【試合詳細】4・27 ミヤココフェスロフトプラスワン大会 松本都vs春輝つくし 松本都vs綾称 松本都&高木三四郎vs吉田豪

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

松本都自主興行『ミヤココフェスVol.9 ~戦慄の誕生祭'22~』
日程:2022年4月27日(水)
開始:19:00
会場:新宿LOFT/PLUS ONE(ロフトプラスワン)
観衆:75人(超満員札止め)

▼押忍!ドラマティック・3分エキシビションマッチ
松本都(空手白帯)
0-0(エキシビジョンのため勝敗なし)
綾称(空手黒帯、STINGRAY/KASVE)

▼門外不出!生公開インタビュー・1vs2 プレミアムハンディキャップマッチ
△吉田豪(プロインタビュアー)
70分 時間切れ引き分け
△松本都/高木三四郎 (CyberFight代表取締役社長、DDTプロレスリング、崖のふち女子プロレスオーナー)

【LIVE】絵恋ちゃん

▼愛憎超過・歌舞伎町~女子プロレス in LOFT!!ラストシングルマッチ~
●松本都
9分7秒 ハルカゼ
○春輝つくし(アイスリボン)

春輝つくしが松本都の誕生祭でラストマットプロレス!元BiSのゴ・ジーラこと綾称が都と空手エキシビジョンマッチ!吉田豪と高木三四郎が生公開インタビューで無責任なアドバイス!

オープニング

 まずはプロデューサーの松本都が登場。
 自身のオリジナル入場曲『カルトピア』を歌いながら登場した都は、空席なしの超満員な会場を見ていつもよりハイテンションに前説。

ドラマティック・エキシビジョンマッチ

 元BiSのゴ・ジーラこと綾称と都がエキシビジョンマッチへ。
 空手黒帯の綾称にあわせ、都も道着で入場する。

 「やだーこわーい」と言いながら綾称はステージを周るが、都がソバットやローを出していくのに対して、綾称はカウンターの掌底をボディに叩き込み都は悶絶しながらも前に出る。
 綾称が組み付いて道着を持って捻り上げると、都が雄叫びを上げながらぐるぐるまわり一度綾称はこれを離す。
 都のハイキックを避けた綾称が連続の後ろ回し蹴りを叩き込み、ふらついた都にスリーパー。苦しむ都を立たせると、大外刈りで倒して鉄槌を落とす。ここで時間切れとなった。

門外不出!1vs2公開生インタビュー

 プロインタビュアーの吉田豪さんが登場し、都とものすごい心の距離を取りながら「松本さんの道着は真樹道場で喧嘩空手だし、ゴ・ジーラさんは全空連だし、なんの説明もなかったですけどどういうルールで戦っていたんですか?」とツッコミを入れる。

 冒頭から都は大号泣し、色々話ているなかで「私吉田豪案件じゃないんで。品行方正なんで」とつっぱねるが、吉田豪さんは「ちゃんとしてたら夏の魔物には入らないんですよ」と的確に急所をえぐっていく。

 会話に悩みながら何度も「高木社長呼びますか?」と問いかけ続け、6度目ぐらいでやっと高木三四郎サイバーファイト大社長を召喚。三四郎は「沢山面白いことできると思ったら小粒ですよ!キ●ガイが足りない!惜しいところまできてるんですよ!もうちょっとキ●ガイだったら大ブレイクしてますよ!」と無責任な煽りをするが、都は話の途中で二人を置いて消えてしまう。

 謎なタイミングで戻ってきた都に「自分の力で2022年は闘いましょう」と、三四郎や吉田豪さんの名前でオファーをかけることをたしなめられ、最後は『六本木で飲んで格闘家やレスラーともめる』『公園で新間寿と戦う』『他団体に殴り込んで門前払いされる』などを公約にしつつ70分に及ぶトークショーは終わりを告げた。

絵恋ちゃんライブ

 「みやここさんと面識があったのはさっき知ったんですけど、10年前ぐらいからみやここフェス出たいと思っていたんですよ~」と軽快なトークを行いながら1曲目となる『社交辞令』を披露。続けて『すっぱいぱい』、「会場見てぴったりの曲です」と『キモチワルイ』、「プヲタの方ってキモいですよね」と語り始めると都が乱入してくるが、「もうライブしたくない!」と一度裏に戻った絵恋ちゃんが金属バットを持って登場し、都を殴打して追い出すと『金属バット』を熱唱。間奏の間に再度乱入してきた都に「だいたいよくわかんないフェスに呼ばれて最悪なんですけど。面識もないし。しつこい!DMで毎年送ってくるんですよ!」と抗議するが、「楽しいでしょ?」と都が言うと、「ちょっと楽しい」と本音がぽろり。

 歌い終えると、「噂には聞いてたけどあれがトンパチなんですかね。最初にオファーいただいたあとにプロレスしてくださいってきたんですけど、ライブが近づいてくるに連れて『まさか普通のライブやらないよな』って期待が高まっていって・・・今のでいいですか?」と弱気に。

 都の誕生日ということで都が一番好きという『就職しないとナイト』をプレゼントし、最後に『レジ打ちでスカ』を熱唱してライブを終えた。

メインイベント

 「絶対ステージから出ない条件で試合させてもらえる」と都から説明があり試合開始。

 リストの取り合いからバックの取り合い。つくしがカサドーラフットスタンプから「落とすぞ―!」と場外タイガースープレックスを狙うが、都は耐えると頭をはたいてから走り込むも、ギリギリ落ちるのを耐えた都につくしがスクールボーイも2。ブリッジして抜けた都がフォールも2。

 つくしが走り込んで蹴りつけると、壁に叩きつけてダブルチョップ連発。フォールも2。

 つくしは都の手を踏みつけてフットスタンプも、手を抜いた都がガットショットからつくしの手を地団駄で踏みつけていく。
 都はフェイスバスターからおてんばダッシュ。木曽レフェリーとともにみやここトレインからフォールも2。

 都は「ブスの顔ぶっ壊すぞ」とキャメルクラッチで捕らえ、これを離すと弓矢固め。だが頭を壁にぶつけた都が叫び、つくしはそのまま潰してフォールも2。

 つくしはストンピングから髪を掴んで引き起こし、壁に連続で叩きつけるとさっきのお返しに指を踏みつけていく。さらに弓矢固めで捕らえる。
 これを離すとエルボーの打ち合いから、都が「引退すんのか!」とエルボー連打。つくしも「引退するよ!」とエルボー連打から「お誕生日おめでとう!」とランニングエルボー。フォールも2。

 つくしは小さいラダーをセットし、首投げからダイビングフットスタンプ。避けた都がガットショットからソバットを叩き込み、スタナーから踵落とし。フォールも2。

 都はシャイニング崖ザードからフォールも2。

 都はラダーの上に登りマンマ・ミーアを狙うが、つくしはラダーを蹴って都を落下させると、つくしがラダーに乗りミサイルキック。フォールも2。

 つくしはダイビングフットスタンプからフォールも都が切り返してフォールも2。

 つくしはでんでんむしを狙うが都が切り返すも2。
 つくしはラ・マヒストラルを狙うが、切り返した都がみやここクラッチも2。

 都はくるくる少女を狙うが、耐えたつくしがカニバサミクラッチも2。

 都はラリアットを狙うもつくしはでんでんむしで切り返すが2。

 つくしはラダーを駆け上がってのハルカゼで3カウント。

エンディング


つくし「今日、主役の松本都から勝ちましたー!みやこさんが、アイスリボン、所属だった時に、沢山お世話になったんですけど、実は私お前のことがだいっきらいだったんだよね!だけど、都さんが、退団してフリーになられて、なかなかシングルする機会がなくて、ちょっと寂しかったですよ都さん。でも、こうして、プロレスをね、やってたら道は繋がってる。今日それも、都さんがオファーをしてくれたから引退前に最後のシングルマッチできたんだと思います。みんなはだいっきらいかもしれないけど、自分は都さんのことが大好きです。都さん、シングルマッチ、組んでくださってありがとうございました!」

都「いてー!今日、私の誕生日興行で、私が!主役で終わるはずのカードだったのに、お前空気読めよマジで!ほんとに、そういうとこだけど、私は、12年間ぐらい、キャリアのほとんど同じ時期にデビューして、つくしとは。3月?1ヶ月前?先月に、引退しますって連絡貰って、こんなに長い間一緒にやってきたのに、こんなにあっさり最後終わっちゃうんだと思って、スゴイ悲しかったの。そしてスゴイ腹が立った。13年間とかのプロレス人生そんなもんだったのかなって思って。もうあたれないって諦めたの。でも!今日のカードだってね、出てほしい人いっぱいいたわけよ。シングルとか、みやこことやったことないし。でも、どんな!あのね、つっかとかにも出てほしいってさっき言ったんだけど、このカードにして、ほんとに良かった。終わってみてそう思う。空気は読まずにもってかれたけど、最後、シングル、ちょっと引退するのやめてほしいんだけど、またやりたいけど、でも今日最後だって、実感ないけど!でも、このカード受けてくれて、ロフトプラスワンで試合してくれてほんとにありがとうつくし。ほんとにこのカードにして良かった。今日引退してもいいよ。5月4日引退だけど、思うとこあるでしょ。なんで自分のタイトルマッチ、今日朝陽来る予定だったけど、メインじゃないのかとかって、私は思ってるし、多分色んな思いがあると思うの。でも、それを飲み込んでる。団体にいるっていうのはなぜならそういうことだから。そこをスゴイ偉いと思った。私はそれができなくて、3年前に飛び出したんですけど、多分いろんな思いを抱えてたと思う。でもアイスリボンでデビューして引退していくつくしが、ほんとにかっこいい。最後あたれて良かった。引退しないでほしいけど、ありがとうつくし」
つくし「ありがとうございました」
都「ほんとにありがとう」
つくし「いやー都さんの言葉で涙がでると思わなかったですよ先輩!」
都「そうだよ!もっと泣けよ!今日がね、引退試合でもよかったぐらいだからね」
つくし「それはそうではないと思いますね。はい、勝ったんで、ちょっと一つ、お願いを聞いてもらってもいいですか?」
都「え?なになに何?なんですか?」
つくし「最後!都さんと歌を歌って、終わりたいと思うんですよ!」
都「え!?」
つくし「つくしもなんかアイドルの」
都「絵恋ちゃんよかったね」
つくし「よくて、見てたら歌をうたいたいと思ったので、いいですか都さん?」
都「歌得意だったっけ?ジャイアンみたいな」
つくし「はい、ジャイアンです(苦笑)」
都「でも勝ったし、最後なんで、ロフトプラスワン存分に歌って締めてください」
つくし「やったー!それではミュージックスタート」

 つくしと都で、つくしの入場曲であった『春風LOVER SONG』を歌って無事に戦慄の誕生祭は終了した。

<試合後コメント>
松本都&春輝つくし
都「ありがとうございました!つくし!みやここフェスVol.9、初めての会場でホント不安でいっぱいだったんですけど、すごく今までで一番エモい、ね?エモいってわかる意味」
つくし「わかんない(苦笑)」
都「エモい大会ができたと思います。多分初期のアイス古参とかはたまんなかったんじゃないでしょうか?私も古参の一員なので、今日できて本当に良かったです。つくし本当にありがとう」
つくし「ありがとうございます」
都「もう一回ぐらい引退前に試合したいな。もう一回ぐらいしたい」
つくし「なんかこうアイスリボン所属だった時は一ミリも思わなかったんですけど、離れてみて都さんてやっぱすごい人だなって。改めて思いました。だってこういう興行を一人でやっちゃうんですもん。すごいなって」
都「もっと褒めて!もっともっと褒めて!」
つくし「褒めないですけど、引退発表してから一番に頂いたオファーがみやここフェスだったので、ほんとに都さんらしいなというか、感謝しております。ありがとうございます」
都「ありがとー。もう今日引退してもいいと思うよ私は」
つくし「嫌です。はい」
都「でも、最初から最後までアイスでデビューして、アイスで引退するって私にはできなかったことだから、すごくそれがかっこいいなと思って眩しく見えました。最後にあたれてほんとにめっちゃ楽しかった。めっちゃ楽しかったけど負けたからもう一回やりたいけど、今日が最後だって思って、頑張ってやって良かったって思える試合をしてもらいました。ほんとにありがとう。楽しかったです」
つくし「都さん誕生日おめでとー!」
都「ありがとー!22歳です」
つくし「37歳!」
都「19歳です!違います22歳なんです!ということなんでありがとうございます」

――都さんとの思い出で印象に残ってる事は
つくし「思い出?あんまりなんか・・・」
都「思い出一個ぐらいあるだろうよ!」
つくし「ないんですけど、この人と試合したくないなってずっと思ってて」
都「なんだよー!」
つくし「当時は。頼りないんですよほんとに」
都「頼りがいしかない」
つくし「だけど、すごい親身になって話を聞いてくれるのが当時からですね、都さんだったので、そこも変わらずいてくれて、嬉しいなって思います。あと引退に向けてね、都さんに思いをこう色々ねぶつけたんですよ都さんに。なのでああいうマイクをしてくださったのかなと思うので、ありがとうございます。特に思い出はありません(苦笑)」
都「いやでも!まああんまりこういう事言うのよくないのかもしれないけど、思うこといっぱいあるんですわかるのそれは私アイスにいたから。でもそれを一切言わずに笑顔で引退していくつくしが、ほんとに、眩しく見えます。私には絶対できない。なので5月4日まで怪我なく、このキラキラのつくしで引退してもらいたいと思います」

――つくしさんは最後歌われましたが、歌い手としてまたみやここフェスに出たいという思いはありますか?
都「アイドル枠」
つくし「そうですねいいですね~それもいいんじゃないですかね。もしかしたらね」
都「ジャイアン枠」
つくし「引退してアイドルになってるかもしれないし。その時オファーしてください」
都「ちょっと検討します!豪さんに聞いてみます」

――トークショーなども含めて全体的にいかがでしたか?
都「なんか、でも、やっぱ吉田豪さんは信用出来ないなと思って、あんなに開始、今でも泣いちゃうんですけどあんなになると思わなかったし、それも含めて予想のつかない興行というかカードが組めたと思って、ちょっと、いつもは感動ってなるけど今すごい泣いたり、感情の振れ幅が激しい興行です。もうちょっとこの気持ちを持ち帰ってよく考えて、どんな思いになるのか。今ちょっとまだ、泣いちゃったり嬉しかったりやばいです。情緒がやばいです」

――他団体に乱入したほうがいいというアドバイスもありました
都「しようかな!いいですか?その時ついてきてください。誰も見てない中で帰されるの嫌なんで」

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る