【会見全文】メイウェザーへの花束投げ捨て事件を受け榊原信行CEOが土下座謝罪!弁護士に相談し法的措置も検討

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、都内某所にてRIZINが9月25日の『超RIZIN』にて発生したフロイド・メイウェザーJr.への花束投げ捨て騒動についての謝罪会見を行った。

 大会前に行われていた『超RIZIN NFT DIGITAL TICKET』オークションで最高額の420万で落札した政治団体ごぼうの党の党首・奥野卓志氏がリングに上がる権利を得てフロイド・メイウェザーへの花束贈呈を行ったが、その際にメイウェザーが受け取る前に花束をリングに投げ捨てるという事件が発生。
この事件は国内外で大きな騒動となり、メイウェザーの対戦相手である朝倉未来がごぼうの党の公式スポーツアドバイザーとして参画していたこともあって様々な議論を呼んでいた。

 これに対し、奥野氏は29日に人気YouTuberのヒカル氏の動画に出演し一連の騒動について謝罪。この動画は約160万回再生されるなど大きな反響を呼び、奥野氏自身も30日20時から緊急釈明会見を行うことを発表するなど“売名”に成功している。

榊原信行CEO
「先週末起きたこと、9月25日からまだ5日しか経っていないんですけども、この5日間、マスコミの方も、僕自身もそうだし、選手もスタッフも同じ思いを抱えているのかなと。ファンもそうかもしれないですけど。こんなに悲しいことは無いというか、2015年から僕も人生かけて一歩ずつ一歩ずつ紡いできたものを、品性下劣で心無い行動、テロ行動ですよね。その行為によってすべて犯され汚されてしまったこと、正直終わった後にあのシーンを見るたびに吐き気がするし、本当に悔しくてなりません。
 それと、自分が代表を務めるこのRIZINという舞台で、未然にホント防げなかったのかなということを、本当に何度も何度も自戒してます。あのシーンを、本当に高いチケット代を払って会場に見に来ていただいた皆さんに、そしてPPVで日本全国・世界中で見ていただいた方に本当にお詫びしてもお詫びしきれない。本当に見せてはいけないもの。金払ってこんな嫌な思いさせられて、本当に申し訳ないって思いで今もいっぱいです。長い自分の人生の中で、そして格闘技に携わった経験の中で、正直想定が出来ていなかったことではあります。想定できていなかったから許されることではないと、強く思ってます。今日この場でお伝えできることは、もう2度とこういうことが起きないようにします。
 今回のことをおさらいすると、我々は最前列のチケットをエムアップさんの子会社のファンプラスさんから『NFTでデジタル化で発売したいです』というオファーを頂いて、ライセンスを許諾しました。4席に関してNFTで最前列を発売させていただくというサービスをやらせていただいて、当然どなたがご購入いただいてってことは確認をしていただくのと、リングに上がるので爆弾のチェック含めてエムアップさんもしっかり事前にしていただいて。ただ、その中で、今思えばキチっと誓約書をいただくとか、フラワートスの仕方を教授するとか、間違ってもああいう行為に及ばないという確認を出来ていなかったです。そういう経験則の中で、そういうことを必要とせずとも、贈呈をするってことは差し上げるってことなので、差し上げるという行為を享受されて、買っていただいて、爆弾のチェックも問題ないということでエムアップさんもその方を上げたんだと思いますけど、いずれにしてもすべてのことが結果だと思いますので、日本だけじゃないんですよね。
 メイウェザーに関して言えば、試合終わった直後にリングサイドに行って、メイウェザープロモーションの社長のジェームスに謝りました。彼はその場は当然、興奮もしてるし、結果勝ったこともあって『OKだ、こういうこともある』と言っていただいて、そのあと控室に行ってメイウェザー本人にも謝ったんですけど、メイウェザーもうつむきながら理解はしてくれてましたが、当然リング上で起きたことに対してメイウェザーが取ったリアクションは本当に称賛に値する行動だと思いますし、彼の行動によって救われたなと、心から感謝をする次第ですが、そのあとの反応がすごくたくさんメイウェザーにも寄せられました。世界中で見ていた人達からメイウェザー本人にも直接ですし、マネジメント会社にもたっくさん、『なんで抗議しないんだ』『どうなってんだ』『日本人はなにやってんだ』と。海外の人ってなにが起きたかわかってない人とか、それを以て、色んな感情が見てる側の人にも起きたんだと思います。日本国内でも嫌悪感を持たれた方もたくさんいらっしゃったと思いますが、メイウェザーとはそのあと当日会うことが、ホントはアフターパーティーに来るはずだったんですがアフターパーティーにも彼は顔を出さず、翌日もメイウェザーに会ってもう1度話がしたくて行ったんですけどなかなか会えず、最後彼が夕食終わった後に降りてきたところを捕まえてもう1度話をすることができました。
 ただ、本当に寂しい目を……彼とすると本当に信頼していた日本の人達、そして当然RIZINのこと、僕のことも信頼してくれていたんだと思いますが、信頼はこれからも続けていきたいけども、やっぱり今回起きたことに対して彼の中で消化ができていなくて、本当に辛そうな感じでした。それでも『もう1度日本に戻ってくる。心配するな』と言って立ち去ったんですけども、彼の心中を察するに、色んな思いが彼の中にもあるんだろうなと、そう思っています。
 僕とすると、今回起きたことに関しての謝罪と、そして二度とこういうことが、RIZINの中でなにがあっても、どんなことをしても起こさない。いろんな形でリングに上がる人たちのことを、しっかり誓約書を設けたり精査をしたり事前の確認をしてこれから対応していきますし、今回起きたことから改善をしっかりして、この10月の大会に向けて準備を進めたいと、そう思ってます。
 それで、僕自身、“謝罪”っていうのはどういうことかなとふうに思っていて、日本はホントに僕は礼節と礼儀、どの国に行っても礼儀正しい日本。礼節を重んじる国、日本。これは侍の時代からそうだと思います。僕は世界中の人達に本当に申し訳ないと思いをしっかり伝えたいので、ここで土下座をさせていただいて、お詫びを世界中の人に伝えたいと、そう思ってます。人にお詫びをするときの最大級のお詫びはこれだと思いますし、人生で土下座をして人に謝ったことは生まれてこの方一度もないです。ただ、それくらいのことは僕が最終責任者である場所で起こしてしまったことを、本当に悔しく思ってますし、本当に申し訳なく思っていますし、二度と起こさないっていう自分への自戒の念も込めてお詫びをさせて頂く。そう思います」


 榊原CEOが「ホントすみませんでした。二度とこういうことがないように、命をかけて闘う選手たちに、彼らの生き様にこれからスポットライトが当たるようにこれから全力を尽くします。I want apologize to everybody around the world. Who are offended by what happen.Too sorry.ホントすみませんでした!」と床で土下座。

 そして「これで許していただけるかどうかはアレですが、この先も自分の命が果てるまで全力で選手たちが命がけで戦う舞台をしっかり作っていきます。この舞台を愛してくれるファンと、誇り高き選手と、僕についてきてくれるスタッフと、日本から世界の人達に感動と興奮を届けられるように精進します。本当にすみませんでした。そして今後のRIZINにご期待ください。ありがとうございました。暗く終わるつもりはないので、これを以て全力でやるっていう誓いに代えさせていただきます。ありがとうございました」と挨拶をして会見を締めた。

<会見後囲み取材>


榊原信行CEO
――奥野氏についてはどういう人物かどうかの把握はできていなかった
「そうですね。バックグラウンドチェックで反社チェックとかそういうことはしてたんだと思いますけど、ただホント想定外だったと思うんです。投げるっていう行為に関しては。ただ、人物としてはリングに上っても問題ないっていう確認を取ってたんですけど、それ以上に『リング上でこういうことはしてはいけない、ああいうことはしてもいい、万が一したときにはこういうペナルティがありますよ』って、僕らも過去にそんなものを必要とするって思ったことなかったんで、誓約書とかが今後リングの上に上がることには必要になるなと。エムアップさん、ファンプラスさんは、そこまではもちろんしなかったですし、花束の渡し方も作法があるんだと思いますし、そういうことまではレクチャーできてなかった。『予期していなかった。すみません』では済まないくらい、あまりにも反響が大きくなりすぎちゃったんで、僕とすると、まあそりゃ『お任せしてたから分かんないです』ってわけにはいかないですからね。自分の責任だというふうに受け止めて、受け止めて、いずれにしてもこの先どうなるのかはわからないけど、僕らは前に進んでいく、これから先のRIZINでその場に来てくれるファンの人達にしっかり楽しんでもらえるものを担保していくことに全力を尽くしたいと、そう思ってます」

――メイウェザーは世界的セレブということもあり、リング上の暴挙という点ではもっと最悪の事態も考えられる。こうした企画はチェックを厳格化しつつ続けていくのか
「もう企画自体もやめたほうがいいんだと思いますね。ホントに今回、そういう意味ではメイウェザーのあの行動が無ければ、メイウェザーがあの場で怒って花束を投げ返してリングを降りても、僕らは多分契約上なにも言えなかったと思います。僕がこのあとすることは、彼がマニラ、フィリピンからベガスに戻ったタイミングでラスベガスに行って、彼のホームでもう1度謝罪に伺って。メイウェザーはホントに振り絞るような感じで『帰ってくる』とは言ってくれたものの、今後のお互いの信頼関係には大きな影を落とすことになったので、これを乗り越えていこうっていうのはメイウェザーサイドとも確認が取れていることなので、これで僕らRIZINと、日本と、日本の格闘技界とメイウェザー・プロモーション、フロイド・メイウェザーJr.との関係が終わりますってことじゃなくて、これを乗り越えてさらに強固な関係になれるよう、そこはしっかりそこは思いを伝えに行きたいなと思います」

――奥野氏側からの謝罪などはあのあとあったか
「無いですね」

――今後、RIZINへの出入り禁止処分などを行う予定は
「まあ、これで入ってこないでしょ。入ってこられないと思いますよ。袋叩きになると思いますよ。ファンの人達から。わからないけども、僕らは名前を出すこともイヤだし、何が目的なのかわからないし、ホント嫌悪感しか無いし、生理的に受け付けないです。そういう品性下劣な人と、ホントになんか、すごく大切なものを犯された、汚されたって思いでしかないので。この思いはファンも一緒だと思うけど、ホント悔しい」

――昨日にもYouTubeでヒカル氏の動画で謝罪をした。今日20時からも謝罪会見を行うといった情報もあるが確認しているか
「なにが目的でどうなのか、なにが理由なのかっていうのは知りたくもないし、僕は関わらないってだけで。起きたこと、起きてしまったこと、それにホントにみんながとっても嫌な思いをしたこと、それが1日経っても2日経っても消えなくて、日本中・世界中からあの不可思議な行為はなんだったのかってことが、みんなクエスチョンなんですよ。それを主催者として、お詫びするしか無いってことで、今日お詫びの機会を頂いた」

――これから榊原さん、RIZIN側に謝罪をしたいというアプローチがあった場合はどう対応するか
「まあ、今更ですよね。これってホント謝罪って、ホントに謝ろうと思えば、僕が謝ろうと思えば土下座もするし、その人の会社の前でもずっと待ってると思います。だから、そんな簡単に僕が受け入れられるものでもないし、謝って済むことでもきっと無いんだと思います。昨日の謝罪動画、僕も不本意ながら見ました。だから、ヒカルくんも言ってましたけど、僕も日本人で生まれて、日本の中で謝るってことには、そこにも礼儀があると思うんです。そのこともヒカルくんが突っ込んでたじゃないですか。謝り方ってあると思って。まずどこに最初に謝るのかって。僕の今までの、子供の頃から教えられてきた常識とはあまりにもかけ離れているので、ようわからんなって感じですね」

――奥野氏の率いるごぼうの党は、朝倉未来選手がスポーツアドバイザーとして顧問に入っている。このことについて未来選手との話はしたか
「一切してないです。僕、奥野さんって人を存じ上げなかったし、もちろん会ったこともないし話したこともないし。新しい政治の、なんか若い人、有名人が賛同してみたいなのは、噂レベルでは聞いてましたけど、もっとアンテナ張っておかなくちゃいかんなと思いながら。そこはもちろん未来と話したこともないし、未来がそこのポジションでどういう関係であるかも、今も理解はしてないですけどね」

――当該の人物について「入ってこないでしょ」と言葉があったが、RIZINとして絶縁などのアクションを起こす予定はあるか
「当然、こうやって謝罪をさせていただきながら、法的なことも弁護士とも相談してるし。業務妨害だし、名誉毀損だし、色んな意味での損害賠償の対象にもなるし。僕らはあらゆる角度で、大人の社会の中で生きていく上でやってはいけないことって色々あると思うんです。それはあらゆる手段でキチっとルールに則って対応する、対抗するってことはあると思うんですけど……ただ、『どうしてそんなことせにゃならんのかな』と。僕らはとにかく、朴訥に闘う舞台をこれからみんながワクワクするものを作り続けることに終止したいし専念したいし。そこに戻してほしいなと。的にされるのもイヤだし。困ったもんだなあと思いますけど。でも、あらゆる対抗措置、二度と起きないことを徹底するというお約束したわけですから、そのための防衛策、対応策とか、そういうことはすべてやります」

――先程の会見のYouTubeのコメント欄で『そこまでしないで欲しい』という声もあった。敢えて土下座という形を取った理由は
「僕は謝るってことで言えば、『ごめんなさい』って、謝り方には色々あると思います。最大級に本当にお詫びしたい、それを皆さんに伝える、『そこまでしないでいい』って言っていただける方もいると思いますし、僕としてはこんなに本当に申し訳ないと思ったことが人生で生まれてから無いです。土下座したこともないし、そんな安い土下座ではなくて、本当にそのくらい申し訳ないって想いが。それと、日本だけじゃなくて、世界中の人がそう思ってるんですよ。だから、世界の人に届けることも含めて、どうしても僕らが言葉で喋れることって限られるし、世界の人にわかりやすく、これが日本のトラディショナルなお詫びの仕方なんだから、これで最大級の敬意を、思いを表現させていただきたいと思い、やらせていただきました」

――会見中に英語で謝罪する場面があった。どういったことを言っていたか
「I want apologize to everybody around the world. Who are offended by what happen.って言いました。これは、ホント今回起きたことに関して世界の人達に、皆さんに心からお詫びしたいと、英語でお伝えさせていただきました」

――非難・抗議の声はRIZINにも来たか
「たくさん来ました。次の日から電話が鳴り止まないです。ああいう方をリングに上げたこと、ああいう暴挙を許したこと。『なにしてんだよ!』って。そらそうだと思います。見ててあんな気分悪いことってないと思う。だからホントにそういう方々に頭を下げて済む問題でもないのかもしれないですけど」

――直接謝罪に行ったときにはメイウェザー選手からはどのような言葉があったか
「メイウェザーのとこにも、アメリカのマスコミからいっぱいあの直後来たんですよ。ESPNからYahooから、海外のメディアから『コメント出してくれ』『声明が欲しい』って。彼らもすごく迷っていました。それこそ、この非礼を断罪するべきなのか、『自分が愛してやまないと思っている日本の人達が本当は自分のことを受け入れていないんじゃないか』とかいっぱい考えますよね。『俺のこと馬鹿にしてんの?』『差別してんの?』っていろんな想いがあって、1日経ったあとも彼は、どんどんそういう周りからの声とか質問とか、そういうのに……マネジメント側がシャットダウンしようと思っても直接来ちゃう時代なんで、すごく傷ついてましたね。だから、言葉にいつものような覇気はなく、『とにかく戻ってくるから心配すんな』っていうことしかなくて。今は冷静に考えよう。この状況を。彼も言っていたのが、『これで自分たちがアクションを起こせば思うツボなんじゃないか。そういうことを求めてやっているかもしれない』と。それはもうあの場では、ホントのところは分からないし。だから、そんなことに協力するのもイヤだし。それはメイウェザーもそうだし。僕だって腸が煮えくり返るような感情はありますよ。でも、自分たちの置かれている立場でそれは違うだろうなと思うし、メイウェザーは冷静ではあるしすごく傷ついてはいるけども、その事実をしっかり受け止めて、それでも前に進もう、ともに進もうって思いは持ってくれているっていう感じの。あまり長くは。立ち話しか出来なかったけど」

――『超RIZIN』のPPV売上については
「まだこれからだと思います。最終集計を今してますんで。海外は全くまだ出てきていなくて。国内も、まだ見逃し視聴も来てるんで。多分来週あたりにはある程度数が見えてくると思います。世界をトータルして『THE MATCH』を超えるかどうかってとこだったんです」

――それほどの数だったと
「いやいや、世界中の数を足せば。国内でTHE MATCHを超えてるかっていうと、国内だけでは超えてないです。そこまでの数字には行ってはいないけど、世界で、やっぱり腐ってもメイウェザーっていうか、彼の、フロイドの試合、これだけ世界中からの反響含めてあるわけだし、アメリカでも今回キチっとディレクTVだったり、インディマンドだったり、ディッシュ・ネットワークだったり、PPVが見られる環境も用意しましたし、配信も用意しましたし世界で見ていただけた数を足せばTHE MATCHをしのぐというか、それを超えてくるかもしれないし。ちょっと海外の数字が来週にならないと速報値でも見えてこないんで」

――その数字は、売上?視聴者数?
「件数ですね。視聴者は、ご説明したかも知れませんが、PPVが売れる国って世界でも10カ国とかしかないので、あとは地上波で無料で放送してたりとか、ケーブルで無料で放送してたり、配信も無料で見ていただけている国や地域があるんですね。アフリカでもそうでしたし、東南アジアの国でももちろんヨーロッパでもブラジルでも見れてますから。だから、そういう意味ではそのテリトリーというか、国や地域によって視聴形式が変わっているんで。まあ、北米がどのくらいのPPVのバイが上がっているかっていうのが、それ次第でTHE MATCHを超えるか超えないかってところだと思います」

――花束の件、今回に関して言えば、バックグラウンドチェックで、あの人物が“極端な政治思想で売り出している人物”という程度では止められないものだったか
「これまではそうですね。ただ、スポーツの舞台に政治とかイデオロギーとかを持ち込むものでもないし、それは……だから……そこはホント僕らが甘かったって認めざるをえないんじゃないですか。“これまでは”って言いましたけど、これまででもやっぱりそこは、僕はもっとそこに細心の配慮をする必要があったんだって、こういうことが起きてしまうと自戒の念がもうやまないですね。これからは2度とないですよ?そんなことは。ウン」

――今後は、やらないか、そうとう厳しくなるか
「お金を払って、今回のようなNFTのデジタルチケットの副賞としてこういうものをセットするってことは2度とやらないです。それと、今回もインフルエンサーの人達に話題を振りまいてもらうことも含めて花束贈呈を全試合やったんです。これももうしないです。簡単に上がれる場所にしないってことに戻すべきだなって思ってます」

――当該の人物について詳しく言及することで、その人物の売名に協力することを避けたいと
「そうです。もうそれに尽きますね。そういう意図があったのかどうかもわからないですよ?でもそういうリスクがあるなら1ミリも協力したくないので」

――このチケットはNFTデータということで、別の人間に売れる資産となり得るが、その転売を止める意志はあるか
「これもファンプラスさんとどう対応するかってのを、今ご指摘いただいたところはたしかにそうだなと思うので、話をしてみたいと思います」

――これから年末に向かって、BELLATORとの共崔のプランも前に口にしていたが、その件についてファンに向けて
「いずれにしても、実は来週アメリカに行ってスコットと話をしてきますんで、そこでは大きな方向が見えると思います。堀口選手が金太郎選手に勝ったことも含めて、彼がフライ級に転向するって意向も含めて、このあとBELLATORとRIZINとで年末に向けてなにかビッグサプライズになるような、皆さんの期待感がさらに高まるようなことは前向きに仕掛けていきたいなと思っています」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る