世羅りさと元JDスターのMARUがダブル主演を務めるコルバタ主催『銀河鉄道の夜〜宮澤賢治〜』が、新宿シアターブラッツで7月9日から開演

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

6月21日、プロレスショップ「チャンピオン」にて、アイスリボンの世羅りさと元JDスターのMARUがダブル主演を務めるコルバタ主催『銀河鉄道の夜〜宮澤賢治〜』の公開記者会見が行なわれた。
会見には世羅、MARUのほか、富山智帆(リングアナ)と高橋春菜(劇団『水色革命』)も列席してそれぞれ抱負を語った。

今回のダブル主演と、脚本も手がけるMARUは、「今回は7月9日から12日まで新宿のシアターブラッツでやることになりました。その公演が七夕と重なったことで、なんかないかなと思って…天の川ということで、銀河鉄道の夜を題材に選びました。あとは最近、自殺とか暗いニュースが多い中で、生きるということを題材にしたいと思 い選びました」という。
続いてもう一人の主演である世羅は、「これまで、ずっとMARUさんに不思議な感じの役をやりたいとお願いしていましたけど、まさに今回のカムパネルラはそんな役でいいなって思いました。あと、カムパネルラって、言いにくいですね(笑)。自分では呼ばないですけど、人から名前を呼ばれるときに噛まれるという…」と言い、MARUは「ワタシはジョバンニという役ですけど、とにかくセリフが多くてまだ覚えていない…。ジョバンニはカムパネルラとは逆で素直な役で、喜怒哀楽がハッキリしています」とそれぞれの役柄を述べた。

また富山は「コルバタ主催のお芝居は4月の旗揚げ公演に続いて2回目なんですけど、宮沢賢 治さんみたいな原作のあるものはあまりやったことがないんです。いつもオリジナルの公演ばかりだったんで、すでに作品を読んでいる方も多いでしょうし、みなさんの頭の中にもイメージがあって、なかなか難しいところもあるんでしょうけど、でもそのなかでワタシはオリジナルの役なんですね。ですので、宮沢賢治さんの本のなかにも出てこない。その役がどうこの作品のなかにどう絡んでいるのか、楽しみにしていただければと思います」と結んだ。
公演の詳細は次の通りとなる。

コルバタ主催
銀河鉄道の夜〜宮澤賢治〜
演出(女組):安井ひろみ (男組):三田健二
原作:宮澤賢治
脚色:MARU

あらすじ
祭りの夜、ジョバンニは草むらに寝転んで、星空を眺めていた。
すると、不思議な声と明るい光につつまれたと思うと幼馴染のカムパネルラと、銀河鉄道に乗っていた。
二人は、美しい宇宙の旅へ出発する。
奇妙な乗客たちを乗せた汽車はどこへいくのだろうか?
「本当の幸せとは?」

<出演者>
【女組】(五十音順)
荒井麻里
漆畑 美来
柏谷翔子
片桐美穂
小林千紗
しらゆり音々(プラチナムプロダクション)
妹尾紗良
世羅りさ(劇団水色革命)
高橋春菜(劇団水色革命)
富山智帆
永澤恵
夏海陽(エース・プロダクション)
緋桜忍
日向小陽(フリー女子プロレス)
MAI
松田裕英
MARU(劇団水色革命)
【男組】
安藤健(劇団フリースマイル)
市古怜治(マッシュアッププロダクション)
川﨑雄太郎
菅野周平
北潟謙太郎
キムデヒ
佐藤利哉
関根慶人(劇団水色革命)
清水拓夢
新田将司(ACファクトリー)
人見悠介(劇団かるがも行進曲)
廣司侑也

<日程>
2015年7月9日(木)〜12日(日)
9日(木)女19:00
10日(金)女14:00  男19:00
11日(土)男12:00  女15:00  男19:00
12日(日)男14:00  女18:00

<料金>
前売¥3500
当日¥3800

<お問い合わせ>
korubata.japan@gmail.com

<劇場>
シアターブラッツ
〒1600022 東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1 TEL03-3353-1868
http://www.theater-brats.com/
都営新宿線 新宿三丁目駅より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅より徒歩5分

<スタッフ>
演出:安井ひろみ・三田健二
脚色:MARU(劇団水色革命)
舞台美術:宮坂貴司
照明:村山寛和(マーキュリー)
音響:成田章太郎
舞台監督:丸山直己
チラシ:井上咲喜子(劇団水色革命)
制作:望月未稀(劇団水色革命)
プロデューサー:平山陽
製作:コルバタ

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る