金属片混入疑ワクチンと同ライン接種で金属アレルギー持ちの女子格闘家が顔の腫れと呼吸困難へ!「大切な身体で人生で初めてあんな副作用が出た」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 28日、格闘家のぱんちゃん璃奈(27)がワクチン接種後の副反応に関して声を上げた。

 ぱんちゃんは22日に二度目の新型コロナウイルスワクチンの接種を行ったが、「普段は出ない何かのアレルギーがワクチン後、高熱により反応起こしてアナフィラキシーになり、麻痺、苦しさ、顔面の腫れ、湿疹が出て夜中救急車呼んでアレルギー抑える点滴打ってもらった」と、副反応により緊急搬送されたことを報告していた。

 28日19時半過ぎにSNSにてぱんちゃんは「大事な試合前なので騒動にならない様に異物金属混入の同ロットワクチンを接種した事を黙っているつもりでした。原因はまだ分かりませんが、今日被害者が出た記事を見て怖くなり声を出します。検査をさせてほしいです。不安でいっぱいでたまりません」と気持ちを吐露。
 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物混入が確認された問題で、厚生労働省は異物は金属片の可能性があることを明らかにしており、どうやらぱんちゃんは同ロットを接種していた模様だ。

 ぱんちゃんは金属アレルギーを持っており、同症状に関してコロナ副反応対応相談所に電話をしたが「ワクチンの通常の副反応の可能性もあり、追加での検査は自費になる」と担当者より伝えられたとのこと。
 アナフィラキシーであれば普段の通院記録があるかかりつけ医に連絡し診察を受け、アレルギー反応の血液検査を受ける必要があるが、ぱんちゃんは「どこで何の検査をしたらいいのか素人なので分かりません。何かあってからでは遅すぎます。本当に。大切な身体で、人生で初めてあんな副作用が出てしまってるので、せめて検査だけしてほしいんです。異物疑惑のワクチンを接種した可能性のある人達だけ」と訴えかけた。

 ぱんちゃんは9月19日に開催するRIZINさいたまスーパーアリーナ大会『Yogibo presents RIZIN.30』に出場が決定しており、メンタル・体調ともにコンディションに影響が出ることは間違いない。
 副反応の顔の腫れは一日でおさまっており「今は何の異常もなく普通に元気に練習も再開できてます。減量も試合も大丈夫です」との事だが、今後の米モデルナ製ワクチンの対応に注目が集まる。

※29日午前追記
 ぱんちゃんがSNSの投稿を削除のうえ更新し、「自身の発言に影響力があると分かった上で訴えてます」という文言とともにワクチンが同ロットではなく同ラインであったと訂正した。
 金属片の混入が疑われているロット番号は3004667であり、被害者が出た記事としてぱんちゃんが指摘したロット番号は3004734。ぱんちゃんが接種したロット番号は3004956であり、同製造ラインではあり回収はされているものの、金属片や被害者記事とは関係のないロットであったとのことだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る