元高校球児のトランスジェンダー女性が女子プロレスラーとしてデビュー決定!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、東京都・SOD LANDにてP.P.P.TOKYOが記者会見を行い、トランスジェンダー女性のエチカミヤビのプロレスデビューが発表された。

 『P.P.P.TOKYO』は“令和のバブル”をテーマにセクシー男優のしみけんがアドバイザーを務めるプロレス団体。慶應義塾大学卒の元・博報堂レスラー三富兜翔が総帥としてプロデュースし、シャンパンタワーやテキーラが飛び交うパリピ興行を開催している。
 PPPでは昨年よりソフト・オン・デマンド株式会社(SOD)とのコラボを行っており、新宿歌舞伎町にある『SOD LAND』での路上プロレスや、五反田にある『HOTEL SARA GRANDE』で史上初のラブホテルプロレスを開催するなど新進気鋭のプロレス団体として急成長中。2021年9月には筋肉系YouTuberやセクシー女優としても活躍しているちゃんよたもプロレスラーデビューを果たすなど、プロレス界の内外に大きな話題を振りまいている。

 エチカミヤビは、元々ちゃんよたが働いているマッスルガールズバー『筋肉女子・マッスルガールズ』でともに働いており、ちゃんよたの試合を見てちゃんよたに憧れたことでPPPへ入門。エチカはトランスジェンダーであり、高校生までは男性として過ごし、今は女性として人生を歩んでいる。
 小学校までソフトボールを、中学では軟式野球、高校では硬式野球から柔道を経験したというエチカは、投手時代には一年生で140km/h近い速球を投げるなど運動神経に優れ、体格も身長178cm、体重75kgと大型。デビューすれば現在スターダム所属のレディ・Cが持つ国内現役女子レスラー最長身の177cmの記録を更新することになる。

 近年のプロレス界では、性同一性障害を告白した朱崇花が日本初の“ジェンダーレスプロレスラー”としてデビューし、元女子プロレスラーの花月が性別適合手術を受けて石野結として男性になったりと性別に関する価値観がアップデートされており、心の性別に則って活躍の場を選べる環境が整備されつつある。

 会見に登場したエチカは「厳密に言えば私はトランスジェンダーなんですけど、女性として、ちゃんよたさんが女子プロレスラーとしてリングで活躍している姿を見て、カッコいいって思って。私はそういうカッコいいプロレスで人を魅了できるようになりたいと思いました」とプロレスラーデビューへの思いを語り、「プロレスに魅せられたので、私も全てのパフォーマンスで魅せられたらと思いました。結構私の中では身長が高かったり、バックボーンとかも色々あるので、派手なプレイだったりとか技をかけられる選手になっていきたいと思います」と目標を語る。

 本人は男子・女子を問わず相手取って闘っていきたいとのことだが、三富代表は「彼女は女子レスラーとして羽ばたきたいっていう意向が強いので、私としてはずっと女子と戦わせたい」という意向を語った。

 また、ちゃんよたは自身に憧れて女子プロレスラーとしてデビューする選手が現れたことを受け「すごい嬉しいですね。私の試合を見て『プロレスやりたい』って言って、しっかり練習をしてここまで頑張ってきた方っていうのは初めてなので、これから一緒に頑張っていきたいなと思います。練習も男子の中で1人でやって来たので、別に不満とかは無いんですけど多少の心細さはあったので、女子選手が増えることは嬉しいなって素直に思います」と笑顔で語った。

 エチカミヤビのデビュー戦は、9月14日のSOD&P.P.P.TOKYOコラボ興行『The New Beginning of “P”arty~狂宴~』にて行われる見込みだ。

『The New Beginning of “P”arty~狂宴~』
日程:2022年9月14日(水)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る