――ぶ、無事就職はできたんでしょうか?
「無事就職はできました!できてます大丈夫です」

――良かったです!目指している所に入れました?
「そうですね。最初食品系の会社を目指していてずっと受けていたらなんとか」

――就職氷河期は終わったんですね
「いやーそんなことはないですね。今年就活のシステムが変わって次期が後ろ倒しになってその分短い期間で進めるとなった時に、やっぱりどうしてもスロースターターな人というか、パッと就活始まると切り替えて短期間で行けた人は行けたと思うんですけど、長い間ゆっくりゆっくりやって行くタイプの人だと苦戦するというか。自分の同期も半分ぐらいまだ決まってない人がいるんで。一人は留年が決まっていて一人がまだ頑張ってる途中なんですけど、就職氷河期は終わったって感じはしないですね。ただ働き口はいっぱいあると思うんで、選り好みしなければ絶対どこかで就職できるような環境にはなったと思います」

――では残していく後輩たちに伝えたい事はありますか?
「学生プロレスを楽しむ事はもちろんなんですけど、自分の好きなプロレスをやったりだとか。それはもちろんなんですけど学業は疎かにするなと言いたいですね!あの、ちゃんと3年生までに単位はある程度取り終えて、4年生になったらパタッと就職活動に向けての身体というか流れにしていかないと絶対ついていけなくなって、自分の同期もあんまり、一人は留年決まってて、自分も4年生の後期まで単位を取りつづけてもう一人もそうなので、一人だけ単位3年まで取り終わってましたけど。学業を疎かにしないで欲しいですね。学生プロレスをやってるからって理由で甘えるんじゃなくて、ちゃんと学生生活をエンジョイして、学生プロレスもやって、就活はほんとに厳しいんで。メンタルがやられるので」

――ありがとうございました。最後に学生プロレスサミットへの意気込みをお願いします
「(学プロサミット)4年目で、(学プロを)引退してからのプロレスの試合っていうのがどういうスタンスで臨んだらいいのかなって考えてたんですけど、試合が決まった当初は。今は、最後の試合になるんで学生プロレスサミット2016が。最後だからって変に着飾ったり無理なことしないで、いつも通り、これまで通り自分のやりたいプロレス、好きなプロレスをやって、相手の奴らをぶちのめせばいいかなっていう感じです。お客さんに楽しんでもらえればオールOKという感じですね」

『学生プロレスサミット2016』
日時:2016年2月26日(金)
会場:新宿FACE
開場:17:30 開始:18:30

▼第1試合 タッグマッチ
ディック・ズレーター(NUWA1年)/ちんげそーれ親父(SWS1年)
vs
カンニングばれ山(UWF1年)/チョコット・シタイナー(SWS1年)

▼第2試合 6人タッグマッチ
クリトリスティアーノ・ロナウド(HWWA2年)/潮崎マジックミラー号(HWWA1年)/MOCOみちのく(HWWA1年)
vs
アレクサインダー大塚(SWS4年)/ボジョレー女房(UWF3年)/ジェロム・メロンパンナ(NUWA1年)

▼第3試合 タッグマッチ
”両刀戦士”ホテルニューハーフオータニ(UWF3年)/ダスティ・ソーローデス(SWS3年)
vs
天草ちろう(KWF4年)/MASATAKA∞(KWF2年)

▼第4試合 前半メインイベント NUWA三冠ヘビー級王座戦
【王者】馬並勃巳(NUWA3年)
vs
【挑戦者】剛力アクメ(UWF2年)

▼第5試合 イリミネーション4WAYマッチ
パットイッテ・フェラ(UWF2年)
vs
ダイノベンヲ・モラス・ペイジ(NUWA3年)
vs
ショーモ・ナイケルズ(SWS4年)
vs
お尻TAJIRI蟲(SWS3年)

▼セミファイナル タッグマッチ
徳川yeah!ass!(SWS3年)/チンポール・ロンドン(SWS2年)
vs
フェラナンテ・ドーデス(UWF3年)/三村マザファッカズ(UWF2年)

▼メインイベント シングルマッチ
ハス向井理(UWF4年)
vs
オナホ・ハズシタ(NUWA4年)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る