スパーリングをやった大谷が合格を出し、ZERO1待望の新人がプロテストに合格!5.5後楽園でデビュー決定

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

プロレスリングZERO1で待望の新人がデビューする。2011年3月6日の橋本大地から4年……数々の練習生がデビューに向けての練習で脱落する中、1年間の練習生期間を経て、ついにリングデビューする事となったのは板倉利樹(20才)。

4月22日に行われた、大谷晋二郎との最終プロテスト練習。毎日行ってきたスクワット、プッシュアップ、腹筋、背筋、サーキットトレーニングをこなした後、大谷との地獄のスパーリングが行われた。
途中、拷問キャメルクラッチやスリーパーホールドなどでタップし、音を上げそうになるも最後まで諦めず、喰らいつき、約2時間に渡るプロテストが終了。審査選手と大谷社長との協議の末、合格となった。

大谷晋二郎「板倉にデビューの許可を出しました。毎日、先輩レスラー達にボロボロにされ続けた板倉がデビューまでたどり着きました。不器用で鈍臭くても絶対に諦めず何度でも立ち上がるプロレスラーになってもらいたいと思います。」

板倉は被災地となる福島県いわき市の出身。
幼少よりプロレスが好きな少年であったが、2013年9月に“黒のカリスマ”蝶野正洋が行った東日本大震災 復興チャリティー・プロレス『Fight&Love 2nd』(久之浜第一小学校校庭大会)を観て、「人の為にこんなに一生懸命に闘えるプロレスラーになりたい!」と、一念発起。高校卒業と共にZERO1の門を叩いた。

板倉利樹「5月5日に正式にプロレスラーとして、デビューさせて頂く事となりました、板倉利樹です。毎日、稽古をつけてくれた先輩レスラーの皆様の名に恥じないように、一生懸命努力致します。応援、宜しくお願い申し上げます。」

板倉利樹
平成7年4月15日生まれ
身長175cm・体重90kg
福島県いわき市出身

そして、何と注目の対戦相手は“X”として、当日発表となった。板倉がリングイン後、入場曲によりその選手が発表となる。

魂こがして
日時:2015年5月5日(火・祝)
開場:11:15 開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール

<決定カード>
▼板倉利樹デビュー戦 シングルマッチ 30分1本勝負
板倉利樹
vs.
X

▼ZERO1 vs FREEDOMS 6人タッグマッチ 30分1本勝負
将火怒/崔領二/TARU
vs.
葛西純/佐々木貴/マンモス佐々木

▼インターナショナル&NWA世界Jr 2冠選手権試合 60分1本勝負
[王 者]田中稔(W-1)
vs.
[挑戦者]日高郁人

関連記事

サイト内検索

日別

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る