1・4後楽園でのプリプリ王座前哨戦は王者の山下実優組が勝利!「余裕がないからこそガンガン攻めていきたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが12月4日、東京・新宿FACEで「TOKYO JOSHI 2021 秋~花鳥月露~」を開催。メインイベントでは、22年イッテンヨン(1月4日)、後楽園ホールでプリンセス・オブ・プリンセス王座を懸けて激突する山下実優(王者)と瑞希(挑戦者)が、タイトル戦決定後、初の前哨戦を闘い、王者組が勝利を挙げた。

 この日、山下は宮本もかと組み、瑞希、遠藤有栖組と対戦。山下と瑞希はともに先発して、互いを意識。5分過ぎ、山下がスクリューキックからアティテュード・アジャストメントを狙うも、スリーパーで切り返した瑞希はヘッドシザース・ホイップを決め、クロス・フェースロックに移行して絞め上げた。10分過ぎ、瑞希が走り込んでのドロップキックを見舞い、ダイビング・フットスタンプを繰り出すも、これを回避した山下はリターンクラッシュを繰り出すなど両者の激しい攻防が続いた。その後、山下が遠藤にアティテュード・アジャストメントを決めるも、瑞希がダイビング・フットスタンプでカット。山下は瑞希をジャーマンで投げ捨てると、遠藤にSkull Kickをたたき込んで3カウントを奪取。山下と瑞希の前哨戦第1ラウンドは山下組が制した。

 山下は「もかのアシストも心強かった。私は今年、瑞希に負けてるので。チャンピオンなのに余裕がない。余裕がないからこそ、イッテンヨン前からガンガン攻めていきたいと思います。今月あと何回当たるかわかんないけど、当たったときはガンガンいくので覚えておいてください」とマイク。

 バックステージで山下は「私は今年何度もやられてるので。瑞希に対しては悔しい気持ちが溜まりに溜まってますので。今日はもかにアシストしてもらって、私が攻めていったので、この勢いでいきたい」と気を引き締めていた。

 かたや瑞希は「改めて、みぃちゃん(山下)の強さを感じてます。やっぱり強い相手を倒すのが私は好きなんだなって。ちょっと頭がおかしいかもしれへんけど、ワクワクしてきたなって感じ。(今後の前哨戦は)闘いたいと言えばウソになるし、闘いたくないと言ってもウソになる。みぃちゃんを尊敬してるけど、倒さないと東京女子はもっと晴天にならないので。青空にするために頑張ります。晴れてるんですけど、みぃちゃんっていう雷様がずっとおるから、退けないといけない」と必勝を期した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る