「笑えないくらい蹴り倒してやる」“黒いライオン”唐澤志陽がなべやかん&アントニオ小猪木のお笑い芸人レスラーの王座挑戦を受け抹殺宣言!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、都内・ベストボディジャパンオフィスにて、9月28日に東京都・新宿FACEにて開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Tokyo September 2022~』についての記者会見が行われた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足。47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体である。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、昨年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中だ。
 さらに、当団体では今年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。参加者がディーバ的ポジションで試合を盛り上げるなど新たな試みを展開している。

 この日の会見では、BBJのシングル王座の1つであるBBWスーパーボディ級王座戦を3WAYマッチで行う唐澤志陽、なべやかん、アントニオ小猪木が出席。

 現王者である唐澤は、伝説のムエタイ選手であるランバー・ソムデートM16さんの弟子。“黒いライオン”の異名を取るキックボクサーとして知られ、ムエタイやキックボクシングのリングで活躍。さらに2016年からはプロレスラーとしてもリングに上っており、BBJにも初期から所属選手として参戦。ベストボディ・コンテストでもミスターモデルジャパン2019日本大会ファイナリストとなるなど、高い成績を収めている。
 今年7月のBBJ4周年記念大会にて、悲願のスーパーボディ級王座戴冠を果たし、今回が初防衛戦となる。

 コメントを求められた唐澤は、「やかんさんをボコボコにすれば平子理沙さんが来るらしいんで。小猪木さんはあんまり思い入れないんでよくわかんないです。なんか団体に勝手に組まれちゃった試合なんですけど、余裕で勝てそうなんでいいかなって。このお笑いコンテストを勝ち抜いて防衛したいと思います」とクールに応じつつお笑い芸人としての顔を持つやかん&小猪木をさらりと挑発。

 しかし、これを受けた小猪木は「チャンピオンは初防衛戦なんでしょ?よく我々を相手に選んだなと。さっき『お笑いコンテスト』って言ったけど、それを言うならただの勝ち負け以上に自分がどう我々を転がすかってのが試されるんじゃないですかね!どんな面白い展開にしてくれるのか楽しみですね」とハードルを上げる。
 さらにやかんも「チャンピオンとしてお笑いコンテストに出るなら、いかりや長介になれんのか!ちゃんとチャンピオンとして回せんのか!長さんよりも志村さん、加藤さんのほうが人気があって芸達者でしたよね?これはもう、チャンピオンとしての力量を見せてもらおうじゃないかって話ですよ」と呼応。2人はお笑い芸人としての頭の回転の速さを活かし、返す刀で切れ味鋭い口撃を叩き込んだ。

 思わぬ反撃を受けた唐澤は「まあ、お笑いの世代交代ですよ。おじさんたちの笑いは古いんですよ。面白いと思ってやってんのかもしれないけど今の若い子には刺さらないですからね。僕はツッコミの立場で蹴り倒します。往年の痛みが伝わるお笑いを見せます。いや、笑えないくらい蹴り倒してやるから覚悟しとけよ」と殺気を漲らせて2人を黙らせ、舌戦での黒星を返した。

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Tokyo September 2022~』
日程:2022年9月28日(水)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼BBW世界スーパーボディ級選手権試合 3WAYマッチ
【王者】唐澤志陽
vs
【挑戦者】なべやかん
vs
【挑戦者】アントニオ小猪木(西口)
※唐澤は初防衛戦。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る