5・21後楽園での勝俣瞬馬VS岡谷英樹のEXTREME王座戦は「刺さるデスマッチ」!相手の耳に3回ピアスを開けても勝利に

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月14日、TKPガーデンシティ千葉で『ONLY WE×DDTスペシャル!〜火野裕士20周年記念興行〜』を開催した。同21日、東京・後楽園ホールで行われる、王者・勝俣瞬馬VS挑戦者・岡谷英樹のDDT EXTREME選手権のルールが「刺さるデスマッチ」に決定した。

 この日の第1試合開始前に同王座戦の公開調印式が行われ、勝俣が「岡谷選手はすごいものを持っていると思っていて。この間、負けまして。なんかすごいんだけど、刺さるものがないなと感じていたので、心に刺さるもの見せてほしい。ルールは“刺さるデスマッチ”」と指定。

これは通常のハードコアルールに加え、「刺さる物」を公認凶器として使用できる。爪楊枝、竹串、画びょう、有刺鉄線などが該当する。さらに、通常ルールのほか、「相手の耳に3回ピアスを開けたら勝ち」という特殊ルールも付加された。

 これを聞いた岡谷は「大歓迎。こういうのを待ってたんで。逆に感謝する。僕がEXTREMEを獲ったら、もっと過激なルールにします」と豪語。勝俣は「岡谷選手のハードコアを何回か見てるんですけど、向いてるなって思ってます。こういうのをやるともっと輝くんじゃないか。もっと自分の気持ちを出せるんじゃないかと思って、こういうルールにしました。ピアス開ける? 僕が初めての男になります。覚悟しておいてください」と通告。

 調印式終了後、勝俣はピアッサー(ピアス開け器)で岡谷の耳に穴を開けようとするも、逆に耳に穴を開けられてしまい悶絶していた。

 なお、ベルトは前王者・秋山準の意向で白に塗られていたが、勝俣は「EXTREMEは紫のイメージがありますから、紫に戻します。少し待ってください」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る