ロッシー小川に6人引き抜かれても大丈夫!元スターダムやグラドルなど25人以上在籍するアクトレスガールズの可愛くて美人なエース級の逸材たちを紹介!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、ロッシー小川が旗揚げした新団体『マリーゴールド』に、風香率いる元アクトレスガールズの6人が合流した。前日までタイトルマッチを行っていた現役王者を含む引き抜き行為に業界内外から様々な声があがっているが、もうこれでアクトレスガールズは終了の危機なのか?

 実際に人気上位10名から6名が抜けたも同然の状態なので、短期的に見ればピンチだろう。だがまだアクトレスガールズには25名以上が在籍しており、代表の坂口敬二氏が舞台女優からスカウトした選手は今では世界で活躍し、その審美眼は業界随一のものと信頼が置かれている。
 坂口代表が女子プロレス界に生み出した選手は、カイリ・セイン(宝城カイリ)、翔月なつみ(澄川菜摘)、安川惡斗(惡斗)を筆頭に、安納サオリ、万喜なつみ、まなせゆうな(愛星ゆうな)、中野たむ、ひめか(有田ひめか)、川畑梨瑚などすでに引退した選手も含めれば100人近くを輩出してきた。
 アクトレスガールズに注目が集まっている今、現役で頑張っている逸材たちを紹介したい。


 まず次期エース候補として、現在タッグユニット“真夏の汐風”として活動している夏葵と汐月なぎさがいる。
 夏葵は4歳からバレリーナとして活動し、昨年今年と開催されるバレエ『えんとつ町のプペル』にも出演する女優。体幹に裏打ちされた華麗な動きで注目を浴びる彼女は、ベストボディ・ジャパンが主催するセクシーボディコンテストでグランプリを受賞し、その健康美から今年2月にヤンマガWEBでグラビアが掲載されるほど注目を浴びている。
 パートナーの汐月なぎさはTBSドラマ『日本沈没~希望のひと~』などに出演している若手女優であり、ハーフのような美人な外見のイメージ通り、日本舞踊と英語を得意としている。技も赤井沙希のケツァル・コアトルを使用しており、美人レスラーの系譜を継ぎながら魅せる試合ができる選手に成長中だ。

 トップ選手としては、元スターダムの惡斗(安川惡斗)と元REINAの茉莉(坂本茉莉)が在籍。女優出身の惡斗は、プロレス技術を用いて演劇の世界で表現する『アクトリング』でもユニットを率いており、今回の移籍騒動でも「私が連れてきた子達を置いていくことはできない」と残留の意思を固めたと語っている。
 忍者としても活動している茉莉は、昨年末までAWGシングル王座のチャンピオンとして団体を率いており、後輩の技術指導を行いながらYoutubeでのゲーム実況などアクトレスガールズを外に広める活動を熱心に行っている。ゲーム実況も昨年はモンスターハンターシリーズと公式コラボに成功し、ハリウッドスターが来場するコミックコンベンションでのステージ制作も茉莉が手掛けているものだ。

 ヒールユニットとしては元JDスターのMARUが率いる蛇道衆が存在している。Hカップグラレスラーのキラ☆アン、誰よりも女子プロレスラーらしい体型でアジャコングと競った事もある大型選手のブルドーザー轟、舞台女優で声優の岩井杏加が所属し、コミカルながらも凶器を使ったラフファイトで試合をかき回す存在だ。

 カワイイ選手だけではなく、男装系俳優として活躍する喜屋武蓮はコミカルVerの蓮燦(レンサン)とイケメンVerの蓮を使い分けて試合を行っており、男装ホスト状態でリングに上がると会場から黄色い声援も上がる。
 163cmのパワーファイターとしてデビュー戦から勝利した天職ゆいは、声優・俳優・歌手・ゲームメーカーの公式Youtubeチャンネル出演など試合だけでなく多方面全てに全力で挑む若手だ。

 その他にも声優でプロコンカフェ嬢の入江彩乃、アイドル出身の未依、妹キャラで可愛さ特化のかなみっく、全日本プロレスでも話題をさらった“自称・グレートム●の落し子”グレート朝子(みあ朝子)など様々なキャラクターが存在し群雄割拠の状態に。
 直近では4月26日(金)に新木場公演、5月3日(金・祝)には大阪公演を控えており、8月14日には後楽園ホールでも公演を行う。
 次々引き抜かれるほど魅力的な逸材たちを、今注目を浴びているこの時に会場で確認してみてほしい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る