ハイパーミサヲが中島翔子から直接勝利を挙げ、5・3後楽園でのプリプリ王座獲りに自信見せた!「中島さんからキッチリ獲って、享楽共鳴の主人公は私だってことを示したい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが4月30日、東京・両国KFCホールで「TJPW SPRING TOUR '22」を開催。5月3日の東京・後楽園ホールで、享楽共鳴のパートナーでもある中島翔子の持つプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑むハイパーミサヲが前哨戦で直接勝利を挙げ、ベルト獲りに自信を見せた。

 オープニングでは同王座戦の公開調印式が行われ、ミサヲは「王者の資格って何だろうって考えてみたんです。いろんなチャンピオンが誕生するのをずっと見てきて。みんな自分が一番正しい、一番強いというのをどんな逆境でも信じてる。よく言えばプライドがある。悪く言えば、ごう慢さをもってるなと気付きました。私にも自分が正しい、強いという気持ちはあったんですけど、雑音をすごく感じてしまうたち。ずっとここまで雑音を感じてきてたから挑戦しなかったというのがあるんです。最近になって、雑音が全く聞こえなくなってきた。だから私にも王者の資格が、もうあるんじゃないかと。私がチャンピオンになる準備ができてる証拠なのかなって思ってます。5・3後楽園は私がチャンピオンになります」とキッパリ。

 王者の中島は「英国のEVEでの試合、実力者のアレックス・ウインザーと試合して勝ちきった。かなりの実力者だったんで、彼女に勝ったのは自信になっています。あの体格差のなかで自分のファイトスタイルで勝てたのは自信であり、私の強さを自覚することができた。今の中島翔子に死角はないと思います。毎年イッテンヨンでは、(ミサヲと)特殊ルールで試合をやってるんですけど、1年のなかで楽しみなイベントになってます。この試合はタイトルマッチではあるんですけど、負けは自分の範ちゅうにありません。楽しみ尽して試合を制したい」と話し、余裕すら感じさせた。

 この日、ミサヲは乃蒼ヒカリ、角田奈穂と組み、中島、坂崎ユカ、瑞希組と対戦。この一戦は5・3後楽園で行われるプリプリ王座戦、プリンセスタッグ王座戦の王者組VS挑戦者組によるダブル前哨戦となった。

 ミサヲは試合前、スプレーを差し出して“正々堂々”戦うことを強調。ミサヲと中島が先発したが、のっけから激しいエルボー合戦を繰り広げ、意地の張り合いを見せた。中島はトップロープからライダーキックを見舞うなど好調ぶりをアピール。中島の619を阻止したミサヲはチキンウイング・フェースロックで絞め上げるも、これはカットされる。中島はウラカンラナからノーザンライト・スープレックスを狙うも、回避したミサヲはヴァニタス(ダブルアーム式フェースバスター)を決めて王者から完全無欠の3カウントを奪取した。

 バックステージでミサヲは「昨日(4・29両国)の前哨戦では直接ではないですけど、中島さん組に負けて。踊り場で足をくじいたなって感じだったんですけど、今日は5・3の屋上に向けて駆け上がれたんじゃないかと。あとは当日、中島さんからキッチリ獲って、享楽共鳴の主人公は私だってことを示したい」と笑み。

 最後の前哨戦で敗れた中島は「今日負けてしまった分は、態度じゃなくて、行動で示せればと思います。5・3の結果で示したい」と唇を噛みしめていた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る