3部構成で行われた花鳥風月7.20王子大会で勝村vs.葛西、ロビンvs.秀樹が実現!第1回1DAYタッグトーナメントは高岩&ウルフが優勝

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

7月20日(月・祝)に東京・王子小劇場で行われたシアタープロレス東京花鳥風月は、3部構成で開催された。
12時開始の第1部では花鳥風月総合格闘技「月闘」の試合と、第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント1回戦の試合などが行われた。メインでは2015年10月に現役引退することを発表した元バトラーツの臼田勝美が、バトラーツ最終興行でタッグを組んだ山本裕二郎とシングルマッチを行った。

シアタープロレス東京花鳥風月vol.30【第1部】
日時:2015年7月20日(月・祝)
開始:12:00
会場:東京・王子小劇場
観衆:97人

▼第1試合 花鳥風月総合格闘技「月闘」シングルマッチ 3分3ラウンド
●関友紀子
3R 1分29秒 スリーパーホールド
○篠宮敏久(リバーサルジム横浜グランドスラム)

▼第2試合 花鳥風月総合格闘技「月闘」タッグマッチ 15分1ラウンド
○焙煎たがい。(西口プロレス)/中川達彦(王子キツネ空手軍)
7分23秒 グラウンドコブラホールド
ムエタイ・マシン1号/●ムエタイ・マシン2号

▼第3試合 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント1回戦 30分1本勝負
勝村周一朗/○江利川祐
11分38秒 3D(改)→体固め
瓦井寿也/●松本崇寿

▼第4試合 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント1回戦 30分1本勝負
ジョシュ・オブライエン/●HAMATANI
11分20秒 アンクルホールド
○岡田剛史/近野剣心

▼第1部セミファイナル 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント1回戦 30分1本勝負
○服部健太/三尾祥久
16分26秒 キャメルクラッチ
政宗/●川島真織

▼第1部メインイベント シングルマッチ 30分1本勝負
●山本裕次郎
14分39秒 羽根折り固め
○臼田勝美

2015-7-20花鳥風月_ロビンvs鈴木秀樹16時開始の第2部では超異色シングルマッチが2試合行われた。1試合目は前WRESTLE-1チャンピオンの鈴木秀樹とウルトラマン・ロビンのシングルマッチ。異色対決ではあるが、実はロビンもイギリス出身のマーク・ロコの弟子とのことで、ランカシャースタイル対決となったが、最後は鈴木が必殺のダブルアーム・スープレックスで勝利。

そしてもう1試合は、“デスマッチ王”葛西純と、“元修斗世界フェザー級王者”勝村周一朗のシングルマッチ。現在は花鳥風月の所属でもある勝村だが、まだまだプロレスラーというよりも総合格闘家のイメージのほうが強い。そんな相手でも当然容赦なしの葛西の攻撃により額から大流血した勝村だが、テーブルや木製ラックを使ったハードコアな試合にも見事に順応してみせた。最後はエキサイトするあまりレフェリーの静止を押しのけ反則攻撃を続けた勝村が反則負けとなったが、この対決これで終わりとはならなそうだ。

シアタープロレス東京花鳥風月vol.30【第2部】
日時:2015年7月20日(月・祝)
開始:16:00
会場:東京・王子小劇場
観衆:135人(超満員札止め)

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○鈴木秀樹
10分13秒 ダブルアームスープレックス→片エビ固め
●ウルトラマン・ロビン

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○葛西純(FREEDOMS)
12分02秒 反則
●勝村周一朗

2015-7-20花鳥風月_第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメントで優勝した高岩&ウルフ18時開始の第3部で行われた第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント決勝は、高岩竜一&ウルフ・スター☆が服部健太&三尾祥久を撃破して見事優勝。また、岡田剛史が広島花鳥風月の発足を発表し、同時に所属選手としての加入を決めた。

シアタープロレス東京花鳥風月vol.30【第3部】
日時:2015年7月20日(月・祝)
開始:16:00
会場:東京・王子小劇場
観衆:113人(満員)

▼第1試合 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント1回戦 30分1本勝負
山本裕次郎/●マッチョ・マイケルズ
15分10秒 デスバレーボム→片エビ固め
○高岩竜一/ウルフ・スター☆

▼第2試合 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント準決勝 30分1本勝負
●岡田剛史/近野剣心(ダブプロレス)
13分16秒 腕十字を切り返してのエビ固め
服部健太/○三尾祥久

▼第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
ジ・ウインガー(FREEDOMS)/●川島真織
10分13秒 イナがウァー
篠宮敏久(リバーサルジム横浜グランドスラム)/○HAMATANI

▼第4試合 シングルマッチ 10分1本勝負
△中川達彦(王子キツネ空手軍)
10分00秒 フルタイムドロー
△ジョシュ・オブライエン

▼第5試合 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント準決勝 30分1本勝負
勝村周一朗/●江利川祐
14分11秒 デスバレーボム→片エビ固め
○高岩竜一/ウルフ・スター☆

▼第6試合 タッグマッチ 30分1本勝負
瓦井寿也/●松本崇寿
11分17秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め
神楽(666)/○スペース・レッド

▼セミファイナル シングルマッチ 30分1本勝負
●梅沢菊次郎(プロレスリング・アライブ)
9分43秒 蜻蛉切→エビ固め
○政宗

▼メインイベント 第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント決勝 30分1本勝負
●服部健太/三尾祥久
16分13秒 デスバレーボム→片エビ固め
○高岩竜一/ウルフ・スター☆
※高岩&ウルフが第1回花鳥風月1DAYタッグトーナメント優勝

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る