元JDスターのMARUが脚本、アイスリボンの世羅が主演の水色革命第12回本公演「空を見上げれば」に小陽、小力、ジャガーらがゲスト出演

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

8月26日、戸野廣浩司記念劇場にて、元JDスターのMARUが主宰する劇団・水色革命による記者会見が行なわれた。
会見にはMARU、アイスリボンの世羅りさ、リングアナとしても活躍中の高橋春菜、日本キックボクシング連盟・マスコットガールの折原陽子(以上、水色革命)、ゲスト出演の日向小陽が出席した。

今回の舞台についてMARUは「動物と人間の絆だったり、犬と保健所の話も入ってますが、ただ悲しいお芝居ではありません。笑いあり、涙あり、ダンスやアクションもあります」と説明。また連日、各界から特別ゲストもあり、2日はアニソン界からうちやえゆか(アニソン歌手)、3日はお笑い界から長州小力(西口プロレス)、4日出演はプロレス界からジャガー横田、5日は大衆演劇界から若葉しげる、6日は特撮界から小牧りさ(元モモレンジャー・ペギー松山)がそれぞれ出演する。
それぞれの役柄における見どころとして、それぞれが次のように語った。

水色革命第12回本公演「空を見上げれば」会見②MARU「この舞台の初演(2013年10月)では脚本と演出をやったんですけど、今回は脚本と出演もしています。”空”という名のボーイッシュな役で、(帽子を指し)髪型がどうなってるかは当日ということで。自分で切ったんですけど、心が折れる(笑)」
世羅「今回はダブル主演でして、私の役は”闇”で、もう一人の主演である関根慶人さんが”光”で、光と闇というように描かれているんですよ。私は闇の部分ということで、こういった役をずっ と熱望していたんです。不思議な…感情を表に出さないようなものをやりたいとずっと言ってて、今回は感情を出していないわけじゃないけど、不愛想な、無表情な役をやります。これまでに見たことのない世羅りさかなと思います。あと、私は一切フザけたシーンはないかな。みんなの役はハートフルコメディって感じですけど、私だけシリアスって感じで、そこも見ていただきたいです」
日向「自分は賀川照子さんとダブルキャストでやるんですが、最初、MARUさんからオファーをいただいたときに『どんな役ですか?』って聞いたら『変な役だよ』って。自分なりにアレンジした感じの変な役になっていると思います。ぶっ飛んだ役をやらせていただいています」
高橋「私だけ初演(2013年10月)と同じ役なので、それを見ている方は思い出していただけるかもしれません、でも、前回よりもパワーアップして、中身は同じでも、前よりいい役にしていけたらと思います。オタク役です」
折原「今回は水色革命旗揚げ公演のパワーアップバージョンです。私は旗揚げ公演のときから水色革命に出会っているので、そのときに憧れだった教室メンバー(の役)に入ってるので、うれしいです」

ちなみに折原の役は、前回、世羅が務めており、クラスメイトの中のヤンキー役という設定。「私が前にやってたヤンキー役を彼女がやるんですが、稽古を見てて、『ここ私だっけ?』みたいな。『何だよ』、って言いそうな。あ、今回ヤンキーじゃないよ って(笑)。でも、ヤンキー魂が残ってて、ニラミあうシーンとかあるんですけど、勝ってやろうとニラミ続けて演出家に怒られたり」と世羅が以前演じた様子を振り返った。

またその他の見どころとして、MARUが「それと救世忍者乱丸さんが出るんですけど、ジャガー横田さんとの絡みは必見です。アドリブで来ると思います。ジャガーさんがどう乱丸さんにイクか。ガチでイクよね。あー! 言いたい。何をがちでイクか」と言えば、世羅も「ジャガーさんが稽古に来られていたときに、乱丸さんの役をやっている子がいるんですけど、その子を乱丸と思うだけで『あー、イライラする』って言ってました。すごくプルプルしてましたので、あーどうなるんだろうって(笑)」と思わぬ見どころを披露。二人のガチっぷりは必見!
なお、池袋サンシャインシティの噴水広場では同舞台の母体である池袋演劇祭のCM大会が行なわれ、各劇団が2分間PRする。水色革命の出演時間は午後5時頃の予定。入場無料。「この日はなんと乱丸さんが踊るかもー」(MARU)
詳細は次の通り。

劇団・水色革命第12回本公演(池袋演劇祭参加作品)
「空を見上げれば」
(脚本/MARU 演出/狭間鉄)

<あらすじ>
俺達の親は、みんな保健所で働いている。
日々保健所では、罪のない沢山の犬や猫たちが苦痛死させられている現状がある。
子供の俺達は、その仕事で育ててもらったのも事実。だから、保健所を恨む気にはなれない。
でも!その現状を、なんとか変えたいと思っている。
だから、教室を作り、どうすれば犬や猫たちを生かしてあげられるのか?
その勉強会を続けている。
そんなある日、俺達の教室に
一人と一匹の転入生がやってきた。
そこから、いろんな物語りがはじまった。
そして、真逆な意見を持つ「忍」の真実を知ったとき俺は…

水色革命第12回本公演「空を見上げれば」会見③<出演者>(五十音順)
【水色革命】
小野田 航
折原陽子
救世忍者乱丸
関根慶人
世羅りさ
高橋春菜
MARU
【ゲスト】
市古怜治(マッシュアッププロダクション)
大島亮太(テアトルアカデミー)
岡武司(o.k.Take)
賀川照子(西口プロレス)
椛田真二
蔵原壮一郎
久保克夫(劇団K-Show)
小池真名実
近藤大稀
しらゆり音々(プラチナムプロダクション)
辻千緩(劇団め組)
夏海陽(エース・プロダクション)
日向小陽(フリープロレス)
堀智明(ジャスティモデルエージェンシー)
みつる
山田貴之(R’s motion japan)
【2周年記念特別ゲスト】
2日出演・アニソン界から「うちやえゆか」
3日出演・お笑い界から「長州小力」
4日出演・プロレス界から「ジャガー横田」
5日出演・大衆演劇界から「若葉しげる」
6日出演・特撮界から「小牧りさ」

<日程>
2015年9月2日〜6日
     2日 19時A
     3日 19時B
     4日 15時A/B
     5日 15時B/19時A
     6日 14時B/18時A

<チケット>
前売り¥3500
当日¥3800
※全席自由

<予約&問い合わせアドレス>
kakumei_mizuiro@gmail.com

<劇場>
シアターKASSAI
東京都豊島区東池袋1-45-2長谷ビル1階
TEL 0359449227 E-MAIL kassaikikaku@gmail.com.

<スタッフ>
演出:狭間鉄
脚本:MARU
舞台美術:佐藤朋有子
照明:村山寛和(マーキュリー)
音響:成田章太郎
舞台監督:丸山直己
チラシ:井上咲喜子
WEB:山田龍太
小道具:加古若菜
制作:望月未稀/井上咲喜子
制作補佐:荒木智子
製作:劇団水色革命

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る