【インタビュー】『闘魂を背負ってるか俺が査定してやる!』澤田敦士とヘビー級対決を行う関根“シュレック”秀樹が語るストロングスタイルプロレスでの戦い

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 某日、3月21日に後楽園ホールで開催される『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.28』に出場する関根“シュレック”秀樹が試合にかける思いを語った。

 関根“シュレック”秀樹は、警察官を経て柔術家としてプロのリングに上がるようになり巌流島などで活躍。若かりし頃にプロレスラーを志した夢を諦めることが出来ず、盟友・佐藤光留の主催するハードヒットにて2018年7月にプロレスラーデビューも果たした。

 最近ではRIZINでの活躍が知られ、ベイダーマスクを被り、入場するという“プロレスラー”としての愛と誇りを以て試合に臨む姿が話題に。エモーショナルな試合内容やマイクなどが格闘技ファン・プロレスファンの心を打ち、今のシュレックは日本人ヘビー級MMA選手で最も人気の高い選手の1人になっている。

 アントニオ猪木さんの追悼興行『INOKI BOM-BA-YE×巌流島』に“令和猪木軍”のメンバーとして出場するなどストロングスタイルの魂もその胸に秘めているシュレックの闘いぶりは初代タイガーマスクや“過激な仕掛け人”新間寿も認めるところであり、昨年12月にはストロングスタイルプロレスの頂点であるレジェンド王座にも挑戦した。惜しくもベルトを手にすることはできなかった関根は、本大会では第2試合で日高郁人と組み澤田敦士&政宗と対戦。
 IGF出身である澤田とのヘビー級対決に注目が集まる中、関根は世間を賑わす“闘魂”のあり方を問うた。

『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.28』
日程:2024年3月21日(木)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼タッグマッチ 30分1本勝負
関根“シュレック”秀樹(ボンサイ柔術)/日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
澤田敦士(フリー)/政宗(フリー)

■プロレスと格闘技とでは勝負の価値観が違う

――現在ストロングスタイルプロレスにほぼレギュラー参戦されています。その立場になられた事に関してどう思っていらっしゃいますか?
「やっぱりフリーでやっているとレギュラー参戦させてもらえるのはすごいありがたいですね。プロレスラーの表現というものは、1回の試合で表現することもあれば1年通して戦って表現していくという事もあるので、参戦を通じての戦い方をファンに見せられるのはすごいありがたいですね」

――連続した参戦の中で日高選手とのタッグは3回目となります。息もあってきた部分も出てきたのではないかと思うのですが
「息あってきてますかね?(笑)日高選手は僕らとは毛色が違うプロレスラーで、自分はリアルな格闘プロレス。日高さんはスタイルが異なるので、その部分でどう融合していくかという部分は課題ではありますよね」

――日高選手とお話されて学ばれた事などありますか?
「控室でもプロレス界の大先輩ですから色々教えてもらうこと沢山ありますね。プロレスラーとして競技としての格闘技とは異なり、もっとお客さんを意識したほうがいいという事は教わりました。入場であったり技を決めたあとの間だとか、説得力だったりであるだとか。やっぱり勝負の価値観が違うのでプロレスと格闘技とでは。格闘技は競技として勝敗を決するわけじゃないですか?勝利へのベクトルが全てではあるけど、プロレスは説得力なんですよ。わけわかんないうちに勝つのではなくてお互いの根比べだったり、誰にでもわかる決着というのが一番いいわけであって。終わった後に『え?あいつ勝ったの?』ではいけないと思うんです。なのでお互い死力を尽くして、勝てるところで勝つんじゃない、全てを出して自分も相手もお客さんも納得して勝つ。お客さんがわからないものは勝ちではない、わかりやすい技の説得力や強さっていうものを間を通じてだったり、畳み掛ける攻撃も分かりづらいものだったら待ってという部分の大切さですね」

――そういう点では今回の対戦相手の政宗選手は関節技であったり打撃であったり変幻自在なファイトスタイルでやりづらい相手ではあると思います
「そうですね~・・・自分の場合は正直言うと関節技なんていうのは僕に通じるわけがないと思ってますよ。サトシ(・ソウザ)とかクレベル(・コイケ)とか格闘技界でも柔術界でも世界と戦ってきた相手とやってきたわけで、試合でもほとんど一本獲られてきてないですよ。そう考えたら獲られるわけないんだけど、プロレス特有の間だったりだとか、競技だったら勝利に直線的に行くところを回り道して最終的に勝つのがプロレスだと思うんですよね。そういった部分の価値観の違いでくらっちゃう事はあるのかもしれないですね。予想がつかない攻撃で」

――政宗選手は自分の世界観で相手のカラーを染めていくタイプでもあるのでもっていかれてしまうかもしれませんね
「自分としてはやっぱり日高さんに政宗は任せて、ヘビー級はヘビー級同士、澤田さんぶっ潰したいという思いはあるけど、それってタッグじゃないので。ここが難しいところですよね」

■澤田敦士にアントニオ猪木を感じたことありますか?

――今言葉にもあった澤田選手とのヘビー級のぶつかりあいがお客さんも期待しているところだと思います。澤田選手にはどのような印象がありますか?
「昔IGF出てた選手で、今議員さんですか?練習してんの?って感じですね(苦笑)練習せずに出てきて痛い目あっても知らないよって。柔術家でしたっけ?俺も柔道やってますからね(苦笑)」

――澤田選手は猪木イズムの継承者でもありますが
「澤田選手から闘魂を感じたことないですね、イメージも。感じたことありますか?闘魂というよりは澤田さんに猪木さんを感じたことありますか?それははっきり言わせてもらいますよ。世間の猪木ファン、社会で戦ってるサラリーマンのほうがよっぽど闘魂背負ってると思いますよ俺は」

――そういう意味では関根選手の中にも闘魂はあると
「自分は猪木さんのもとではやれなかったですけど、小学校から知った闘魂を背負ってずっと人生を渡ってきましたから。機動隊の時だって、上司の分隊長とかも『元気があればなんでもできる』って普通に言って訓練やってましたからね。『道』だってそらで暗唱できますよ機動隊は」

――猪木イズムとしても負けられないですし、ストロングスタイルプロレスの中での重量級最強を見せるうえでも負けられない戦いですね
「澤田さんに見せてほしいですよ意地を。自分は警察辞めて今格闘技とプロレスを専業でやってますよ。議員さんに出来るんですか?って。見せてくださいよ」

■団体の中で女子と男子のライバル関係があってもいい

――今のストロングスタイルプロレスの中でのモチベーションはいかがですか?
「やっぱりベルト欲しいですよね。僕らからするとアントニオ猪木っていうレスラーが一番強くて、ちょうど自分が保育園の頃にアステカイザーっていう特撮物が新日本プロレス全面協力であって、それでプロレスを知ってその後タイガーマスクのブームが来て。ほんとにあの頃のストロングスタイルがあるのがこの団体なので、自分の人生の答え合わせみたいなものがこの団体にあるので、ベルトは欲しいですね。その部分で真霜(拳號)さんに負けて間下さんに負けて、やっぱり積んできた重さを感じましたから。単純に格闘技でやったら俺のほうが強いけど、プロレスはそうじゃないです、積んできたものですよね。真霜さんにしたってそうですよ。積んできたものの差でギリギリじゃなく負けたと思ってます。多分何回やっても負けると思いますあの時点では。だから次は負けないように自分は積んでいかないといけないなと、その階段を下まで落ちたところですよ今は」

――今回の試合はその一歩目として踏み台になってもらうと
「踏み台というか次のいつくるかわからないタイトルマッチに向けて、この土台部分をおろそかにしてはいけないので。澤田選手をしっかり丁寧に潰していかないといけないなって今は思いますね。踏み台じゃないですね、今同じ位置にいるから対戦が組まれたわけで、団体からしたら『今澤田とお前は同じ位置なんだよ』って事で第2試合で組まれてるわけですから。ほんとにフラットな立場で組まれているので、しっかり丁寧に潰して土台にします」

――最近のストロングスタイルプロレスは女子の試合が多く、先日関根選手が挑戦したタイトルマッチがセミで女子の試合がメインになることもありました。そこに関して思うところはありましたか?
「女子だ男子だと今そういう事言っちゃいけないですね。これは単純に男子も女子も同じなんだから、タイトルマッチを行うってなった時に格で、タイガークイーンは自分たちと同じかもしれないけどやっぱりジャガー(横田)さんたちがどう考えたって格上ですから。これはしょうがないと思います。自分はちゃんと見れなかったですけど、いろんなマスコミやファンの話からしても僕らのセミ、ストロングのタイトルマッチよりそれ以上のものを見せてくれたと思うんで、悔しいとかそういうのじゃなくてどう思うかじゃなくて越えられる試合をしていかなきゃいけないなって。女子と男子じゃないですね。これは逆に言ったら僕らがメインでやった時に下手をすると『セミが良かったけどメインはダメだった』ってなった時にどえらい事になるんで。それはジャガーさんたちもプレッシャーになったと思いますよ。実際僕らも前回いい試合したから今回男子がメインになってるんで、やっぱりお互い意地を持って、男だ女だというのはナンセンスなのかもしれないけど、やっぱり違うタイトルなんだからそこでもライバル関係あってもいいのかなと。今回男子がメインだったから女子が『次は私達がメインをとる』ってすごくいい効果が生まれてるんじゃないかな。実際ストロングスタイルプロレスのお客さんは選手の目から見ても増えてるし、熱が違うと思います。自分がスーパーとやった時のシングルもそうだし、真霜さんの時もそうですよ。それよりも間下くんとやったタイトルマッチの方がすごい声援が聞こえたしお客さんの熱が戦っている自分たちにも伝わってきたし。これは本当に女子もあわせて一生懸命やってきた結果なのかなと思いますよね」

――関根選手から見て今のストロングスタイルプロレスの魅力はどこにありますか?
「・・・思いっきり殴ってもいい!間下くんにしろスーパーにしろ、船木さんもそうですよ。俺を思いっきりぶん殴ってますからね掌底で。俺だって、間下に渾身のジャーマンでしたよ。あんな渾身のジャーマンなかなかやらないですからね(笑)奴らがやってくるから俺もやっていいやってなるし、船木さんの掌底もテンプルに思いっきり入ってますからね。景色が回りましたから」

――よく意識を保てましたね
「しょうがないですよ。船木さんの全てを受け止めるって言ってしまったので」

――その中で改めて今回の試合で見せていきたいものというのはなんなのでしょうか
「俺はストロングでもそうですし他でもそうですし、毎日厳しい練習もしてるし、試合もRIZINでもシュートボクシングでもきつい試合してるし、そこの違いを澤田選手に見せていきたいですね。お客さんにも。戦ってるんだと。お前戦ってるのか?ちゃんと闘魂背負ってんのか?っていうのをね、逆に問うていく戦いですね。試合の中で彼の闘魂が蘇ればいいのかなって。どうも見えないんでね彼には闘魂が。弟子として居たことは間違いないかもしれないけど、弟子としての経歴があるだけで今闘魂背負ってるのかい?他にもいるじゃないですか、鈴木秀樹、藤田和之、みんな背負ってるじゃないですか。お前背負ってるのかい?俺が査定してやるよ」

 プロレスを愛してプロレスラーとなった関根にとって、アントニオ猪木、そして闘魂には譲れない並々ならぬ思いがある。
 闘魂の継承者としてプロレスと政治の双方でアントニオ猪木と接してきた澤田。その闘魂を“査定する”関根が見せる新たなストロングスタイルでの戦いに注目だ。

『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.28』
日程:2024年3月21日(木)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼シングルマッチ 30分1本勝負
野崎渚(フリー)
vs
柊くるみ(プロミネンス)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
関根“シュレック”秀樹(ボンサイ柔術)/日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
澤田敦士(フリー)/政宗(フリー)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
タイガー・クイーン/雪妃真矢(フリー)
vs
Sareee(フリー)/本間多恵(フリー)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
スーパー・タイガー/船木誠勝(フリー)/ザ・グレート・サスケ(みちのく)
vs
ダーク・ウルフ(DarkerZ)/村上和成(フリー)/関本大介(大日本)

▼SSPW女子タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/CRYSIS】ジャガー横田(ディアナ)/藪下めぐみ(フリー)
vs
【挑戦者組/DarkerZ】ダーク・タイガー/ダーク・チーター

▼レジェンド選手権試合 60分1本勝負
【王者】間下隼人
vs
【挑戦者】アレクサンダー大塚(AODC)
※第17代王者は3度目の防衛戦。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る