K-1一夜明け会見で2016年に-65kgと-60kgで日本&世界トーナメント開催を発表!K-1甲子園も3階級に規模拡大!武尊はRIZIN出場を再アピール

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11月22日(日)東京・ベルサール飯田橋駅前にて「K-1 WORLD GP 2015 〜THE CHAMPIONSHIP〜」の一夜明け記者会見が行われた。

会見では前田憲作K-1プロデューサーが、新生K-1として過去最高の4800人超満員となった昨夜の大会を総括した。

「たくさんの方々から3大タイトルマッチが面白かったという声を聞いてうれしく思います。昨日の大会は大成功だったし、これもみなさんのおかげだと思います。
(大会のMVPは?)個人的には卜部兄弟かな、と。泣けましたからね(笑)。功也選手が眠れない日々を過ごしていたのを知っていましたし、弘嵩選手がタイの練習中に肉離れになって歩けない状態だったことも知っていました。言葉にならない想いがあるし、2人をMVPに選びたいです。

タイトルマッチ以外ではK-1甲子園の試合が印象に残りました。毎年本当にいい選手が出てくるなと思いましたし、-65kgで優勝した篠原悠人選手に注目しています」

そして前田プロデューサーは2016年の大会プランを発表した。この1年は初代王座決定トーナメントとしてワンデートーナメントを行ってきたK-1だが、いよいよ来年は-65kgと-60kgの2階級で日本&世界トーナメントを開催する。

両階級とも8選手参加の「日本代表決定トーナメント」の優勝者が、同じく8選手参加の「世界最強決定トーナメント」に出場する流れで、各階級王者とは別に「2016世界トーナメント優勝者」として認定されるシステムだ。(※各階級王者もトーナメントには参戦予定)

大会スケジュールは3月4日(金)「-65kg日本代表決定トーナメント」、4月24日(日)「-60kg日本代表決定トーナメント」、6月24日(金)「-65kg世界最強決定トーナメント」、9月19日(月・祝)「-60kg世界最強決定トーナメント」となる。

「新生K-1を1年間やってきて、日本トーナメントの開催を希望する声を多くいただいたので、ついに来年は日本トーナメントを行うことになりました。どちらも層が厚い階級なのでみなさんが楽しみな選手が出てくると思います。これまで通りK-1と契約している選手やKrushの選手から選んでいきたいと思います」と前田プロデューサー。これまで各階級王者を中心に激しい試合が繰り広げられてきたが、来年はタイトルマッチだけでなく日本・世界トーナメントでファンを盛り上げることになった。

昨日の大会で“-65kg日本人頂上決戦”と謳われた左右田泰臣との一戦を制した野杁正明。会見では「反省点もあったけど日本人頂上決戦と言われる試合をクリアすることが出来てホッとしています」と挨拶し、試合を振り返った。

「僕の中では作戦通りにできたかな、と。試合後に左右田選手と話すことがあったんですけど『僕の作戦のミス』と言っていて、逆に僕は作戦通りに戦えたかなと思います。事前に色々と作戦を考えていて、ずっとサウスポーでも練習していました。それで1Rが終わった時に『サウスポーでいけそうだったらサウスポーにします』とセコンドと話していて、2Rはサウスポーにしました。それで3Rはどっちでもいいかなと思ってオーソドックスに戻した感じです。2Rに左右田選手が挑発的なことやってきて、それが予想外でしたけど、僕はああいうことをやられても自分のペースで戦えて、それが勝利につながったと思います」

試合そのものはどちらに勝負が転んでもおかしくない技術戦で、全試合KOとなった3大タイトルマッチに比べてインパクトが薄かったことは否めないが、野杁自身「確かに休憩前はKOが少なくてズルズル判定に行く試合が多くて、タイトルマッチに持って行かれたと思います。でも僕は僕なりの、僕しか出せない味のある試合だったと思う。KOばかりもいいけどああいう試合が一つくらいあってもいいんじゃないかと思います」と持論を語った。

野杁の会見前に前田憲作K-1プロデューサーが-65kgで日本&世界トーナメントを開催することを発表。野杁は「すごく魅力的なトーナメントだと思うけど、日本のトップ選手にはほとんど勝っているし、日本人と戦うのはもういいかな、と。世界のトップ選手とやりたいし、日本人選手にはもう興味がないって感じです」と素直な心境を告白。

「昨日のタイトルマッチはすごく盛り上がった試合だったし、ゲーオ選手の強い姿を見られたんで、より一層やりたい気持ちが強くなった」と-65kg王者ゲーオ・ウィラサクレックとの対戦を熱望した上で「すぐにゲーオ戦を組んでもらいたいのが正直な気持ちだけど、クリアしなきゃいけない相手がいる。マサロ(・グランダー)選手にはリベンジしなきゃいけないし、ゲーオとはいつでもやりたいですが、僕は組まれた試合を一つ一つクリアするだけです。そこでゲーオの相手は野杁しかいないだろうと言わせる戦い方をするしかないと思っています」と内容と結果で見せると話した。

ページ:

1

2 3

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×