「親バカじゃなく、鬼親で行くからな!」望月マサアキ&望月ジュニアの親子タッグが歴史的一勝でタッグリーグ白星発進!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、東京都・後楽園ホールにて、『DRAGONGATE TAG LEAGUE Rey de Parejas 2023 ―開幕戦―』が開催された。

 Rey de Parejas(レイ・デ・パレハス)は、DRAGON GATEのタッグリーグ戦。今大会より開幕し、3月2日の後楽園ホール大会での最終戦まで全国をめぐりながら14大会に渡って開催される。
 これまで『Summer Adventure Tag League』としてその名の通り夏の風物詩の1つとして開催されてきたタッグリーグ戦だが、今回より闘龍門時代に使われていた『Rey de Parejas』の名称が復活。DRAGON GATEで純粋なタッグリーグ戦が行われるのは2016年以来約7年ぶりとなる。

 2ブロック制での開催となり、Aブロックからは、箕浦康太&B×Bハルク、吉岡勇紀&菊田円、望月マサアキ&望月ジュニア、ジェイソン・リー&JACKY“FUNKY”KAMEI、加藤良輝&永野海斗、H・Y・O&ISHIN。Bブロックからは、YAMATO&土井成樹、ドラゴン・キッド&ドラゴン・ダイヤ、望月ススム&神田ヤスシ、Ben-K&ミノリータ、ストロングマシーン・J&ストロングマシーン・F、シュン・スカイウォーカー&KAIと、計12チームが参戦している。

 この日の第5試合では、ISHIN&H・Y・Ovs望月マサアキ&望月ジュニアのAブロック公式戦が実施。

 実の息子であるジュニアを溺愛するマサアキはリング上でも過保護な“親バカ”ぶりを発揮しており、ジュニアは意地や気恥ずかしさからこれを突っぱねるという親子関係が見られる異色のタッグだ。
 この日の試合でも、マサアキは序盤からH・Y・O&ISHINのラフファイトに苦戦し続けるジュニアを積極的に救援しようとするが、ジュニアは「大丈夫だから!」と拒絶し、マサアキがしょんぼりする。
 ジュニアがISHINとのチョップ合戦に打ち勝って自力で生還すると、マサアキが1vs2のローンファイトで圧倒する大立ち回りを演じ、ジュニアとダブルのサッカーボールキックを決める。その後はジュニアとISHINのライバル対決を見守っていたマサアキだったが、H・Y・Oがダイビング・セントーンを狙ってコーナーに上がると足にすがりついて阻止し、サンドイッチ式ミドルキックを放つ親子連携。最後はマサアキが丸め込みで粘るH・Y・Oを裏ツイスターで突き刺して試合を決めた。


 バックステージに戻ったマサアキは、「どうだ!親子タッグでこういうタッグリーグ出た過去ってプロレス界にあるか!これは歴史的な一勝だぞ!コイツも『助けはいらない』っつってんだから、今回は親バカじゃなく、鬼親で行くからな!」と満面の笑み。
 ジュニアも「これからはもっと自分の力で返して、自分で勝利を掴み取れるように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします!」と気を吐いた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る