初の日本人王者誕生が白紙に!堀口恭司と神龍誠のフライ級王座戦が1R25秒でノーコンテストへ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、さいたまスーパーアリーナにて『超RIZIN.2 powered by U-NEXT』が開催。BELLATORパートセミファイナルでは、堀口恭司と神龍誠によるBellatorフライ級タイトルマッチが行われた。

 Bellatorフライ級は今回新設されることになったベルトであり、このベルトに元RIZIN&ベラトールバンタム級王者である堀口と、DEEPフライ級王者の神龍誠が挑むことに。
 どちらが勝ってもベラトールに初のフライ級日本人王者が誕生することになる。

 試合が始まると堀口が右ハイで牽制しワンツー。これで神龍が目に指が入ったと主張しタイムストップ。
 そのまま神龍の右目が回復せず、1R25秒でノーコンテストとなった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る