「D王」前年覇者・秋山準が開幕2連敗で早くも崖っぷち!勝った火野裕士は高らかに優勝宣言

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスのシングル最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ」が11月6日、神奈川・横浜ラジアントホールで開幕第2戦を迎えた。前年覇者でAブロックの秋山準は火野裕士(フリー)に敗れ、初戦の上野勇希戦に続き2連敗となり、早くも崖っぷちに立たされた。

 ロックアップ、腕の取り合いで静かに始まった一戦は、火野が強烈なチョップ連打で攻め込むと、秋山は右腕に集中砲火を浴びせた。10分過ぎ、火野のチョップと秋山のエルボーの応酬となり、両者一歩も引かず。その後、秋山がヒザ蹴り連打からエクスプロイダーで勝負に行くと、火野はラリアット連発で反撃。これをカウント2で返された火野はFuckin'BOMBでマットにたたきつけて完全無欠の3カウントを奪った。

 マイクを持った火野は「秋山さんというのはすごいレジェンド。そんな秋山さんに胸を貸していただきました。そして勝つことができた。優勝はワシがもらう」と高らかに優勝宣言。

 2連敗のショックからか、秋山はノーコメントだったが、2連覇に向けて非常に厳しい状況に追い込まれたのは確かだ。

 一方、1勝1敗(勝ち点2)となった火野は「一発目は哲ちゃん(遠藤哲哉)に負けたけど、ここで秋山さんから取った。この1勝はでかい。一番この人に勝たないといけないという人に勝って、勢いつくよね。このまま1敗もせずに優勝します」と力を込めた。

 また、Aブロック公式戦の吉村直巳VSボディガーはスーパーヘビー級同士の肉弾戦となったが、吉村の払い腰をカウント2で返したボディガーが、スピアからライジングハイ(ハイキック)を決めてピンフォール勝ちし、初戦を白星で発進した。

 ボディガーは「今日は若い吉村が相手。あまり長引く試合だと不利になると思った。最後はいい感じで手応えあるハイキックが決まって、なんとか勝つことができて初戦突破。この勢いで、次(11・10新宿FACE)は火野。真っ向勝負で思いっきりバチバチにやり合うんで」と話した。

 初戦を黒星スタートとなった吉村は「年は倍くらい違うけど強かった。今日は全くダメ。1戦落として、明日(11・7新潟)で遠藤さん。足を折ると言ってたけど、俺、足を傷めたことはないから、たぶんそれは無理なんで。ボディガーさんとはこれから対戦機会があるのか、タッグ組む機会があるのか分からないけど、これで終わりにするのはもったいない。(11・3大田区で)タッグ組んだのも、今日対戦したのもうれしかったし、ここで終わるのもイヤですね」とコメント。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る