UNIVERSAL王者・遠藤哲哉が元WWEマット・カルドナの女性マネジャーに心傾く!?「ベルト防衛とともに、ステフ・デ・ランダーをゲットする」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが7月22日、東京・墨田区の両国KFCホールで「WRESTLE PETER PAN 2023」(23日、東京・両国国技館)に向け公開記者会見を行った。元WWEスーパースターのマット・カルドナ(旧名=ザック・ライダー)の挑戦を受けるDDT UNIVERSAL王者の遠藤哲哉が、カルドナの女性マネジャーのステフ・デ・ランダーにメロメロになってしまった!?

 カルドナはWWEでWWEタッグ、WWE RAWタッグ、WWE US、WWEインタコンチネンタル王座を奪取した筋金入りの実力者。2020年4月に同団体を離れてからは、各団体のベルトを総なめにし、インディーゴッドと称されている。

 2本のベルトを手に登壇したカルドナは「エンドー、あなたをリスペクトしています。でも、明日の試合が終わったら、私が新しいUNIVERSAL王者になっているだろう。なぜなら、私はインターネット王者だし、半分の半分のWWE女子タッグ王者でもある(夫人のチェルシー・グリーンが同王者であるため)。オマエのファンの前でオマエを倒す。明日、インディーゴッド、デスマッチキング、新たなUNIVERSALチャンピオンであることを証明する」と不敵に語った。ステフは「私はインターネット女子王者だし、インディーゴッデス、デスマッチ王者でもある。WWE女子タッグ王座は、半分の半分の半分の王者でもある。今回の試合でベルトを奪って、おカネ儲けに来た」と話した。

 遠藤は「対戦相手は肩書きが色々あるみたいですが、私はDDT UNIVERSAL王者、白石市観光大使の2つしかない。肩書きでは僕が負けてますね。ラスボスと錯覚してしまうような相手ですが、プロレスというのは不思議なもので、ラスボスを倒した後に、さらに強敵が現れる。なので僕はさらなる強敵と戦うため、23日、両国国技館でカルドナを倒します」と王座死守宣言。そして、「気になるのは隣にいるステフ。率直に言いますと、そんなヤツのマネジャーやめて、俺のマネジャーになれよ。日本のこと大好きなんだよね? 俺はいろんな地を案内できるよ。俺のマネジャーについて、ジャパンツアーしないかい?」と勧誘。

 不快感を露わにしたカルドナは「ステフは俺のボディガード。今回はバズって、おカネを儲けるために来て、ベルトを獲りに来た。この3つのベルトを米国に持って帰る」と言い放ち、ステフは「エンドーはプリティ。しかしカルドナはもっとプリティ。エンドーではなく、カルドナと一緒に行く」とピシャリ。それでも遠藤は「明日勝てば、彼女の心は揺らぐ。こっちになびくはず。俺のモチベーションはそこにある」と発言。

「クリーンファイトでいくか?」との問いに、カルドナは「20年プロレスをやっていて、まだ日本のベルトを獲ってないので、明日はクリーンファイトでいこうと思う。ステフも一緒にいるが、手は出さない」とニヤリ。

 お互いの印象について、カルドナは「エンドーは才能があるし、パワーファイトもできるし、ハイフライヤーでもある。なんでもできるが、俺を倒すことはできない」とキッパリ。遠藤は「彼はベルトを多数持ってますが、その大半がステフのおかげで獲れたベルトなんじゃない。彼の言葉を信じて、ステフが手を出さないというのであれば、僕の勝ちが決まったようなもの。ベルト防衛とともに、ステフをゲットします」とステフ獲りにこだわった。

 フォトセッションが終わると、ステフが遠藤の顔に水をぶっかけた。遠藤が突っかかっていこうとすると、今林久弥GMが制止。すると、カルドナはベルトで遠藤の頭を殴打し、UNIVERSALのベルトにキスをして去って行った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る