【会見全文】スーパーボディ級王座挑戦のなべやかん&小猪木に王者・唐澤が「笑えない試合にしてやる」と啖呵!ラグジュアリー吉田が美女軍団5名を引き連れダンカンプロレス軍団と全面対決!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、都内・ベストボディジャパンオフィスにて、9月28日に東京都・新宿FACEにて開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Tokyo September 2022~』についての記者会見が行われた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足。47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体である。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、昨年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中だ。
 さらに、当団体では今年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。参加者がディーバ的ポジションで試合を盛り上げるなど新たな試みを展開している。

 会見に出席したのは、谷口智一CEO、BBWスーパーボディ級王者の唐澤志陽、なべやかん、ラグジュアリー吉田、アントニオ小猪木の5名。

 まずは谷口CEOが挨拶を行った。

谷口智一CEO
「皆さんお集まりいただきましてありがとうございます。7月にベストボディ・ジャパンプロレス(以下BBJ)も4周年を迎えまして、今大会が5年目のスタートになります。新人が、榎本高志、木村昌嗣と2名デビューして所属選手も増えましてますますパワーアップしたBBJをお見せしていければと思います。
 私の方から、会見に出席できなかった選手たちの試合についてご紹介させていただきます。まず、第1試合の榎本高志vs大石真翔。カメラマンだった榎本さんが大石さんに襲撃を受けたことでプロレスラーとしての道を歩みだしたという経緯がございますので、この2人の試合がついに実現するというのは感慨深いものがありますね。あれから約1年半。2人の因縁の行方にご期待いただければと思います。
 そして、第3試合、私が出場させて頂く6人タッグマッチになります。木村さんは7月デビューではあるんですが、地元・名古屋の方で水曜カレープロレスさんに出場なさっていて、もうシングルマッチを3~4試合やっているとかで、短い期間に多くの経験を積んでいます。相手も政宗さん、石井さん、前口さんとツワモノ揃いのカードなので成長の成果を試合で見せてほしいなと思います。
 続いて第4試合、ぽっちゃり軍とHAYATO選手&タオル選手の愛媛組の闘いに、前回から参戦してくださっている小仲選手が加わった形になります。個人的には、男色ディーノ選手と小仲=ペールワン選手の組み合わせというのが非常に懐かしく、今対面したらどういった展開になるのかワクワクしますね。
 あとは、第2試合の枠で行われるSEXY BODY JAPANコンテスト。これは前回から男性部門も創設したんですけど、これが本当に好評でして、今回の募集には想定を上回る数の応募があって、しかもこれが粒ぞろいなので審査に難儀しています。女性部門も毎回応募が多いので、我々としては嬉しい悲鳴ですね(笑)今大会から声出しでの応援を解禁することを検討していますので、解禁になった場合は試合でもコンテストでもみなさんの温かい声援をいただければと思います」

 続いて、セミファイナルに出場するラグジュアリー吉田が試合への意気込みを語った。

ラグジュアリー吉田
「皆さん、ごきげんよう。ルァ~グジュアリ~♪今回の試合は、チャンピオンであるボクの権限でBBJが誇る美女軍団を集結させた試合を谷口さんに組んでもらいました。なかなかにラグジュアリーなカードなんじゃないでしょうか。美女に囲まれたヒーローが悪の軍団を打ち倒す……ラグジュアリーですねえ、フフフ」

――チェリー選手、赤井沙希選手、竹林早苗選手に加えてW YUKIの2人と合計5人。両手に華どころか両手足を超える数の華が集まりました
吉田「男には手足以外にもう1本……おっと、お天道様が見ている時間にこの先を言うのはラグジュアリーではありませんねえ、フフフ」

――今回パートナーとなる3人にはどういう印象がありますか
吉田「チェリーさんは年齢を感じさせないベストボディを作り上げていますね。青いフレッシュな果実も良いものですが、チェリーさんの魅力を喩えるなら、そう……エイジングされたワイン。自らが持つ魅力を強く主張するのではなく、熟成されて角が取れ、より洗練された繊細な味わい。そんなたおやかな魅力と激しい闘いぶりのマリアージュに期待したいですねえ」

――赤井選手についてはいかがでしょう
吉田「赤井さんは、整ったお顔にしなやかな躰。神がすべてを与えたかのような女性。喩えるなら、そう……上質な輝きと透明感を誇るルビー。そして、ただでさえ美しい宝石が闘いという激流の中で磨かれて唯一無二の輝きを放つ宝玉となった。そんな赤井さんをエスコートさせていただけるのは恐悦至極ですねえ」

――竹林選手についてはいかがでしょう
吉田「彼女のことはずっと見守ってきました。このラグジュアリーなチャンピオンの私から見たら、彼女はプロレスラーとしてはまだまだ未熟。喩えるなら、そう……つぼみの状態です。ただ、ご存知ですか?竹の花は120年に1度しか咲かないと言います。彼女はBBJ旗揚げと同時にデビューして4年間頑張ってきました。長い時を経て、開花のときは近いと思いますよ。そして、竹の花言葉は“強さ”。この試合では彼女が咲き誇るための強さを見せて欲しいと思います」

――W YUKIのお2人に関してはいかがでしょう
「んん~っ、2人ともエッチでいいんじゃないですか?公私共にボクを支えてくれるパートナーですからねえ。闘いの場にも一緒に上がらせてもらいますよ」

――ダンカンプロレス軍団については……
吉田「ボクと相対するには彼らにはオスとしての魅力が足らないですよ。エリナ様のいないDPGなど、むさ苦しい小悪党集団でしかありませんよ。悪に走る人間っていうのはね、自分に自信がない人間なんですよ。ボクのように自らが光り輝いていれば闇に呑まれることはありませんからね。子猫ちゃんたちの前で悪を成敗して、夜の歌舞伎町で祝勝会をするのが今から楽しみですよ」


 続いて、メインイベントでBBWスーパーボディ級王座を争う唐澤志陽、なべやかん、アントニオ小猪木が試合に向けての意気込みを語った。

唐澤志陽
「やかんさんをボコボコにすれば平子理沙さんが来るらしいんで。平子理沙さんを呼んでママ活してスポンサーになってもらうくらいの気持ちで闘います。小猪木さんは……あんまり思い入れないんでよくわかんないです。なんか団体に勝手に組まれちゃった試合なんですけど、余裕で勝てそうなんでいいかなって。このお笑いコンテストを勝ち抜いて防衛したいと思います」

アントニオ小猪木
「8月の西口プロレスで西口のチャンピオンになったので、ここでバッチリ勝って二冠を取りに行きたいと思います。というか、チャンピオンは初防衛戦なんでしょ?よく我々を相手に選んだなと。さっき『お笑いコンテスト』って言ったけど、それを言うならただの勝ち負け以上に自分がどう我々を転がすかってのが試されるんじゃないですかね!どんな面白い展開にしてくれるのか楽しみですね。僕は唐澤選手がムエタイ出身で、ランバー・ソムデートM16さんの弟子って聞いたときにすごい興奮したんですよ。尊敬出来る伝説のタイ人のムエタイ選手なんですけど、“ランバー”という意味を調べたら“バカ”って意味なんですよ。それくらいはっちゃけた選手が師匠にあたる唐澤選手にはもっとバカになってもらいたいですよ。こんな気取った感じじゃなくてね、この試合をキッカケに唐澤さんにランバーになってもらって、猪木さんじゃないけど、とことん馬鹿になってもらって、リングネームを“ランバー唐澤”にするような、そんなお馬鹿な唐澤選手が見たい!やれんのかオイ!」

なべやかん
「このベルトを取れば、BBJの全ベルトを制覇してグランドスラムを達成することになるんでね。個人的には絶対に取りに行きたいですよ。で、『お笑いコンテスト』でしたっけ?チャンピオンとしてお笑いコンテストに出るなら、いかりや長介になれんのか!ちゃんとチャンピオンとして回せんのか!長さんよりも志村さん、加藤さんのほうが人気があって芸達者でしたよね?これはもう、チャンピオンとしての力量を見せてもらおうじゃないかって話ですよ」

――唐澤選手、挑発の言葉が思わぬ強さで返ってきてハードル上がってしまいました
唐澤「ハードル上がっちゃいましたねえ……(笑)まあ、お笑いの世代交代ですよ。おじさんたちの笑いは古いんですよ。面白いと思ってやってんのかもしれないけど今の若い子には刺さらないですからね。僕はツッコミの立場で蹴り倒します。往年の痛みが伝わるお笑いを見せます。いや、笑えないくらいの残酷な蹴りをバシバシ入れてやるから覚悟しとけよ」

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Tokyo September 2022~』
日程:2022年9月28日(水)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼シングルマッチ
[DPG]大石真翔(DDT)
vs
榎本高志

▼SEXY BODY JAPAN Tokyo September

▼6人タッグマッチ
谷口智一/バキュームけーすけ/木村昌嗣
vs
政宗(フリー)/石井慧介(ガン☆プロ)/前口太尊(飯伏プロレス研究所)

▼6人タッグマッチ
[ベストぽっちゃりジャパン]男色ディーノ(DDT)/大鷲透(フリー)/伊橋剛太(DDT)
vs
小仲=ペールワン(666)/ライジングHAYATO(愛媛/全日本)/イマバリタオル・マスカラス(愛媛) with キューティエリー・ザ・エヒメ(愛媛)

▼8人タッグマッチ
ラグジュアリー吉田/チェリー(フリー)/赤井沙希(DDT)/竹林早苗 with W YUKI
vs
[DPG]諸橋晴也(フリー)/鈴木悟(フリー)/大和ヒロシ(フリー)/ベストボディ・ベイダー

▼BBW世界スーパーボディ級選手権試合 3WAYマッチ
【王者】唐澤志陽
vs
【挑戦者】なべやかん
vs
【挑戦者】アントニオ小猪木(西口)
※唐澤は初防衛戦。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る