大仁田厚が電流爆破戦後に藤波辰爾に対戦要求も無視されガッカリ。FTO20周年大会で邪道と飛龍が邂逅ならず

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、大分県・お部屋ラボ 祝祭の広場にて『プロレスリングFTO20周年大会 THE BIG SHOW』が行われた。

 この大会は、大分を盛り上げようという地元の200社の企業の協賛により入場料無料で開催。会場には1,000人を超える観客が集まった。
 この大分の夢の大会には、地元大分件出身の藤波辰爾、福岡在住の大仁田厚をはじめ、全日本プロレスの石川修司、みちのくプロレスのザ・グレート・サスケ、大阪プロレスのスペル・デルフィンなど豪華な顔触れが参戦。

 第7試合には藤波が石川&サスケとタッグで出陣しドラゴンスリーパーを決めて勝利し会場が拍手喝采に包まれた。

 大仁田は、第8試合のメインイベントに登場。試合は、大仁田&佐野直&メジロ・キッド組が、スカルリーパーA-ji&リッキー・フジ&怨霊組と有刺鉄線電流爆破形式の試合で激突。激しい爆音に会場中がどよめき、最後は大仁田と組んだプロレスリングFTOの若手のホープ、メジロ・キッドが有刺鉄線電流爆破ボードに沈められ、スカルリーパーが20周年大会を勝利で飾った。

 試合後のリングのマイクで、大仁田は「藤波さん、もしまだいたら、出てきてください!」と兼ねてより対戦したい相手として名前を挙げていた、藤波に呼びかけるも、藤波はリングに現れず呼応することはなかった。

 大仁田は「まずはFTO20周年、おめでとうございます!こんなにも地元企業の協賛を得て、こんなにたくさんの選手を呼んで。すごい大会をやってのけた。プロレスで大分を元気にしたいというスカルリーパーの思いと、それを応援してくれる企業がたくさんいる。すごいよほんと。プロレスを好きな輪を広げてくれてありがとう」と大会の成功に賞賛を述べた。
 その後、藤波に呼びかけた件に触れて「藤波さんは、大先輩で憧れで本当に強い選手。俺が若手の時のドラゴンブーム、そのもっと前から強くてかっこいい選手。俺は来年デビュー50周年を迎えるんだけど、電流爆破を新日本プロレスに上げたり、最近では全日本プロレスにも上げた。だけど猪木さんとはリングで触れ合えなかった。で、次の目標を考えた時、藤波さんの顔が浮かんだ。今日呼びかけたけど、しっかりフラれたよね(笑)。だけど、フラれて始まる恋路もあってもいいと思うんだ。」と撮ってもらった藤波とのツーショット写真を見せながら嬉しそうに語った。

 邪道流のドラゴンダンジョンは始まったばかりと言ったところか。邪道の50周年ロードの今後の展開に期待したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る