元準烈の岡谷英樹がイラプション入りを志願!22年1・3後楽園で樋口和貞と査定マッチ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月28日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を行い、元準烈の岡谷英樹が同団体の武闘派ユニット・イラプション入りを希望していることを明らかにし、22年1月3日の後楽園ホールで樋口和貞と査定マッチに臨むことが決まった。

 会見に出席した樋口は「昨日の代々木大会の試合後、岡谷からイラプションに入りたいという打診がありました。それを自分が聞いて、赤井(沙希)さん、坂口(征夫)さんに伝えました。あの2人からは“ああそう”みたいな感じで、腑に落ちないみたいでした。だから、まずはイラプションに入るというより、樋口預かりという形にさせていただきたいと思います。それを踏まえて、1月3日、後楽園で岡谷とシングルマッチを組んでもらうことになりました。一騎打ちでオマエのイラプションに入りたいという覚悟を見せてほしいと思います。それを肌で感じたいと思います」と事情説明。

 岡谷は「準烈を抜けて、同時に僕の下の選手が動き出して、ユニットに入ったりして。僕もDDTで上を目指したいので、自分で行動しなきゃと思いまして。試合を見ていて、イラプションが一番自分の力を発揮できるユニットだなと思って、入りたいと思いました。1月3日、樋口さんとシングルで対戦させていただくということで、僕の全力をぶつけて、勝ってイラプションの皆さんに認めさせてやろうと思います」と決意表明。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る