「昭和の時代のプロレスは俺が引退したことで終焉」武藤敬司がアントニオ猪木お別れ会に蝶野正洋と現れ時代の区切りを語る

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、東京都・両国国技館にて、『アントニオ猪木お別れの会』が行われた。

 アントニオ猪木さん(本名:猪木寛至さん)は1960年に日本プロレスでデビューし、1972年に新日本プロレスを旗揚げ。新日本プロレス離脱後には格闘技イベント『INOKI BOM-BA-YE』や『イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)』などを立ち上げて活躍した。参議院議員やタレントとしてTV出演の機会も多かったが故に、プロレス・格闘技ファンでなくとも猪木さんの知名度は高く、『1!2!3!ダー!』のフレーズは全国民が認知していると言って過言でない。

 猪木さんは2022年10月1日に全身性トランスサイレチンアミロイドーシスによる心不全のためにこの世を去り、多くの人々が悲しんだ。猪木さんが旅立って5ヶ月あまり、数々の追悼イベントが催されてきたが、この日は一般のファンも献花をすることが出来るお別れ会が開催。
 坂口征二、野田佳彦、森喜朗、長浜博行、玉木雄一郎、武田良太、鈴木宗男、石井和義代理・角田信朗、伊藤利夫、江本孟紀、大塚直樹、小川直也、亀田興毅、木谷高明、グレート小鹿、榊原信行、佐々木健介、佐山サトル代理・平井丈雅、髙田延彦、蝶野正洋、十枝利樹、藤波辰爾、藤原喜明、古舘伊知郎、北斗晶、前田日明、丸藤正道、武藤敬司、松山千春、湯川剛、大張高己、菅林直樹(※敬称略)ら大勢のビッグネームたちによる献花が実施されるなど、猪木さんの人望を感じさせた。

 お別れ会を終えた武藤&蝶野はコメントスペースへ登場。

 蝶野は「先日は武藤さんが素晴らしい引退試合をやって、あれは多分猪木さんに対するいいお土産というか。やっぱりプロレスを通じて猪木さんの活躍とか、それ以外の政界での活動、自分なんか猪木さんと一緒に回った東日本大震災の復興とか、そういう姿も見てましたんで、本当にアントニオ猪木とそれから猪木寛至と、たくさんの顔を持ってますから、そういった形で今日もたくさんの方たちが駆けつけてもらったんだなっていうのを見ていて改めて感じましたね」としみじみ語る。

 これを受けた武藤は「蝶野が猪木寛至って言ったけど、俺の中ではね、猪木寛至って一切ないんですよ。常にアントニオ猪木で、本当に24時間アントニオ猪木しかなくてね」と違う角度から猪木さんを見ていたことを語り、「昔ライオンを飼ってた」「ガラガラヘビを飛行機で持ってきた」などの破天荒エピソードを笑顔で振り返った。

 しかし、その後武藤は「猪木さんと一緒に汗を流して練習した、試合したっていうのはおそらく俺とかの時代までだと思うんですよ。今日、棚橋とかもみんな言ってたけど、彼たちは試合もしてないし、汗も一緒に流してないんだよね。ということは、多分、俺も先日引退して、おそらく猪木さんの教えを直で感じてたのは俺たちまでなんですよね。だから、俺がいつも言っているのは、もしかしたら昭和の時代のプロレスっていうのは、俺が引退したことで終焉かなって思ったりしますよね」とポツリ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る