DDT初の“インターンレスラー”鈴木翼がプロデビューに意気込み! 「自分のやってきた数年を信じて高尾選手を倒しにいきたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月14日、都内で『Judgement2024〜旗揚げ27周年記念大会5時間スペシャル〜』(3月17日、東京・後楽園ホール)に向けて公開記者会見を行った。DDT初の試みとなる“インターンレスラー”鈴木翼が高尾蒼馬とのプロデビュー戦に向け意気込んだ。

 鈴木は学生プロレス団体・一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)で“母の子”マザコンキッドのリングネームで活躍している現役大学生プロレスラー。昨年1月29日の後楽園、同年3月12日埼玉・所沢航空記念公園ではDDTでの試合出場を経験している。今回インターンシップ(主に学生が就業前に企業などで就業体験をすること)としてDDTで継続的に試合に出場し、一定期間の活動後、正式に入団するかどうかを本人と団体間での協議のうえ決定することになる。

 プロデビュー戦の相手を務めるのはUWF関東学生プロレス連盟出身で、CIMAをオマージュしたBIMAの名で活動していた高尾蒼馬になる。

 鈴木は「学生プロレスの先輩である高尾選手とプロのリングで戦う貴重な経験をいただいたので、自分のやってきた数年を信じて高尾選手ことBIMA選手を倒しにいきたいと思います」と武者奮い。

 高尾は「彼は直属の後輩ではないですが、学生プロレスというそんなに人口の多くないサークルの後輩なんで、学生プロレスをやってくれてるのはうれしい。ただ先輩なので、学生プロレスとプロの違いを教えられたら。プロの厳しさを教えられたらと思います」とコメント。

 目標とするプロレスラーは飯伏幸太だという鈴木は「まだ言える立場ではないですが、ゆくゆくはKO-Dを目指していきたい」と夢を馳せた。

 鈴木は若手選手によるトーナメント「D GENERATIONS CUP 2024」(3月21日、東京・上野恩賜公園野外ステージで開幕)にもエントリーされており、デビュー早々、試練の戦いが続くことになる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る