プロレスラー養成所の設立や世界を視野に入れた展開…W-1の高木三四郎CEOが就任報告会見で今後の展望を発表

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

5月7日、WRESTLE-1が都内GSPメディアセンターにてWRESTLE-1のCEO(最高経営責任者)に就任した、株式会社DDTプロレスリング代表取締役社長・高木三四郎と武藤敬司社長が記者会見を行った。

武藤「このCEOになった経緯というか。3月一杯でWRESTLE-1の経営に携わっていた人がもろもろの事情で辞めていかれてしまって非常に困っている中で。もともと俺自身目標であった業界再編に向けてDDTの方に動いている中で、業界再編の方はDDTさんにものの見事に振られたんですけど、だったらDDTを一からここまで大きくした高木社長のノウハウを提供してくれないか、という感じでお見合いをしたらトントン拍子で話がうまくいきまして結果的には結ばれることになりました。まぁ結ばれたからにはですね、家計簿の管理は全て高木CEOに任せるので。まぁ俺筆頭にWRESTLE-1の選手が思う存分仕事をできるような現場を作って欲しいです」

高木「この度、5月よりWRESTLE-1の、DDTの社長業と兼任という形ではありますがCEOに就任致しました高木三四郎です。先ほど武藤社長よりお話のあった通り、最初3月末ですね。お話を頂いた時、正直僕自身もビックリしちゃったんですけども、自分にとっては非常にいい機会を頂いたなと思っています。今までDDTというのはどちらかというと業界のメジャーと言われている団体がやらなかったような事をやってうまくいった団体ではあるので。そうではないプロレスの本当に伝統的なスタイルでやっている団体の経営といったものには正直興味がありましたし、好奇心もありました。もちろん数字の、まぁ家計簿をみさせて頂いて、このスーパーで大根を買った方が良いんじゃないかとか、これはここでやりくりした方が良いんじゃないのか、というような試算がなんとなくできまして、引き受けさせて頂きたいと思い就任させて頂きました。それでまずはリング上の部分ですね。リング上の部分とか興行数を増やしていきたいという基本的な考えがあります。当然のことですが採算を見直した上でですね。こういったことは就任してすぐにできることではございませんのである程度準備期間を経て、秋口以降からどんどん進めていこうと思っています。あとそれとは別に興行だけではない新規事業を考えておりまして。このWRESTLE-1が拠点を構えているGENスポーツパレス、リングだけでも金網もありますし、格闘技用もありますし、プロレスのリングもありますし、これはもうプロレス・格闘技に特化した施設だと思っております。この施設を使って何かできないかと思って私が考えたのがプロレス学校です。今、レッスルフィットという、どちらかというとフィットネスを中心にしたことをやっているのですが、そうじゃなくて完全にプロレスラー養成所を設立していきたいと思っています。こちらは準備が整い次第やっていきたいと思います。もちろんコーチ陣はそうそうたる面々もおりますし、そこの校長という形で武藤社長に就いて頂きたいとも思っております。ゆくゆくはおそらく日本では初めてになるプロレスの専門学校みたいなこともやっていきたいと思っております。とにかく色々なアイディアを持ちましてプロレス界をさらに盛り上げていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る