高梨がMAOを破り、UNIVERSAL王座を初戴冠! 「DNA世代のヤツとやりたい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが6月1日、東京・後楽園ホールで「What are you doing 2022」を開催。高梨将弘がMAOを破り、DDT UNIVERSAL王座を初戴冠し、DNA世代とのタイトル戦を熱望した。

 試合はじっくりしたグラウンドでのレスリングから開戦し、その後、この2人ならではの目まぐるしい一進一退の攻防を展開。MAOはトップロープからのフェンス超えのスーパーダイブ、ハリウッドスタープレス、洗濯バサミなどで攻め込んでいくも、高梨はフォールを許さず。20分過ぎ、MAOは掌底連打、竜巻旋風脚を見舞うも、高梨はトラースキックからタカタニックを決めて3カウントを奪取した。

 試合終了後、「CyberFight Festival 2022」(以下CFF=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)で、高梨、クリス・ブルックスと組み、上野勇希、勝俣瞬馬、MAO、朱崇花組と「DDT提供試合」を戦うHARASHIMA、吉村が現れ、HARASHIMAが「CFFで僕たち、タッグを組む。さいたまSA、ほかにもいろんな試合があるけど、僕らが組んでやるDDTの8人タッグこそが、ノアとの対抗戦だと思ってるから。最高のDDTのプロレスを見せつけようぜ」とアピールした。

 バックステージで高梨は「DDTの(シングルの)タイトルマッチ、合計8回くらいか? 全部負け続けて。勝ったとき、どんな気持ちになるのかと思ったけど、変わんねぇ。負けても勝ってもありがとうって。そんな気持ちしかない」と話した。戦前には、「勝ったら伝えたいことがある」と発言していたが、「やりたい対戦相手に、まだ話をもっていってないから。そこへ向かって動いていいんだという資格を今日もったつもり」と語った。そして、「DNA世代の人たち、真っ向からタイトルマッチで戦えなかった選手たちと。吉村(直巳)もそうだし、MAOとのリマッチだっていい。いっぱいDNA世代の連中がいるから、そういうヤツとやりたい」と熱望した。

 一方、2冠王から滑り落ちたMAOは「悔いが全然ないのは、高梨さんだったからだな。ほかの人に獲られてたらもっと悔しかったと思います。これからはKO-Dタッグの1冠ですけど、胸を張って、今を楽しんで、人生絶頂、DDTの最先端でいこうと思います。CFF、我々で恥じない戦いをしていかなきゃいけない」と気持ちを切り替えていた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る