「RIZINの選手も混ぜて対抗戦をしよう」BreakingDown日韓戦で勝利した韓国のトラブルメーカーが朝倉未来に仰天要求!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京ドームシティ・プリズムホールにて『BreakingDown8(ブレイキングダウン)』が開催。今大会では日本vs韓国の試合が12試合組まれ、その第11戦として【安保瑠輝也の愛弟子】ジョリーvs【KOREANトラブルメーカー】パク・ヒョングンが行われた。

 オーディションでバカにされたジョリーは「血祭りにあげる」と意気込むが、ヒョングンは朝倉未来戦を要求しているROAD FC参戦中のMMAファイターであるためジョリーを相手にせず。「安保瑠輝也、次はお前だよ。ジョリーと安保は朝倉未来までの前菜にすぎない」と意気揚々と試合に臨んだ。

 試合が始まるとジョリーが前に出て飛び膝も、ヒョングンがキャッチしバスター。立ち上がったジョリーが前に出てローもヒョングンもミドル。ヒョングンが突っ込んで巻き投げるがブレイク。
 ジョリーがボディブローもヒョングンが首を掴んで膝から前蹴りを叩き込む。ジョリーがケージに押し込みブレイク。
 ジョリーが左のジャブもヒョングンが巻き投げ、これを見たレフェリーがタイムストップを要求しヒョングンに「投げはない」と口頭注意。さらにジョリーの額から出血が見られるということでドクターチェックになるが、すぐに試合再開へ。
 ジョリーは前に出たヒョングンにカウンターのジャブも、ヒョングンがすぐに前に出てラッシュから首相撲からの膝連打。ブレイクし、ジョリーが前に出るがヒョングンがラッシュを仕掛けケージに押し込んだところで時間切れ。


 判定5-0で勝利したヒョングンは「簡単な試合で簡単にお金が手に入った。約束した通り安保瑠輝也MMAで戦え。MMAだったらジョリーも安保瑠輝也も2対1でも俺のほうが勝つ。朝倉未来、とても素敵なファイターでかっこいい選手であることを知っている。あなたが言った通り、ブレイキングダウンで一番強い選手を倒した。RIZINの一番強い選手も混ぜて年末のRIZINで対抗戦をしよう。日本で久々の試合だった。日本のファンの皆さんありがとうございました」と要求した。

 朝倉未来はこれを受け「RIZINとの対抗戦に繋がるのも面白いかもしれない。さっきROAD FCの代表も来てたんで挨拶したんですけど、榊原社長がやるってなったら組まれるんじゃないですか?BreakingDownの選手は多分RIZINに出れないと思うんで、RIZINvsROAD FCっていうのは普通に面白いんじゃないかなって。だから、年末とかそういう試合が組まれたら、時期は分からないですけどそこまでにもう1回韓国に行って闘ったり、ストーリーを作っていくのは面白いと思います」と語った。

 この試合の結果、日韓戦は7-4で韓国の勝ち越しが決定した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る