“ハレンチユニット”フェロモンズが2年余に及ぶ活動に終止符!「つらいときはフェロモンズを思い出せ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが10月4日、東京・新宿FACEで「God Bless DDT 2023 TOUR in SHINJUKU」を開催した。2年余にわたってDDTマットを席巻してきた“ハレンチユニット”フェロモンズが、その活動に終止符を打った。

 2021年8月に男色ディーノと飯野雄貴がタッグチームを結成。2人は男色“ダンディ”ディーノに、飯野“セクシー”雄貴に名を改め、フェロモンズとして始動。その後、今成“ファンタスティック”夢人、竹田“シャイニングボール”光珠が加入し勢力を拡大。だが、あまりのハレンチさに討伐隊との抗争が激化。なかなか、決着はつかなかったが、9月9日、東京・大田区総合体育館で最終決着戦として、飯野 with ディーノvs彰人による「解散コントラ副社長」が行われ、彰人が勝利して解散が決定。

 この日はファイナルマッチとして、4人が集結し、彰人&上野勇希&MAO&小嶋斗偉と対戦。ところが、竹田は足の負傷により欠場となり、セコンドに就き、3vs4のハンディ戦になった。解散試合ながらも、フェロモンズはお下劣殺法全開。途中、MAOが洗脳され、フェロモンズ陣営に就くも、正気に戻る。フェロモンズのピンチに、1日体験入店したことがある遠藤“ヘラクレス”哲哉がOバックで助っ人に入り、形勢を逆転させて去って行った。その後、松井幸則レフェリーが失神、会場責任者が失神。フェロモンズがセクシーピーラーで攻め立てると、今林久弥GMがストップを掛け無効試合に。

 この事態に、飯野が「やり足りねぇ! 今林、試合やってくれ」と要求し、飯野と今林GMによる緊急決定試合に突入。今林GMもスタナー、STFで奮戦も、飯野がSTP(ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェロモン)で秒殺。

 飯野が「つらいときはフェロモンズを思い出せ!」と絶叫すると、竹田がOバック、ディーノが帽子、今成がビデオカメラ、飯野はOバックを脱いでリングに置き退場。ファンに惜しまれながら、ついにフェロモンズ劇場が幕を閉じた。

 なお、5日午前0時より、生配信でフェロモン裁判が開廷。飯野と今成はディーノに強要されたとして、ディーノに有罪判決。今成はサイバーファイト退社、飯野はリハビリのため一定期間フェロモンを抜く期間を設けることに。ディーノは社名(リングネーム)を変更せざるを得ない可能性が浮上した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る