「どこかが折れても心は折れない」ミルコやバンナと戦ってきたロッキーを相撲出身のスダリオ剛が圧倒!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、国立代々木競技場・第一体育館にて『FEDELTA presents RIZIN LANDMARK 5 in YOYOGI』が開催。第3試合ではスダリオ剛vs.ロッキー・マルティネスが行われた。

 両者ともに関根“シュレック”秀樹を1RKOしているRIZINヘビー級の常連ファイター。
 試合はスダリオの前蹴りがローブローになり一度試合がとまるが、その後はスダリオが打撃でも圧倒し、グラウンドで何もさせずに肘を落として流血させ判定3-0に。

 ダメージもなく試合を終えたスダリオは「予想通りタフな選手だったんで、簡単にはKO出来無いと思ってましたけどホントに難しかったなと思います。ロッキー選手はミルコ選手とかもいた最初のRIZINで闘っていた選手、ミルコ選手にも試合内容では勝っていたし、強いイメージしか無かったんですけど、僕がどこかが折れても心は折れないように覚悟して挑めたので、結果的には全体的に上回ったと思います。今回初めて判定で勝ちましたけど、やっぱり今まで判定まで行けるのかとか自分の中でも思っていましたが、自分を信じて準備期間は結構ハードにやってきたんで自信になりました。これから外国人選手とやっていく」と、ハードな試合を今後も続けていくと宣言した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る