「早く朝陽に会いたかった」アイスリボンを退団したバニー及川がアクトレスガールズでレフェリー復帰!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、東京都・新木場1stRINGにて『ACTwrestling Step21 新木場公演』が開催。バニー及川がレフェリーとして復帰を果たした。

 バニー及川は、2017年6月にアイスリボンでレフェリーとしてデビューし、2019年5月にはレスラーとしてもデビュー。“ジャッジ&ファイト”の二刀流という個性を発揮してきた。
 仕事も二刀流でこなしていたバニーだが、プロレス以外の仕事の環境変化を理由に2022年5月からプロレス業を休業。そのまま2023年3月末に契約満了を以てアイスリボンを退団していた。

 バニーの去就は一切不明であったが、アイスリボンOGの松本都の力を借りて今月16日にガンジョ(ガンバレ☆女子プロレス)でレスラー復帰。レフェリーとしての復帰にも注目が集まっていたが、その機会はなんとアクトレスガールズのリングで訪れた。


 バニーは第1試合に登場して試合を裁き、アイス時代の盟友・朝陽が出場した第4試合でもレフェリング。1年以上のブランクがあるとは思えない体捌きを見せた。

 試合後、バニーは「レフェリー1年2ヶ月以上ぶりになっちゃうんで『大丈夫かな~?』と思いながらやらせていただいて、『試合ってこんな感じだったな~』って。自分自身がやる試合はこの間やってますけど、レフェリーとしてリングに立って間近で見る試合に、ちょっと感慨深い気持ちみたいになってちょっとぼーっとしちゃってたところとかもあったんですけど、やっぱりいいな~って思いましたね」とホッとした様子。

 そして、「自分が明確に『こういうのをやりたい』と思ってることが一応あった訳ですね。そう思っても前団体だとちょっと難しいなっていうのがあったから辞めさせていただいて。でもいっぱい話し合いをした結果だったんで。ガンジョさんでレスラーは復帰させていただいて、レフェリーの方はちょっと坂口さん(※坂口敬二代表)に『ちょっとやってみない?』『まずは1~2試合やったら?』みたいな感じでお声掛けいただいて。レフェリーはレフェリーで続けたいので、今後もどこかでオファーとかいただけたら凄くありがたいんですけども。レスラーの方はまずは自分がやりたいって思ってることを、ちょっとやれるようにしていって、そこで満足しちゃうのかもっと追求していくか、また違った考えになるかはまたその時次第です。一番大尊敬してるTommyさんのような安心感・信頼感、それで確実なレフェリングが出来るようなレフェリーになれるようずっと頑張っていきたいと思います」と今後の展望を語った。

 アクトレスガールズにはアイスリボンからレンタル移籍中の朝陽がいることについて問われると、「いやもう早く会いたかった!(笑)先日の自分のガンジョさんでの復帰戦の日に、朝普通にあーさんからLINE来て、『今日頑張ってください!』って(笑)普通に仲いいので。自分が入ったときはあーさんが練習生になるちょっと前だったんですけど、なんていうか一緒にいたっていうのは結構長いんで、思い入れはありますよね。仲も良いので」と満面の笑み。
 大会後には朝陽も「なんだかホーム感あって嬉しかった」とコメントを寄せており、今後もバニーのレフェリー姿をアクトレスのリングで見ることが出来そうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る