秋山&鼓太郎が電流爆破で大仁田組を破りアジアタッグ王座奪取!ヨシ・タツが大森隆男とのコンビで10・7三条で挑戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが9月18日、名古屋国際会議場イベントホールで「DRAMATIC EXPLOSION 2023」を開催した。全日本出身の秋山準、鈴木鼓太郎組が電流爆破バット&ボードタッグデスマッチで王者の大仁田厚、ヨシ・タツ組を破り、アジアタッグ王座を奪取。10月7日、ジャイアント馬場さんの故郷である新潟・三条市の厚生福祉会館で、ヨシ・タツが秋山の同期生・大森隆男と組んで雪辱を期すことが決まった。

 9年ぶりのDDTマットでのアジアタッグ選手権となった一戦は、王者組が奇襲をかけ、大仁田と秋山、ヨシ・タツと鼓太郎が場外で大乱闘。リングに戻ると、秋山がフロント・ネックロックで大仁田が絞め上げるも、ヨシ・タツがカット。大仁田が鼓太郎に毒霧を噴射し、ダブルアーム・スープレックス、コブラツイストと王道ファイト。すると、その状態でヨシ・タツが鼓太郎めがけて爆破バットを一閃。大仁田組は立てたイスに電流爆破ボードを設置し、鼓太郎にダブル・ブレーンバスターを見舞おうとするも、形勢逆転の秋山組が大仁田を投げる。ところが、爆破起動スイッチを押していなかったため不発。

それでも立ち上がった大仁田は秋山に毒霧を浴びせようとするが、秋山がかわしヨシ・タツに誤射。視界を奪われたヨシ・タツに秋山がエクスプロイダー。秋山と鼓太郎が爆破バットを持って、サンドイッチする形でヨシ・タツにフルスイング。すかさず、秋山がヨシ・タツをカバーして3カウントを奪った。鼓太郎はフリーだが、2014年の入江茂弘&石井慧介以来、9年ぶりにDDTの選手の手にアジアのベルトが渡った。

 潔く負けを認めた大仁田は秋山、鼓太郎と握手。秋山はマイクを持つと、「大仁田さん、いい経験させてもらいました。ありがとう。全日本、俺らが獲ったから、もう電流爆破じゃない。バリバリのプロレスをやりに来い。しっかりやりに来いよ」と絶叫。

 バックステージで秋山は「全日本、オマエらができないことを俺らがやったんだ。しっかりプロレスやろうぜ。この格好じゃない。シューズ、タイツ、それで来い。いつでも受けて立ってやる。全日本じゃない、このDDTのなかでもやりたいヤツ言えばいい」とコメント。すると、ヨシ・タツが現れ、「秋山さん、勝手なこと言うんじゃないって。全日本のベルトだって」と発言。

 これに対し、秋山が「電流爆破は電流爆破で認めてる。だけどアジアは違う。これは、今から上に行こうって人間がしのぎを削るベルトだよ」と言うと、ヨシ・タツは「俺はまだ上を目指してるんだよ。電流爆破をアジアでやらないって言うなら、普通の試合形式でいいよ。俺が絶対取り戻す」と言い放ち、秋山は「誰か連れてこい!」と投げ掛けた。大会終了後、ヨシ・タツはパートナーに大森を指名し、10・7三条でのアジアタッグ王座戦が緊急決定した。

 一方、7ヵ月半守った王座から陥落した大仁田は「負けは負けとして認めるけど、貸しておくだけ。利子つけて返してもらう。まさか、あんなところで有刺鉄線使ったりすると思わなかった」と話すも、落胆の色は隠せなかった。その後、勝俣瞬馬(負傷欠場中)、小嶋斗偉が大仁田の元を訪れ、小嶋が「電流爆破を大将とタッグを組んでやりたいです」と熱望。大仁田は「若いヤツらに電流爆破を継いでもらいたい。だから、この3人で頑張っていこう」と語り、DDO(ドラマチック・ドリーム・オーニタ)での共闘継続を誓い合った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る