「僕にとっては永遠のヒーロー」藤波辰爾、藤原喜明、Sareeeがさがしたアントニオ猪木との思い出たち

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9月20日、有楽町にて映画『アントニオ猪木をさがして』完成披露試写会が開催。試写会前のレッドカーペットに藤波辰爾、藤原喜明、Sareeeが登場した。

 本作品は新日本プロレス創立50周年を記念し製作され、昨年10月1日に亡くなったアントニオ猪木さんがどのような人物だったのかが語られるドキュメンタリー映画。棚橋弘至やオカダ・カズチカ、プロレス好き芸人の有田哲平さんや講談師の神田伯山さんらが出演している。
 10月6日より全国ロードショーされる本映画に先駆け、この日は豪華ゲストを招いた完成披露試写会が行われた。

 試写会前のレッドカーペットには藤波辰爾、藤原喜明、Sareee、和田圭介監督、三原光尋監督、神田伯山さん、大槻ケンヂさん、橋本マナミさん、馬場園梓さん、三谷紬アナが登場。
 現在闘魂の継承者として戦っているSareeeは「猪木さんといえば闘魂ですね。リングに立つと一気に顔が変わって、かっこいいなと思っています。直接対談という形でお会いさせていただいたことがあって、私も赤いコスチュームを来て普段試合をさせて頂いてるんですけれども、猪木さんご本人から『すごい赤が似合うからいいと思うよ』っていうふうに声をかけていただいたことがあってすごく嬉しかったですね。あと父がすごく猪木さんの大ファンで、私の物心がついたころから猪木さんにはいろいろと学ばせていただいています。現役時代の猪木さんを実はあまりリアルタイムでは見れていないので、この映画を通じてもっともっと猪木さんを知ることができたらなと、とても楽しみです」と挨拶。

 出演者でもある藤波は「猪木さんのフィルムに登場させてもらうだけも光栄です。家にあるんですよ、猪木会長からねもらったネクタイ。猪木さんからもらったやつはねまだ緊張してつけられないんですよ。本人はこういう感じで映画が作られるっていうのは考えてないでしょうけど、自分で演出するのがすごく好きなんでね。いろんな形で口出しするんじゃないすかね。『ここはこうしろ!』とか、『これじゃないよ!』とかね。猪木さんはやっぱり常々試合で見る通りの、あのままの厳しい方なので。それとユーモアがある。そういう意味では我々も元気をもらう。そういう感じなんで、画面を通してまた皆さんとやる気っていうのかな、そういうのを感じられるんじゃないですかね」と感慨深そうに思い出しながらコメントする。

 緊張しながら現れた藤原は「(映画に出演している自分を見て)あんなに醜かったかなとがっかりしてます(笑)晩年と言うか今から10年ぐらい前、IGFの立会人をやらせていただいてたんでね。よく六本木で待ってると言われて、よく行ったんですけどね。猪木さん。すごく純粋な方で、鶴見で生まれて、そのまんま何か大きくなったような、すごく純粋で正直な方です。こういう話を聞いてですね、『こーれまとめるの大変だぞ』って言ったんですよ。どういうふうにまとめるんだろうな…綺麗にまとめてるな、流石だなあと。そう思いました」と先に映画のプロット版を見た感想を語った。

 最後に『あなたにとってのアントニオ猪木とは』と聞かれたSareeeは「私にとってアントニオ猪木さんとは、戦いの道へ導いてくださるそんな方です」と、藤波は「永遠のね、僕にとっては永遠のヒーローなんですけど、何度も戦ってお世話になった。僕にとっては道しるべ」と、藤原は「私にとってアントニオ猪木さんは神様でした」と語り、最後は「1,2,3,ダーッ!!」と腕を振り上げた。

 映画『アントニオ猪木をさがして』は、107分に込められた『アントニオ猪木』、棚橋やオカダやファンの中にいる『アントニオ猪木』が映し出され、それぞれの心にいるアントニオ猪木が思い浮かばれる名作となっている。
 プロレスへの思いがある人は、映画館に足を運び是非もう一度アントニオ猪木を生で感じてほしい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る