「スポンサーお待ちしております」白川未奈&マライア・メイがゴッデス初防衛で祝杯をあげ飲料メーカーへスポンサー募集!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、神奈川県・横浜武道館にて、スターダム『STARDOM MidSummer Champions 2023〜真夏の王者たち〜』が開催され、白川未奈&マライア・メイがゴッデス・オブ・スターダム王座の初防衛に成功した。

 【Club Venus】は、白川未奈をリーダーとして結成され、白川&月山和香の英語力を生かして続々と海外から選手を招聘し戦力を急速に拡大しているユニット。
 白川&マライアは、Club Venusでともに闘う盟友であり、2人のタッグチーム【ROSE GOLD】を結成して6月の国立代々木競技場第二体育館大会でゴッデス・オブ・スターダム王座(※タッグ王座)を戴冠。

 イギリスに家族を残して日本へプロレス武者修行に来ているマライアは、来日7ヶ月での栄冠獲得に涙を流して喜び、さらなる活躍を約束。白川もマライアの熱に呼応し、横浜武道館大会で決まっていた白川&マライアvs朱里&壮麗亜美のタッグマッチを「ちゃんみながタイトルマッチしてあげる♪」と王座戦にすることを提案。団体側もこれを認め、急遽ゴッデス戦が組まれることに。


 試合は、前ゴッデス王者の壮麗がリベンジに燃え、序盤から白川へアルゼンチン・バックブリーカーや逆エビ固めを軸とした苛烈な腰攻め。マライアが献身的なサポートを見せて壮麗を相手取り、中盤からは白川と朱里の対面が中心に。
 白川は朱里の蹴撃や関節技に苦戦しつつも、コツコツとした足攻めを蓄積させドラゴンスクリューから足4の字固め。勝負ありかと思われたが、壮麗が猛然と突っ込んできて救出。朱里がハイキックからの流炎で仕留めにかかるが、暴れて着地した白川が一瞬の隙を逃さずグラマラス・コレクションMINA(※丸め込み)で3カウントを奪った。

 朱里から初めて3カウントを奪った白川は「ホントに地獄から這い上がったちゃんみなは、これからもズンドコズンドコ上に行くぞ!」と気炎を上げ、ゴッデス王者として5★STAR GPでも結果を残していく抱負を語る。

 そこへ、月山が赤ブドウジュースを持参し、スタッフからの“巻き”の圧を受けながら3人で手早く乾杯。白川は、「Club Venus、シャンパン業者かジュース業者のスポンサーお待ちしております。美味しく勝利の乾杯をしたいので。ブシロードまで」とちゃっかりユニットスポンサーを募集して上機嫌で去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る