全日本6.4後楽園大会 Evolution vs Xceed全面対決キャプテンフォールマッチ、KENSOvs.SUSHIのGAORA TV王座戦

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

2015 ダイナマイトシリーズ【開幕戦】
日時:2015年6月4日(木)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:933人

▼第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○南野タケシ
5分53秒 デスバレーボム→片エビ固め
●青柳優馬

▼第2試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
ドリー・ファンク・ジュニア/渕正信/○ウルティモ・ドラゴン
17分37秒 ラ・マヒストラル
西村修/●井上雅央/高尾蒼馬

▼第3試合 ジェイク・リー デビュー戦 45分1本勝負
秋山準/○ジェイク・リー
11分47秒 バックドロップ→エビ固め
大森隆男/●野村直矢

▼第4試合 GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王 者]●KENSO
13分06秒 TEKKAMAKI
[挑戦者]○SUSHI
※第5代王者KENSOが4度目の防衛に失敗。SUSHIが第6代王者となる

▼第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
曙/○金丸義信
13分17秒 タッチアウト→片エビ固め
石川修司/●中島洋平

▼第6試合 Evolution vs Xceed全面対決 キャプテンフォールマッチ 60分1本勝負
[Captain]●諏訪魔/青木篤志/佐藤光留
27分12秒 ヒザ蹴り→片エビ固め
潮崎豪/[Captain]○宮原健斗/鈴木鼓太郎
【退場順】
①○諏訪魔(13分04秒 万力固め)潮崎豪●
②●青木篤志(18分26秒 ジャーマンスープレックスホールド)宮原健斗○
③○佐藤光留(23分33秒 足取り腕ひしぎ逆十字固め→レフェリーストップ)鈴木鼓太郎●
※EvolutionのCaptain諏訪魔が敗れたためXceedの勝利

諏訪魔を破りキャプテンフォールマッチでEvolutionに勝った宮原が三冠に挑戦表明!
再デビュー戦で勝利したジェイク、目指すはJ鶴田!SUSHIがGAORA TV王座を奪取

第1試合

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第1試合ロックアップからロープに押し込んだ青柳だが、ここはクローンブレイク。すると南野はグラウンドに持ち込んで足を決めていく。腕を取って切り返した青柳だが、サミングで逃れた南野は場外に青柳を放り出して場外戦に持ち込む。
場外で青柳を痛めつけた南野はリングに青柳を戻すと、両手を広げて敢えて青柳のエルボーを受け止めてからエルボーでなぎ倒す。さらにスタンディングのシャイニング・ウィザードから串刺しラリアットを叩き込む。

しかし青柳も串刺し攻撃を狙った南野にコーナーに飛び乗ってのクロスボディーを返すと、ドロップキックからのダイビング・クロスボディー。さらにフィッシャーマンズ・スープレックスで投げた青柳は、南野の強烈なチョップにエルボーで応戦するが、南野はDDTからブレーンバスターの体勢に。
これを首固めで切り返した青柳は、続けて逆さ押さえ込み。カウント3寸前で返した南野は青柳の追撃をかわしてグーパンチを叩き込むとDDT。青柳もカウント2で返して意地を見せるが、南野はデスバレーボムで叩き付けて3カウント。

<試合後コメント>
青柳優馬
――敗れはしたものの、かなりタフになったなぁと思いましたが。
「まだまだ相手に爪痕を残すことができないまま。詰めが甘くて最終的に3カウントを奪われてしまいました」
――今日はフィッシャーマンズ・スープレックスを出していましたが。
「前々から自分の必殺技として使っていますが、やっぱりまだまだ簡単に相手に返されてしまうので、もっともっと練習して、いずれ自分の本当の必殺技として相手から3カウントを奪って勝利を収めたいと思います」
――秋山さんからSNS上で「自分の技や未来像について考えているか?」という問いかけがありましたが。
「道場で野村選手と一緒に考えながら、自分の良さを活かした技を編み出して、青柳イコールこれだっていう技をお客さんに示せるように努力いたします」
――今日はジェイク・リー選手がデビューということで、青柳選手にも後輩ができるかたちになりますが。
「やっぱり後輩とはいえ負けたくないですし、今、全日本の新人と呼ばれる人間は野村選手、僕、ジェイク・リーになるので、まだ勝利を収めていないですが、3人の中で必ず一番となり、今、全日本プロレスでトップで戦っている選手、ジュニア、ヘビー級に関係なしで肩を並べて、いずれトップに立てるように努力いたします!」

第2試合

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第2試合今シリーズはDDTの大会をお休みして全日本のシリーズに全戦参戦する高尾が、いきなり開幕戦でドリーファンクJrと対戦することに。名前をコールされると、軽快な動きでロープワークを披露したドリー。
まずはウルティモと高尾の先発で試合開始。コーナーに押し込んだ赤尾だが、まずはクリーンブレイク。足をすくって倒したウルティモはリバースのインディアンデスロックから反転するジャバでフォールするが、高尾はキックアウト。

高尾が井上にタッチすると、ウルティモは渕にタッチ。ロックアップからロープに押し込んだ井上だが、まずはクリーンブレイク。今度は渕が押し込むと、渕も慎重にクリーンブレイク。顔面を掻きむしった井上をヘッドロックに捉えた渕はヘッドロックパンチ。パーで殴ったと主張する渕は、レフェリーの目の前でパーで殴ると、目を離した隙にグーでパンチ。
西村がリングインすると、渕はまたもヘッドロックパンチ。怒った西村はエルボースマッシュでカチあげる。ここでドリーにタッチすると、師弟対決が実現。

ヘッドロックからバックに回ったドリーは投げを打ってグラウンドに持ち込む。ロープに振った西村をショルダータックルでなぎ倒したドリーはリストロックからスクールボーイ。ロックアップからコーナーに押し込んだ西村は容赦なくエルボースマッシュでカチげる。これには場内からブーイングも。
するとドリーは体勢を入れ替えてエルボースマッシュをお返し。スリーパーに捉えたドリーだが、西村はロープに押し込んで脱出。そこからエルボー合戦になると、ドリーがエルボーの連打から西村に飛び付いて場外に連れ出す。

場外で西村を痛めつけてからリングに戻ったドリーはウルティモにタッチ。高尾にドロップキックを見舞ったウルティモはボディスラムを狙うが、あがらないため渕にタッチ。見本を見せるように高尾を滞空時間の長いボディスラムで叩き付けた渕がドリーにタッチすると、ドリーはエルボースマッシュからダブルアーム・スープレックスを狙うが、これは体勢が崩れて失敗。
しかしスピニング・トーホールドを仕掛けていったドリー。ウルティモも井上に対してスピニング・トーホールドを仕掛けていくが、どうにか脱出した井上は串刺しラリアット、ミリオンダラーバスターからのオリャーラリアット。

カウント2で渕がカットすると、ウルティモはオリャーラリアットをかわしてソバットで倒しておいてから電光石火のラ・マヒストラルで丸め込んで3カウントを奪った。試合後、全選手がドリーと握手。そして愛弟子の西村からマイクを渡されたドリーは「日本のプロレスファンの皆様、日本の友達の皆様、皆様の温かいご支援は本当にありがとうございます。皆様、プロレスファン、友達、ガンバッテください!」と挨拶。そのままリングサイド、客席を周り、ファンと丁寧に握手をしていった。

第3試合

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第3試合①一度は全日本プロレスに入門してデビューしたものの、事情によりリングを離れていた李在炅(リー・チェギョン)が「ジェイク・リー」と名前を改めて再デビューすることに。黒いショートタイツにシューズ姿で登場してジェイクに恩師から花束が贈られる。
そしてパートナーを務める秋山が入場すると、続いて大森、ジェイクの当面のライバルとなると思われる野村が登場。

ジェイクと野村の先発で試合が始まると、まずは腕の取り合いからジェイクはショルダータックルでなぎ倒すが、野村もアームホイップで投げて大森にタッチ。「秋山、来い!」とジェイクを無視した大森に蹴り懸かったジェイクだが、大森のチョップにダウン。それでもどうにか秋山にタッチすると、今度は野村が秋山をロープに押し込んで張り手。
怒った秋山はエルボーで向かってくる野村にエルボーで応戦。なかなか倒れない野村をヘッドバットでダウンさせると、タッチを受けたジェイクが豪快なボディスラム。さらにエルボーを打っていくジェイクだが、ロープに飛んだところをかわした野村はカウンターのドロップキック。

タッチを受けた大森も強烈なドロップキックを叩き込むと、ジェイクのエルボーにチョップで対抗。倒れたジェイクを逆エビ固めに捉えた大森は、リング中央でどっしりと腰を落とす。秋山がエルボーから「来い! 来い!」と檄を飛ばすと、野村が入ってくるが秋山に「来るな!」と一喝されると、思わず後ずさり。
どうにか耐えたジェイクだが、野村が背中にスレッジハンマーを落とす。ショルダースルーで投げた野村だが、ジェイクもエルボーの連打で反撃するとカウンターエルボー。タッチを受けた大森はフロントキックを狙ったが、これをかわしたジェイクが逆にフロントキック。しかし大森は背後からフルネルソンで捕まえる。

振り払ったジェイクはエルボー。大森はチョップを返すとロープに飛ぶが、カウンターのドロップキックで迎撃したジェイクは秋山にタッチ。串刺しジャンピングニーからランニングニーを叩き込んだ秋山だが、大森もエルボースマッシュを返すとアックスボンバーの体勢。腕へのフロントキックで迎撃した秋山だが、フルネルソンバスターで叩き付けた大森は野村にタッチ。
ドロップキック3連発からエルボーを連打した野村は串刺しジャンピングエルボー。しかしノーザンライト・スープレックスを狙った野村をフロントネックロックで絞め上げた秋山。コーナーに押し込んで脱出した野村は走り込むが、秋山はフロントキックで迎撃。

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第3試合②10分が経過し、ジェイクがエルボーの連打からドロップキックを狙ったが、自爆させた野村はボディスラムで叩き付けて「よっしゃ、いくぞ!」と叫ぶとミサイルキックを発射。雄叫びをあげた野村はノーザンライト・スープレックスを狙うが、ハンマーを振り下ろしたジェイクはエルボー合戦。
そこからロープに飛んだ野村にキチンシンクを叩き込むと、ジャンピングDDTで叩き付けるがカウントは2。ならばと高角度バックドロップで叩き付けて3カウントを奪った。再デビュー戦を自らの勝利で飾ったジェイクは秋山から声をかけられると、四方に一礼した。

<試合後コメント>
秋山準&ジェイク・リー
――全日本プロレスにまた新しい力が加わりました。
秋山「いやもう、僕としても上背もあるし期待していますよ。今日は本当に上出来なくらいよくやったと思います」
――秋山選手からすると野村選手、青柳選手との競い合いにも期待するところでしょうか?
秋山「いや! ジェイクには野村とか青柳には負けるなと。もともとこいつはデビューしてたんで、歳も上だし絶対負けるなと。リングに上がっても『こいつには負けない』と心の中で言っていけと言っていますし、たぶんジェイクもそういう言葉をずっとつぶやいてやっていると思うしね。とにかく誰かが飛び抜けないとね。若いやつらの底辺も上がっていかないんでね。その辺で今日はよかったんじゃないかと思います」
――ジェイク選手、再デビューおめでとうございます。実際にリングに上がって自分の思う動きはどれくらいできましたか?
ジェイク「自分ひとりじゃまったくできなかったと思います。パートナーに秋山さんがいて、対戦相手が大森さん、そして野村さん。そしてこのファンの方たち。こういった人たちの前だったからこそ、今日持てる力を出せたんじゃないかと思います。でもまだまだ。まだまだです」
――再デビューとはこれだけのカードでデビューできたというのは会社の期待の大きさかと思いますが、それは感じられましたか?
ジェイク「そこはもう開き直っています。考えてもしょうがないですし、もっともっと自分が強くなる。強くなって強くなって、この先に何があるのか、それを探し出すために僕はまた全日本のリングに戻ってきたので。誰が相手であれ思いきりぶつかっていきます」
――フィニッシュとなったバックドロップはいかがでしたか?
ジェイク「あれはもう秋山さんからのアドバイスもあってうまく決められたかなと。もっと完成度を高めて。僕の体だからこそもっと威力を高められる技なんじゃないかなと思うので。まだまだそういった意味では体の使い方が下手なので、もっと完成度を高めていきたいと思います」
――秋山選手はバックドロップをごらんになっていかがでしたか?
秋山「練習の時もずっと『ヘソで投げろ、ヘソで投げろ』って言っていて。今日は一番よかったんじゃないかな。練習の時よりも。気合いも入っていたろうし、上背もあるし。十分フィニッシュホールドになるんじゃないかな」
――秋山選手はどういう選手になってもらいたいですか?
秋山「もうデカイんでね。投げ技でも普通のところから落とすよりも効くと思うし、スピードもあるんでね。でかくてスピードもあるとなると鶴田さんみたいになると思うんでね。こいつも鶴田さんを目標にするって言うんで。いい目標があるんで昔のビデオをね。……ビデオってもう言わないですか(笑)。まぁVTR見て勉強して。そこには色褪せない鶴田さんがいるから。しっかり勉強してもらいたいですね」
――不思議なくらい全日本プロレスには背の高い、若い選手が集まりますね。
秋山「逆に小さい子にも来てほしいっていうくらい、みんな大きいですけど(笑)。まぁ主力どころとやろうと思ったらこいつくらいの上背は要ると思うし、期待しています」
――あらためて目標とする選手がいましたら教えてください。
ジェイク「僕はやっぱりジャンボ鶴田さんです。上背もあってあのスタミナ、パワー。間の取り方。すべてにおいて勉強になります。それに鶴田さんが使っていたジャンピング・ニー。秋山さんが伝授されて使っている。あれも伝授していただきたいですね。今後チャンスがあれば。それは(継承するのは)僕自身だと思っているんで」
門馬さん「肺活量を測ったことはある?」
ジェイク「ないですね……」
門馬さん「ジャンボは半端じゃなかったよ。(計測器を)振り切ってた」
秋山「俺も昔は振り切ってた(笑)。今、ジェイクも言っていたようにジャンピング・ニーを使いたいみたいですけど、もっともっと練習して。簡単なようで難しい技なんでね。最終的にはこいつが本当に使いたいと(言うなら)。今のやつは簡単に他人の技をぽんぽんぽんぽん先輩の技でも使うけど、そうじゃない技もあるし、やっぱり俺も鶴田さんから教わったジャンピング・ニーを大切にこれまで使ってきたし。それなりの気持ちがあるなら全然教えるし。もちろん上背もあるんで十分使っていけると思うんで。こうやって教えてほしいって言われてうれしいというのもあります。まぁ練習だな」
ジェイク「はい、よろしくお願いします!」

第4試合

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第4試合王者になってからも反則攻撃などの暴挙を繰り返すKENSOに納得いかないSUSHIが名乗りをあげて実現したこのタイトルマッチ。試合に先立ちドリー・ファンク・ジュニアPWF会長がスーツにテンガロンハット姿で登場。
頭の上の皿には玉を乗せたSUSHIに続き、登場したKENSOはニュートラルコーナーで立っているドリー会長をどかしてコーナーに登ってアピール。さらに目の前でベルトも投げ捨てる。この暴挙に一瞬ムッとした表情になったドリー会長だが選手権宣言をしてリングを降りた。

するとレフェリーチェックを受けている最中にSUSHIにビッグブーツを見舞ったKENSO。奇襲攻撃で試合をはじめると場外に連れ出して張り手。さらに鉄柵にSUSHIを叩き付けたKENSOはリングサイドの赤ちゃんを高い高いすると、SUSHIには張り手。さらにドリーが座る本部席のテーブルにSUSHIを叩き付けたKENSOは場外でブレーンバスターを狙う。
これを逆に投げていったSUSHIは先にリングに戻ると、KENSOが戻ってきたところにストンピング。だが、場外から南野が足をすくって倒すと、KENSOがSUSHIを場外に放り投げる。

本部席のドリーに向かって「来いよ!」と手招きしたKENSO。その間に場外では南野がSUSHIを痛めつける。さらにKENSOがプランチャを投下してから場外でDDT。グロッキー状態でリングに戻ってきたSUSHIだが、KENSOはラリアット、張り手を叩き込むとコーナーカバーを外して剥き出しになった金具にSUSHIを叩き付ける。
それでも拳を握って立ち上がったSUSHIだが、KENSOは張り手。しかしSUSHIは下から蹴り上げるとエルボーで向かっていく。逆水平チョップを返していったKENSOは張り手からロープに飛ばす。

かわしたSUSHIはラリアットでKENSOをなぎ倒すと、串刺しラリアットからニールキック。さらにブレーンバスターを狙ったKENSOを逆に投げるとダイビング・ヘッドバットを投下。カウント2で返されるとTEEKAMAKI(=レインメーカーの動作→エビ固め)を狙ったSUSHIだが、うまく防御したKENSOは腰紐を使ってチョーク攻撃。
10分が経過し、串刺し攻撃を狙ったKENSOをスクールボーイで丸め込んだSUSHIは、続けて首固めで丸め込む。カウント2で返したKENSOはカウンターのラリアットを叩き込むと、拳を握ってコーナーへ。だが、下から地獄突きを見舞ったSUSHIが追いかける。

雪崩式ブレーンバスターで投げたSUSHIだが、すぐに立ち上がったKENSO。ならばとカツオの一本釣り(=フィッシャーマンバスター)で投げたSUSHIだが、KENSOはカウント1で返す。ならばとバックドロップで投げるが、これもカウントは1。ブルーサンダーで叩き付けるが、カウント2で南野がレフェリーの足を引っ張ってカウントを阻止。
乱入して南野は缶ビールを開けると、KENSOが抑え付けたSUSHIに殴りかかるが、SUSHIはKENSOを引っ張り込んで南野の缶ビール攻撃を誤爆させる。慌てる南野を場外に蹴散らしたSUSHIはKENSOをTEEKAMAKIで丸め込んで3カウント。

2015-6-4全日本プロレス後楽園_PWFドリーファンクジュニア会長がSUSHIの王座奪取を祝福憮然として引き上げていくDKを尻目にドリーにベルトを渡されたSUSHI、歓喜の寿司ダンス。真っ赤なベルトを久しぶりに腰に巻き「へい、らっしゃい!」ポーズをすると「イエー! 今日は皆様のお陰でこのGAORA獲ることができました。ありがとうございました! このベルト、もっと面白いものに出来るように精進していきます。よろしくお願いします。ありがとうございました!」と喜びのマイクアピール。

<試合後コメント>
SUSHI
「ヤッター! 獲れたぞ! KENSOにシングルで初めて勝った。それもタイトルマッチ! やっと獲れた。今度は手放さへんぞ。大事にする。俺がこのベルトを大事に、面白くする。そしてこのGAORAベルト、挑戦の機会を与えてくれた秋山社長! 獲りましたよ! もう一度このベルトを持って、秋山さんにアジアタッグの再挑戦、お願いしにいきます! 欲張りすぎ? そんなの関係あるか! アジアタッグ、何回挑戦してもほしいんや。わがままって言われてもしゃあないやろ。ほしいんや。そのためには秋山さんにお願いして精進していく。今の ままでは実力不足かもしれん。でも秋山さんにお願いして、成長して、アジアタッグに再挑戦する。再挑戦するまであきらめへん!」

第5試合

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第5試合ユニオンプロレスの大巨人・石川修司が全日本プロレスに再び参戦。いきなりタッグマッチとはいえ、三冠ヘビー級王者となった曙と対戦。リングインするなり三冠ベルトを高々と掲げながら石川と睨み合った曙。
いきなり曙vs.石川で試合開始。曙のタックルを受けた石川だが倒れない。曙は「ここは俺のリングだー!」と叫んで突進。石川も互角のぶつかり合いから突進するが、カウンターのショルダーブロックで石川をなぎ倒したあけぼのはエルボードロップ。

石川がかわすと曙はニヤリ。両者タッチして中島が金丸にドロップキックを叩き込むと、さらに石川がボディスラム。だが、中島のブレーンバスターを金丸が逆に投げたところで曙にタッチ。思わず場外にエスケープした中島だが、曙がよそ見をしているところにドロップキック。なおも連打していくが、ビクともしない曙は中島の胸板に強烈なチョップ。
倒れた中島の上に乗っかって踏みつけた曙に対し、中島はどうにかローキックで向かっていく。だが、曙が逆にローキック一発で中島をダウンさせる。さらにショルダースルーで豪快に投げ捨てた曙はエルボードロップを落とす。

青息吐息の中島にストンピングを落としていった金丸。すると曙がコーナーから「どうした、さっきの元気は!」と中島を挑発。すると中島は控えの曙に殴りかかっていくが、張り手一発でダウン。朦朧とする中島を金丸がリング下に落とすと、曙はまたも強烈なチョップ。完全にグロッキー状態の中島はどうにかリングに戻るが、金丸はスリングショット式アトミコを投下。
さらに曙がショルダースルーを狙うが、蹴り上げた中島はダイビング・クロスボディー。キャッチした曙は叩き付けてボディプレス。これをかわした中島はようやく石川にタッチ。串刺しラリアットからラリアットを叩き込んだ石川だが、曙は倒れない。ならばとコーナー二段目からのミサイルキックでようやく曙を倒した石川はチョップ。

曙がチョップで応戦すると、石川はエルボー。「来いよ、オラ!」と挑発した曙はカウンター気味の張り手で石川の動きを止めると河津落としを決めて金丸にタッチ。石川の串刺し攻撃を蹴りで迎撃した金丸はヒザへの低空ドロップキックからDDT。さらにダイビング・クロスボディーでカウント2まで追い込む。
10分げ経過し、カウンターのニーリフトを叩き込んだ石川はブレーンバスター。ここで中島にタッチすると、気合い十分の中島はミドルキックから串刺しドロップキック。さらにバックドロップからダイビング・フットスタンプを投下。

カウント2で金丸が返すと、中島はラリアットをかわして卍固めに捉える。何とかロープに逃れた金丸だが、中島はソバットからロープに飛ばす。すると金丸は控えの石川にドロップキック。怒った石川が飛び込んできてラリアットを叩き込むと、続いて中島がジャーマン。カウントが2だと、中島はトラースキックからハイキック。
さらにトラースキック2連発を叩き込むが、金丸が3発目をラリアットで迎撃すると、曙が入ってきてエルボードロップ。すかさず金丸はムーンサルトプレスからのディープ・インパクトを決めるがカウントは2。ならばと金丸はダメ押しのタッチアウトを決めて3カウント。

試合後、マイクを持った曙は「今日もたくさんおいでいただきありがとうございます。本当はメインで勝って万歳三唱したいところですが、もう一番あるんで最後まで盛り上がってください。石川、今日はよかった。でもここは俺のリングだ! いつでもかかってこい!」と石川を挑発してみせた。石川はそんな曙を睨み付けながら引き上げた。

<試合後コメント>
石川修司&中島洋平
――三冠王者、曙選手に触れてみていかがでしたか?
石川「初めて当たったんで、やっててちょっと楽しくなっちゃって。中島選手を最後、見殺しにしてしまって本当に申し訳ない」
――石川選手が見上げるような相手と対戦するということはそうそうないと思いますが……
石川「すごいよね。強いけどね、でもやりがいがあります。もう一回。もう一回と言わず何回でもやりたい。チャンスください。本当に今日は勝ちたかった」
――セミファイナルで曙選手と対戦するカードというのは、全日本プロレスも石川選手の活躍への期待の表れかと思いますが?
石川「まぁ、そうですね。組んでほしいですね。全日本にはデカイ選手、いっぱい揃っているんで。曙選手でもいいし、他のでかい選手でも誰でもいいんで。もっともっと、もっともっとやりたいですね。でも今日は本当申し訳ない」
中島「実績のじの字も作れなかった。すいません……」

第6試合

2015-6-4全日本プロレス後楽園_武装化したEvolution激化するXceedとEvolutionの抗争だが、青木をKOした宮原は諏訪魔に宣戦布告。すると、宮原と諏訪魔をキャプテンに据えたキャプテンフォールマッチで両ユニットが激突することになった。なお、キャプテン以外の選手が負けたら退場。オーバー・ザ・トップロープルールは採用されない。
武装化を宣言していたEvolutionは、まず青木と光留がライフルを手に登場すると、諏訪魔が不敵な笑みを浮かべながらバズーカを手に登場。そしてリング上でそれぞれが銃を構えると、青木と光留のマシンガンからは紙テープ、諏訪魔のバズーカからは炭酸ガスが一斉に噴射された。そこにXceedが3人ともベルトを持って登場。宮原は諏訪魔を睨み付ける。

宮原が諏訪魔を指差すと、諏訪魔は無視してコーナーに下がっていく。だが、リングに入ってきて諏訪魔は宮原を通り過ぎて潮崎を指名。ムッとする宮原だが、潮崎が宮原を下げて先発を買って出る。
潮崎のショルダータックルを受け止めた諏訪魔はカウンターのフロントキック。潮崎も逆水平チョップを返すが、諏訪魔はショルダータックルでなぎ倒すとバックドロップの体勢。これを巻き投げ固めで切り返した潮崎だが、諏訪魔はカウント2で返す。ここで宮原がリングインすると、諏訪魔は青木にタッチ。

諏訪魔を睨み付けた宮原にエルボーで向かっていった青木はヘッドバット。すると宮原は控えの諏訪魔にフロントキック。青木がサッカーボールキックを叩き込むと、宮原は青木を睨み付けてエルボー。だが、青木がロープに振ると宮原はその勢いで控えの諏訪魔にフロントキック。
そのまま場外に出て諏訪魔に襲いかかるが、鉄柵に叩き付けようとしたところで、諏訪魔はもの凄い勢いで宮原を鉄柵に投げつけると、そのままラリアットで鉄柵の外まで吹っ飛ばし、さらに東側最後方まで連れていって壁に叩き付ける。なおかつ椅子で殴打している間にリング上では塩飽が青木に逆水平チョップ。諏訪魔が椅子を投げながら戻ってくると、リングサイドで潮崎と大乱闘。

青木が鼓太郎を捕まえていくが、宮原がフロントキックで飛び込んできて潮崎にタッチ。カウンターエルボーから逆水平チョップを叩き込むと鼓太郎にタッチ。ドロップキックを見舞った鼓太郎だが、青木はマンハッタンドロップを返すと光留にタッチ。スリーパーに捉えた光留は続けてサッカーボールキック。
タッチを受けた諏訪魔はダブルチョップからジャンピングエルボードロップ。続いて青木は鼓太郎をショルダースルーで投げると、控えの2人を攻撃してから鼓太郎に串刺しランニングエルボー。さらに光留がミドルキックを連打してからアームロックへ。

カットに入った宮原はそのまま諏訪魔に襲いかかって場外乱闘へ。だが、諏訪魔は鉄柵に投げつけるとエルボー。宮原もエルボーを返すが、諏訪魔はダブルチョップで吹っ飛ばす。リング上では青木がリストロックで鼓太郎の右腕を捻り上げる。何とかロープに逃れた鼓太郎だが、諏訪魔もその手を捻り上げると、そのまま持ち上げてマットに投げつける。
10分が経過し、諏訪魔は鼓太郎の右腕をヘシ折らんばかりの勢いでショルダーアームブリーカー。さらにオクラホマスタンピートからバックドロップを狙ったが、背後に着地した鼓太郎はブレーンバスターを狙った諏訪魔の脳天にヒザを落とすと逆に投げて潮崎にタッチ。

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第6試合①ジャンピングショルダーからトラースキックを叩き込んだ潮崎は逆水平チョップからフィッシャーマンバスター。カットに入ってきて青木と光留に袈裟斬りチョップを叩き込んだ塩飽はジャンピングショルダーで2人を蹴散らすと、諏訪魔とエルボー合戦。ローリング袈裟斬りから顔面へのトラースキック、袈裟斬りチョップと叩き込むが、諏訪魔はダブルチョップからのバックドロップを返す。
そこに青木と光留が戻ってきてトレイン攻撃を狙うが、潮崎は袈裟斬りチョップで迎撃。しかし諏訪魔が潮崎を電光石火の首固めで丸め込んで3カウント。これで潮崎が退場となる。圧倒的に不利になったXceedだが、宮原が猛然と諏訪魔とエルボー合戦。さらにヒザへの低空ドロップキックから顔面への低空ドロップキックを叩き込むとノーザンライト・スープレックス。

ロープに飛んだ宮原に背後から青木が蹴り。さらにトップロープに叩き付けるスタンガンから鉄柵に投げつけると、鼓太郎にも鉄柵攻撃。15分が経過し、宮原をリングに戻した青木は光留にタッチ。ミドルキックを連打する光留を睨み付けていった宮原だが、光留はコーナーに押し詰めると踏みつけてからボディスラムの体勢。踏ん張った宮原は逆にボディスラム。しかし下から絡みついた光留はアンクルホールド。
そのまま青木にタッチすると、青木はドロップキック。さらに光留と交互に走り込んで何度も蹴ってから青木がミサイルキック。青木は続けてダイビング・フットスタンプ。これをかわした宮原は飛びヒザを狙うが、かわした青木はパントキック(=下から顔面を蹴り上げる)からラリアット。

宮原も飛びヒザを返すが、青木がブロックすると垂直落下式ブレーンバスター。さらに二段式ジャーマンで投げて3カウント。これで青木も退場となり人数で並ぶ。諏訪魔と宮原は激しいエルボー合戦。そこから諏訪魔がブレーンバスターで投げようとするが、踏ん張った宮原が逆に投げる。続いて鼓太郎がビット(=ハンドスプリング・エルボー)を狙ったが、キャッチした諏訪魔はそのままバックドロップ。
さらにショートレンジラリアットを連打すると、ラリアットで吹っ飛ばしバックドロップで投げる。だが、ラストライドを回転エビ固めで切り返した鼓太郎は、そこからエンドレスワルツ(=連続ラ・マヒストラル)。危うくカウント3を奪われそうになった諏訪魔だが、どうにか耐えきった。

2015-6-4全日本プロレス後楽園_第6試合②タッチを受けた光留が串刺しミドルから水車落とし。馬乗りカバーにいき、鼓太郎がキックアウトした瞬間に腕十字へ。どうにか逃れた鼓太郎だが、光留はミドルキックからハイキック。だが、鼓太郎もエルボーやアッパー掌底で応戦する。だが、光留はアンクルホールドへ。鼓太郎はうまく脱出しようとしたが、光留は三角絞めにスイッチ。
そのまま持ち上げて叩き付けていった鼓太郎だが、光留はそこから腕十字にスイッチすると、鼓太郎の足も抱え込む。なかなかギブアップしない鼓太郎だが、宮原は諏訪魔に捕まってカットに入れず身動きも取れないため、和田京平レフェリーがストップ。これで鼓太郎も退場。

世界ジュニア王者から勝利して喜ぶ光留だが、すかさず宮原がエルボーで向かって行く。光留は何とか諏訪魔にタッチ。しかし宮原は串刺しニーからライガーボムで叩き付けると、ブレイクハート(=ペディグリー)の体勢に。諏訪魔が踏ん張るとヒザを入れていく宮原だが、諏訪魔は豪快なバックドロップで投げていくと、ラストライドの体勢に。
これをウラカン・ラナで切り返した宮原はバックに回って二段式ジャーマンで投げていく。カウント2で返された宮原はシャットダウン式ジャーマンを狙うが、諏訪魔もバックを取り返す。バックの取り合いから諏訪魔が羽交い締めにしたところで光留が飛び込んできてハイキック。だが、宮原がかわして諏訪魔に誤爆させる。

慌てた光留だが、何とか宮原にソバット。宮原がフロントキックを返すと、立ち上がった諏訪魔がフロントキックで飛び込んでいき、さらにラリアットを叩き込む。だが、走り込んできた諏訪魔にカウンターのフロントキックを叩き込み、片膝をつかせた宮原はランニングニーを叩き込むと、そのままガッチリと抑え込んで3カウント。

エンディング

2015-6-4全日本プロレス後楽園_エンディングキャプテンの諏訪魔が敗れたことでXceedが勝利した。誤爆が負けの引き金となってしまったEvolutionは憮然とした表情で足早に退場。一方、潮崎が一番最初に退場してしまったため、長い時間奮闘していた宮原はしばらく倒れたままだったが、勝ち名乗りを受けるとマイクを持ち「ヘロヘロだけどな、ヘロヘロだけど! 勝ったのは俺だ。ヤツも少しはクソガキ以上に認めてくれるんですかね? もう俺はクソガキじゃねぇぞ! もう26歳だよ。オイ、いま俺はメチャクチャ調子に乗ってるぞ。有頂天だよ、有頂天! 有頂天ついでに言わせてもらうよ。次、俺に三冠戦挑戦させてください。資格がないとか資格があるとかどうでもいい! 次は俺が挑戦する。キャプテンフォールマッチEvolution対Xceed、勝ったのはXceedです。まだまだEvolutionとは抗争が今後も抗争が続くけど、勝ったのはXceedです。最後までご声援ありがとうございました。最後にひとつ聞きたいことがあります。全日本プロレス最高でしたか?(※観客拍手)聞こえないな。ここまでと土手ないな。全日本プロレス最高でしたか?(※観客拍手)ラスト! 全日本プロレス最高でしたか?(※観客拍手)ありがとうございました!」と叫ぶと、テーマ曲が流れるが、それを止めさせた宮原は「俺、言いたいことまだひとことあるよ。またこの後楽園で会いましょう! ありがとう!」と叫んで締めくくった。

<試合後コメント>
Xceed
宮原「キャプテン・フォールマッチ。最後、へろへろになりながらも、ぼろぼろになりながらも、クソガキって見下されながらも、最後俺は狙っていたからね。言うだけ言わせて、最後勝てば俺の方が強いんだよ。まだ諏訪魔からたった一回(勝っただけ)。ほんの1ミリいかないくらいだけど、俺はそれを積み上げて、やつをクソガキだと言わせたことを遠い昔の話にさせてやりますよ。それが諏訪魔に対しての感情なんで。そしてXceedがEvolutionに勝った。これは6月4日、まぎれもなく記録が残る。EvolutionにXceedが勝った。しっかり書いておいてください」
――最初に潮崎選手がフォールを取られた時は、まさかと共にこれは厳しいなと思いましたが?
潮崎「まぁこの試合、俺は何もやってないからねぇ。これは鼓太郎さん、健斗の2人の力だし、今日はここにいるのもちょっと申し訳ないくらい。そして最後は健斗がしっかり締めてくれて。助かりました(苦笑)」
――鼓太郎選手もそうですが、あきらめない気持ちというのを強く感じましたが。
鼓太郎「でも正直、レフェリーストップで、ギブアップしてないよって言いたいところですけど、やっぱりちょっと動けなかったですね。でもレフェリーが止めてなかったら腕が使い物にならなかったかもしれないですね」
――この勝利をタテに世界ジュニアへの挑戦をアピールしてくるかもしれません。
鼓太郎「そうですね。断る理由はなにもないし、相手はEvolutionだし、受けて立つつもりでいます。不利な状況で健斗ひとりにさせてしまって本当、申し訳なかったですけど逆転してくれたんで。頼もしいなと思いました」
――あらためてレベルの高い6人がそろった6人タッグの面白さを感じましたが、ゲーム性とは関係なく同じ顔合わせでも何度もまた見たいと思いました。
潮崎「向こうはまだジョー・ドーリングがいないしね。これからもっとレベルの高い戦いになるし、俺は今度は失敗しないように(苦笑)。ただ今日は健斗の実力というものがしっかり見えたんで、俺にとっても刺激になりましたね」
――試合後にはリング上で三冠挑戦をアピールしましたが。
宮原「言った通りですね。曙選手はリングに上がってこなかったものの、それは(自分が)決めることじゃないし、決めてくれと。俺が言ったら否定する要素はないでしょう。俺は常にあのリング上で世界タッグを守る。そして三冠を狙ってる。それは俺の夢でもあるし、あのリングには未だにたくさん夢が転がっている。関係ないよ、デビューしてから何年経とうが、あのリングにはたくさん夢が転がっている。そのひとつが俺にとって三冠ベルトだから。今日、こうやって有頂天の中、三冠ベルトに挑戦したんで。俺の意思は伝えました!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る