藤田ミノルが1・30後楽園でのUNIVERSAL王座獲りを宣言!最後の前哨戦で王者・佐々木大輔から直接勝利

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが1月22日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Sweet Dreams!2022 TOUR in YOKOHAMA」開催。同30日、東京・後楽園ホールで佐々木大輔が保持するDDT UNIVERSAL王座に挑戦する藤田ミノルがベルト獲りを口にした。

 タイトル戦を前に、最後の前哨戦となった横浜大会で、佐々木はMJポーとのタッグで、藤田、ヤス・ウラノ組と対戦。

 序盤は佐々木と藤田がグラウンドでの攻防を繰り広げ、場外戦になると藤田が鉄柱に佐々木の額をたたきつけるなど、藤田組のペースで進んだ。その後、藤田がアンクルホールドで絞り上げると、佐々木はペディグリー、クロス・フェースロックで応戦するも、なかなか主導権が握れず。藤田のスピアが誤ってレフェリーにヒットすると、藤田は佐々木のお株を奪うかのように、佐々木、ポーに相次いで急所蹴り。藤田は雪崩式ブレーンバスター、スピア、変型ツームストーン・パイルドライバーとたたみかけて佐々木から3カウントを奪取。これで藤田は同7日、東京・新宿FACE大会に続き、前哨戦で2連勝を飾った。

 マイクを持った藤田は「去年(7月の)ダムネーション興行で、俺は佐々木に勝ちました。1月7日、MJポーから3カウントを奪いました。そして今日、佐々木からもう1回3カウントを奪いました。30日は勝ってるところからスタートなんです。後楽園の大きな舞台で、ど腐れインディーを主戦場とする、このベテランで心肺機能の悪い私が、DDTという素晴らしい団体でUNIVERSALのベルトを必ず獲ります」と王座奪取を宣言。

 バックステージで藤田は「今日の勝利で確変にまた入ったので。あとは後楽園で次の当たりを待つだけ。30日勝って、ベルトをもう1個増やすだけ」と自信満々に語った。

 藤田相手に、まるで勝てない佐々木は「オマエのすべてを見切ったぞ。俺はすべてを懸けて藤田ミノルに勝つ。ぶっ潰してやるよ」と吐き捨てた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る