現役忍者がアクション監修!?新時代のプロレス舞台『アクトリング』に新ユニット参戦!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3月5日、新木場1stRingにて女優や声優やプロレスラーたちによるアクション舞台『ACTRING2023』が開催された。

 グラビアアイドルや女優や声優など普段スポーツとは違う業界の女性たちが、プロレスをベースにしたアクションを取り入れた殺陣を行い、宇宙海賊や忍者、魔法少女などのコンセプトを身にまとったチームが戦う新たな手法で演劇業界のみならず様々な業種から注目を浴びている『アクトリング』。
 現役の忍者としても活動する坂本茉莉がアクション監修を務める本作品は、メインストーリーとしては三種の神器(アマノムラクモノツルギ/ヤタノカガミ/ヤサカニノマガタマ)を賭けて様々なチームが戦い合っており、この日は新ユニットのお披露目もあり番外編的なストーリー展開へ。


 劇団四季のライオンキングにも出演経験があるアクトレスガールズ練習生の杉田真帆が初出演し、ストーリーテラーとして物語を進める中で新ユニット『桃華雪(仮)』のリンリン(入江彩乃)&パンツァイ(みあ朝子)が登場。普段はアクトレスリングでヒールユニット『BE∀STZ REBELLION(ビースツ・リベリオン)』で戦う入江が、チャイナ姿でコミカルながらも若干重いキャラ設定に笑っていいのか同情したらいいのか観客の心を揺さぶっていく。
 全8ユニット総勢31名が出演した本公演は、カリーナ(坂本茉莉)が率いる『宇宙海賊シェルオル』が圧倒し、緋扇(安川結花/惡斗)率いる和風ユニット『花月夜』やダイア(青野未来)率いる怪盗ユニット『Bijou』が撹乱。葉隠忍(才原茉莉乃)率いる忍者集団『葉隠』がコミカルに激しいアクションを繰り広げ、その他のユニットも短い時間ながら持ち味を出しつつプロレス風アクションと演劇ストーリーを盛り上げた。

 アクトレスリングでプロレスの試合を見せているアクトレスガールズ達だが、本来の姿である女優を主体としたアクトリングでは普段とは違う魅力を発揮する。本作品に出演している澄川菜摘(翔月なつみ)や惡斗(安川惡斗)らもスターダムデビュー前は元々演劇の道にいた。
 現在の女子プロレス界のほぼ全ての団体にアクトレスガールズ経験者がおり、その原点とも言える女優としての活動がプロレスファンとして抵抗なく見れるアクトリングは毎公演超満員となっており、地方公演にも期待が集まっている。

 杉田以外にも練習生はまだまだいるとのことで、新たな原石が生まれ続けるアクトレスガールズに今後も注目必至だ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る