日本の女子プロレスに魅了された1人のアメリカ人が叶えた大いなる夢!ロサンゼルス発の女子プロレス『KITSUNE』が日本初上陸

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京都・新木場1stRINGにてKITSUNE女子プロレス『First Show in Japan!~KONNICHIWA!~』が開催された。

 正式名称『Kitsune Women's Japanese Wrestling』は今年10月22日にロサンゼルスで誕生した女子プロレスのプロモーション。
 近年、女子プロレスは日本発のサブカルチャーとして世界で人気が高まっており、今年9月には日本のコミック風のキャラクターたちが多数登場するプロレス団体としてSukebanが誕生。日本の女子選手が海外で試合をする機会も年々増加している。

 KITSUNEを旗揚げしたエリック・ハワード(Eric Howard)さんは、親の影響で物心付く前からプロレスに触れて育った筋金入りのプロレスファン。2016年に初来日してスターダムを観戦したことで日本の女子プロレスの虜になり、我闘雲舞との関わりを経て“業界人”へ転身。
 「日本の女子プロレスという文化を世界に伝えなければならない」という使命を感じたエリックさんは、ポッドキャストで日本の女子選手の英語インタビューを世界に向けて発信する活動を続けていたが、さらに世界へ響かせるために自身の団体を作ることを決意。長与千種の協力を得ることに成功し、今年10月22日に“アメリカ生まれの日本の女子プロレス団体”であるKITSUNEが誕生した。

 第1回大会ではシングル王座であるKITSUNE世界王座をウナギ・サヤカが戴冠したことで話題を呼び、第2回大会となる今大会で悲願の初来日。アメリカで生まれたプロモーションが日本に逆輸入された形だ。

 大会オープニングでリングに立ったエリックさんは、「私はプロレスが大好きです。毎年日本に来ます。この大会は私にとって本当に特別なものです。日本で大会ができて本当に信じられない。この団体は半分日本の団体、半分アメリカの団体です。皆さん、応援のやり方はアメリカみたいに大きい声でお願いします。そしてエネルギーと愛を届けて大きい声で応援してください!」と熱い想いが伝わる挨拶。

 その後、エリックさんは本部席で心底楽しそうに試合を見守っていたが、松本浩代と中島安里紗が場外乱闘にエリックさんを巻き込んで大暴れ。2人にチョップを要求されたエリックさんは優しい優しい一撃を打ち込んで大興奮の様子だった。


 今大会には現在の女子プロレスシーンに於けるトップ選手やレジェンド選手も数多く参戦していたが、メインを託されたのはウナギ・サヤカ&宝山愛&杏ちゃむvs本間多恵&Aoi&Yappyという若手世代を中心とした6人タッグマッチ。
 KITSUNEの次世代エースの座を狙うべく全員が激しい自己主張を行う熱い試合展開が続く中、この試合がデビューしてから初めてのメインであるという宝山が躍動。そんな宝山をウナギ&杏ちゃむがサポートして終盤には完全に試合を支配。最後はウナギがYappyをスライディングTANAKAで沈めた。

 試合後、マイクを取ったウナギはこの日がエリックさんの誕生日であることを明かし、サプライズで花束をプレゼント。会場全体で『Happy Birthday to You』を歌って祝福するという多幸感あふれるエンディングとなった。

 大会を終えたエリックさんは、「本当に最高の夜だった。とても楽しくて、今はこの気持ちを言葉に現すことはとても難しい。彼女たちは普通では考えられないほどの素晴らしいショーを見せてくれた。今夜のことは始まりに過ぎません。次のショーではもっとクールなことをやるつもりです。次がいつになるかは分からないですけど、次のショーにはアメリカのレスラーを連れてくるつもりです。アメリカでやるのと同じように、ここ日本でも、日本とアメリカの才能ある選手たちが対戦をしていく予定です。私は日本の女子プロレスを本当に愛しています。アメリカのレスリングも相当にレベルが高いものですが、日本のプロレスはそれに勝っているところもたくさんあります。彼女らはただただクールで、ただただ最高に面白い。アメリカで見るものよりも私を熱狂させてくれる」と人生最高の誕生日を過ごせたことの喜びを語った。


 KITSUNEはアメリカ風にローカライズしたものを提供するのではなく、“日本の女子プロレス”をそのまま表現することを追究している。今大会の内容は日本でプロレスを見ている日本のプロレスファンにとっては全く新鮮味が無いものであったが、それがむしろ成功の証であり、一番大切なことだと言える。
 日本の女子プロレスの精神やエッセンスを真に理解し、“日本の女子プロレス”をそのままアメリカで発信できるKITSUNEが誕生したことにより、この文化はさらに世界へと広まっていくだろう。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る