「今が潰すタイミングだと思った」同い年の顔面にSKE48の荒井優希がカカト落とし!両国国技館でベルト挑戦へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11日、後楽園ホールにて東京女子プロレス『Positive Chain '22』が開催。SKE48の荒井優希が鈴芽とシングルマッチを行った。

 両者は98年生まれの同学年ではあるが、鈴芽は2019年デビュー、荒井は2021年デビューとプロレスラーとしてのキャリアは2年以上の差がある。
 戦前に荒井は「鈴芽さんはすごく先を行ってるような印象がある先輩だったので、シングルで闘えることを嬉しく思います。すごく対照的な部分が私たちにはあるなって感じていて、私はやってきた期間は短いけど積み重ねてきたものもしっかりあると思ってる。負けたくない相手でもあるのでしっかり自分の意地を見せていけたらいいなと思います」と意気込んでいた。

 試合は鈴芽がスピードとテクニックで翻弄していくが、体格で勝る荒井が技を受けきりギリギリで返していく。カウンターのボディスラムからビッグブーツの連続で流れを掴んだ荒井は得意のサソリ固めで決めにかかるが、逃れた鈴芽がFinally(=カカト落とし)を丸め込みで切り返す。荒井もリングアベル(=RKO)を切り返すとお互いエルボーの殴り合いとなるが、最後は荒井がリングアベルをフルネルソンバスターで切り返してのFinallyを叩き込み3カウントを奪った。


 先輩から勝利した荒井はセミファイナルのインターナショナル・プリンセス王座戦後にリングに現れ、ベルトを防衛した伊藤麻希へ「デビュー戦の時伊藤さんは『何年たってもいいから伊藤麻希を潰しに来い』と言ってくれました。私は、今が伊藤麻希を潰すタイミングなんじゃないかと思って、自信を持ってここに来ました」と宣戦布告。
 これを受けて伊藤は「改めて言うよ。伊藤麻希を、潰しに来い!」と挑戦を受け、3月19日両国国技館での王座戦が決定した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る