ダムネーションT.Aがフェロモンズを破ってKO-D6人タッグ王座を奪取! 5・1横浜武道館での新メンバー投入を予告!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月10日、東京・後楽園ホールで「April Fool 2022」を開催。ダムネーションT.Aの佐々木大輔、藤田ミノル、MJポー組がフェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成"ファンタスティック"夢人)を破って、KO-D6人タッグ王座を戴冠。試合後、佐々木は5月1日、横浜武道館での新メンバー投入を予告した。

 試合はフェロモンズのお下劣攻撃とダムネーションT.Aのラフファイトが交錯する異質の展開になったが、フェロモンズがフェロモンマジックを狙いにいくと今林久弥GMが入って阻止。今林GMはセクシーシーソーのえじきになってしまう。すると、佐々木が今林GM、松井幸則レフェリーの顔をディーノと飯野の尻にぶち込んだ。飯野がOバックを脱ごうとすると、今林GMが止めてスタナーで反撃。佐々木がハサミを持って飯野のOバックを切ろうとすると、飯野は逃げ回ってバルコニーでの乱闘に発展。ここで佐々木が飯野のOバックを剥がして、飯野は全裸に。その間にリング上では藤田がディーノを変型サムソンクラッチでディーノを丸め込んで3カウントを奪い、大混乱のなか王座が移動した。

 佐々木は「次はこんなもんじゃすまない。フェロモンズと次やるときは解散懸けてやる。この勢いで俺たちは勢力拡大。5・1横浜武道館で新メンバーを投入する」と宣言。

 これを受けて、5・1横浜武道館での佐々木、ポー、X組VS火野裕士、納谷幸男、高尾蒼馬組が決まった。

 ベルトを失ったフェロモンズのディーノは「今林、もう火がついたぞ! やっていいことと悪いことがあるだろう。5・1横浜は今までのように49歳のオッサンとして見ねぇからな。一選手としてぶっ潰す!」と怒り心頭。

 この日はやられながらもフェロモンズに一矢を報いた今林GMは「(4・1)横浜では放送事故はどうでもいい、父親として戦うって言いましたけど。会社員の性として気になってしまう。でも5月1日は一選手なんで、放送事故とか関係ない。フェロモンズをぶっ潰す。覚悟しとけ」と宣戦布告。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る