彰人がフェロモンズ入りに成功! サイバーファイトフェスで対戦の高木軍はカシンが現れ結束?

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが6月1日、東京・後楽園ホールで「What are you doing 2022」を開催。サイバーファイト副社長の彰人がフェロモンズ入りに成功。「CyberFight Festival 2022」(以下CFF=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)で、同軍と戦う高木軍はケンドー・カシンが現れ、なんとかかんとか結束を見せた。

 CFFで、フェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成“ファンタスティック”夢人)は彰人と組み、高木三四郎、カシン、青木真也、堀田祐美子組と対戦する。高木の密命を受け、内部に潜り込んでのフェロモンズ壊滅をもくろむ彰人は、ことごとく同軍入りに失敗していた。

 ラストチャンスとなった、この日、彰人はディーノ、今成とのトリオで高木、青木、石田有輝組と激突。フェロモンズは高木のウイークポイント(五十肩のため)である肩に集中砲火。ディーノがコーナーに上ると、今成が青木、石田の顔をディーノの尻にぶち込んだ。次は彰人が高木の顔を押しつけようとすると、高木は「次の社長は誰?」と陽動作戦。一瞬ひるんだ彰人だが、高木にスタナーから容赦なくチキンウイング・アームロックで絞め上げると、たまらず高木はギブアップ。

 彰人は「高木三四郎、さっきから、“次の社長はオマエだ”って言ってるけど、そんな気ないでしょ? アンタは都合のいいように、僕を使って。いつもアンタのムチャ振りに付き合わされてるんだよ。アンタの命令でフェロモンズに入ろうとしてるんじゃねぇ。副社長としてじゃなく、一レスラーとして、フェロモンズに入ろうとしてるんだ」とよもやの発言。

 ここで、彰人のフェロモンズ入りを懸けた最後の「エクスカリバーチャレンジ」の時間に。これは飯野の尻(通称=セクシーの丘)に刺さった“性剣”エクスカリバーを親指と人差し指でつかみ5秒以内に引き抜くことができれば、“フェロモンの勇者”としてユニットに加入できるという通過儀礼で、彰人は4度目の挑戦となった。

 彰人が“性剣”を抜こうとしていると、カシンが堀田(?)と思われるお面を被った人物を帯同して登場。高木が「一致団結して、フェロモンズを倒しましょう」と言うと、カシンは「俺はアンタを認めないから。こんなことやってる場合か!」などとして口論に発展。2人がもめていると、今林久弥GMが「みんな一致団結しないといけない時期なんです。なんでケンカするんですか。仲良くしてください」と涙の訴え。

 すると、カシンは「一致団結するために、俺たちもエクスカリバーチャレンジをやろう」と言い出した。ルールは今林GMの口に高木がエクスカリバーを入れ、5秒耐えたらOKというもの。そのエクスカリバーは飯野の尻に刺さっていた物とあって、最初はイヤがった今林GMだが、一致団結のため我慢して耐え抜いた。カシンは「覚悟しとけ! さいたま、ぶっ潰してやる」と宣言し、高木軍はひとまず結束した。

 高木軍が去って行くと、ディーノは意外にも彰人のフェロモンズ入りを認め、フェロモンネームを「西垣“コーチン”彰人」と命名し、ディーノは「CFFで、あのテロリストどもを潰してやろうぜ!」と決起していた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る